デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニーピーシーエル(ソニーPCL)は24日、3Dコンテンツの製作体制を拡充し、東京・品川区にある映像センターに、2室目となる3D対応編集室「206 iQ 3D/4K 対応編集室」を新設したと発表した。










 3D撮影機材は、新たに新設計のビームスプリッタ方式Rigを3式導入。入射光をハーフミラーで分けて撮影するタイプ。これに、従来から保有していた光学アダプタ搭載のサイドバイサイド方式(並立二眼式)カメラシステム×1式、P+S Technik製のビームスプリッター方式Rig×1式、ソニーPCL独自開発のビームスプリッタ方式Rig×5式の7システムを加え、全部で全10式の撮影システム体制となる。





 前述の新規設計Rigを含め、オリジナルRig 8式では、3D撮影時に重要な目幅・コンバージェンス調整を電動化。中継車など離れたところからリモート調整が可能となり、被写体に合わせたセッティングを効率良く行なえるという。









 さらに、21倍レンズも追加し、3D映像の表現力がアップ。幅広い撮影環境下で3D映像が捉えられるという。ほかにも、ステディカムなどに搭載可能な小型カメラを使用した小型3D Rig(S-Rig)も2式用意。ライヴコンサート、スポーツ、演劇・ミュージカル、ミュージックビデオ、水中撮影など、様々なカテゴリの撮影に対応できるという。






 編集機能も強化。従来の「208 iQ Pablo 3D/4K 対応編集室」に加えて、Quantel製のiQ 4Kを導入した、「206 iQ 3D/4K 対応編集室」を新設した。










これにより、3D/4K対応の2チェーン体制を構築している。なお、「208 iQ Pablo 3D/4K 対応編集室」には120インチのスクリーン、「206 iQ 3D/4K 対応編集室」には、ソニーの3Dテレビ「BRAVIA LX900シリーズ」を2台常設している。








 ソニーPCLではこうした設備を用いて、「3Dコンテンツの企画・制作から撮影、編集/カラーグレーディング、立体音響制作、DCP制作、BD オーサリングまで、3Dコンテンツの一貫制作体制と豊富な経験と高い技術力で、3D 映像制作を積極的にサポートしていきます。さらには、コンテンツ制作のみならず、世界最大となる867型超高精細3D LEDディスプレイのレンタル・運用に代表されるように、3Dに関する幅広いテクニカルサポートも手掛けていく」としている。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。