デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 東芝は21日、初の液晶一体型デスクトップPCなど、dynabookシリーズの夏モデル4機種7製品を発表。6月25日より順次発売する。









 発表されたモデルの中で、地上デジタルチューナを備えているのは液晶一体型の「dynabook Qosmio DX」のみ。そのほかの機種では、2画面タッチパネルを採用した「libretto W100」や、Android OS搭載の「dynabook AZ」、13.3型液晶/光学ドライブ搭載で重量約1.25kgの「dynabook RX3」もラインナップする。







 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「dynabook Qosmio DX」が20万円前後、「libretto W100」が12万円台半ば、「dynabook AZ」が4万円台半ば、「dynabook RX3」の最上位「RX3/T9M」が24万円前後。






■ dynabook Qosmio DX(DX/98M)



 dynabook初のディスプレイ一体型デスクトップPCで、21.5型/1,920×1,080ドット液晶と、地デジチューナ、Blu-ray Disc/DVDドライブを搭載。





 CELL技術を応用した映像専用エンジン「SpursEngine」を搭載し、コンシューマPCで世界最速というBlu-ray Discダビング(映像コーデック/ビットレートの変換を行なった場合)を実現。また、地デジの8倍長時間録画(約2Mbps)も行なえる。超解像技術も搭載し、SD解像度からHD解像度へのアップコンバートが可能。さらに、新機能として、保存した静止画から特定の人物を認識してスライドショーを作成できる「おまかせフォトムービー」を採用した。





 HDMI入力やD4入力を備え、BDレコーダやゲーム機などとも接続可能。スピーカーはオンキヨー製。ドルビーアドバンストオーディオ、MaxxAudioも搭載する。同軸デジタル音声出力も備える。





 CPUはIntel Core i5-450M(2.40GHz)、メモリは4GB、HDDは1TB。OSはWindows 7 Home Premiumで、32bit版/64bit版から選択可能。






 ノートPCで培った省電力制御技術により、グリーンの省エネ性マークも獲得している。外形寸法は約531×190×405mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8.5kg。リモコンやワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスなどが付属する。






■ 2画面ミニノートの「libretto」、Android搭載“クラウドブック”など



 libretto W100(W100/11M)は、7型/1,024×600ドットのタッチパネル液晶を上下に2画面搭載。Windows搭載ノートPCで世界初という2画面タッチパネルの採用と、独自の表示制御技術により、1画面をソフトウェアキーボードとして使えるほか、縦画面にして電子書籍を閲覧することも可能。2つの画面を1つの大きな画面にワンタッチで切り替えることもできる。






 電子書籍ビューワソフト「Flip Viewer」を標準で搭載。IEプラグインの「Flip Viewer Xpress」を利用することで縦画面表示も行なえ、指先で本のページをめくる操作が可能になる。加速度センサーを備え、縦/横画面の自動切り替えが可能。





 CPUは超低電圧版のIntel Pentium U5400(1.20GHz)、メモリは2GB、62GBのSSDを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium。






 8層2段構造の基板高密度化を行なっているほか、0.85mm厚の薄型基板や小型部品の採用、メモリの両面実装などにより、約699gの軽さ(標準バッテリ装着時)を実現した。筐体はクラムシェル型で、机やひざの上で使うときに見やすい角度に調節できるとしている。microSD/SDHCカードスロットを搭載。Bluetooth 2.1 + EDRも搭載する。モノラルスピーカーとマイクも搭載。






 標準バッテリパック「41Z」使用時の駆動時間は約2時間。41Zとともに同梱する大容量バッテリ使用時は約4時間となる。「41Z」装着時の外形寸法は約202×123×25.4mm(幅×奥行き×高さ)。






 OSにAndroid 2.1を搭載する“クラウドブック”のdynabook AZ(AZ/05M)は、10.1型/1,024×600ドット液晶とハードウェアキーボードを搭載し、「スマートフォンのような機動性とPCの操作性を両立した」というモデル。重量は約870g。






 CPUは、高いグラフィック処理性能を持つ「NVIDIA Tegra 250」(1.0GHz)を採用。HDMI出力端子も備える。また、ステレオスピーカーや、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用端子も装備。バッテリの駆動時間は動画再生時で約7時間(スタンバイ時約180時間)。外形寸法は約262×189.8×12.0~21.0mm(幅×奥行き×高さ)。







 13.3型液晶搭載のモバイルノート「dynabook RX3」は、128GB SSD搭載で重さ約1.25kgの最上位モデル「RX3/T9M」など4製品を用意。いずれも筐体にはマグネシウム合金を採用する。「RX3/T9M」はCPUがIntel Core i5 520M(2.40GHz)、メモリ4GBで、バッテリ駆動時間は最長16時間(大容量バッテリ「91AA」使用時)を実現している。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。