デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 オヤイデ電気は、アナログレコードプレーヤー用のスタビライザー「STB-MS」と「STB-HW」を6月30日に発売する。価格は「STB-MS」が18,900円、「STB-HW」が21,000円。







 また、ケーブル用のスタビライザーや、AV機器のインシュレータなどに使えるカーボンパイプ「STB-CM」を6月30日に発売する。価格は4個セットの「STB-CM-4」が5,460円で、6個セットの「STB-CM-6」が7,560円。





■ レコード用スタビライザー「STB-MS/HW」





 両製品とも、アルミニウム、真鍮、テキサリウムの組み合わせで振動を最適化し、音溝のトレース向上を図るレコードスタビライザー。6月20日発売のアルミ製ターンテーブルシート「MJ-12」との組み合わせで音質向上が見込めるという。






 着脱可能な10個のパーツで構成し、ウエイトの装着個数で重さを調整可能。また、前述のカーボンパイプ「STB-CM」をSTB-MSの交換用ウエイトとして使用できる。本体の上下を反転させることでEP用としても使える。さらに、LINNの「LP-12」などフロートサスペンションを採用するプレーヤーにも適合する(STB-MSでウエイト未装着またはSTB-CM6個換装時)としている。





 構成パーツは、A5052アルミ合金をマシニング切削し、アルマイト仕上げを施したトップ/ボトムディスクと、レコード盤コンタクト面に貼付するテキサリウムFRP、高純度真鍮クロムメッキのウエイト6個/連結軸1個、テキサリウムシートのウエイトスペーサー1枚。






 STB-MSのウエイトは1個40g、STB-HWのものは1個90g。ウエイト無しでの重量はSTB-MSが200g、STB-HWが240g。ウエイトフル装着時は、STB-MSが440g、STB-HWが790gとなる。外形寸法はSTB-MSが70×35mm(直径×高さ)、STB-HWが70×55mm(同)。







■ マルチユースカーボンパイプ「STB-CM」



 カーボンCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を3mm厚のパイプ状に成型したもので、オーディオケーブルやプラグなどを中に通してケーブルスタビライザーとして利用したり、オーディオ機器やスピーカーの下に置いてインシュレータとして使うことが可能。カーボンの高剛性を活かし、不要振動の処理などが図れるという。






 また、レコード用スタビライザー「STB-MS」の交換用ウエイトとしても利用可能。そのほか、基板支持体やコンデンサーなどのパーツホルダー、ボリュームノブといった、自作パーツの構造部材としての利用も想定している。






 カーボンファイバーを多層積層し、エポキシ樹脂で熱硬化。外径は20mm、内径は14mm、高さは17mm。耐荷重は1個あたり500kg。耐熱性は120度。重量は1個4g。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。