デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 マイクロソフトは、ゲーム機「Xbox 360」の新型ハードウェア「Xbox 360 250GB」を6月24日に日本で発売する。米国で開催されるゲーム系イベントE3(Electronic Entertainment Expo)の開催に先駆けて発表された。










価格は29,800円で従来の「Xbox 360 エリート」と同じだが、内蔵HDDが120GBから250GBに倍増している。






Xbox 360 250GB。光沢仕上げのブラックカラーになった




 「未来に向けデザインされた」という新型筐体を採用するXbox 360で、光沢仕上げのブラックカラーを採用。サイズもよりコンパクト、かつ軽量になっている。また、省電力化も図られており、静粛性も向上。「これまで以上に快適な環境でハイクオリティなゲームやさまざまなエンターテイメントコンテンツが楽しめる」としている。




 機能面では従来モデルの基本機能を踏襲しつつ、新たに無線LANの802.11nに対応。内蔵HDDも250GBに増加した。





 出力端子はHDMI、USB、光デジタル音声出力などを装備。また、新しいコントローラー「Kinect」(キネクト)を接続するための専用接続端子も装備している。





 そのほかにも、本体のカラーリングにマッチする新しいカラーのワイヤレス コントローラーやヘッドセットを同梱する。なお、日本での発売日である6月24日は、注目のゲームソフト「モンスターハンター フロンティア オンライン」と同日になる。






 新コントローラーのKinectは米国では11月4日発売予定だが、日本でのリリース時期は未定。KINECTは、Xbox 360に繋いでユーザー側に向けることで、ユーザーの体の動きや音声を認識。体の動きでゲームをコントロールできる周辺機器となる。




 例えば、画面の中のボールを、体を使って蹴る動作をする事で蹴ったり、ダンスやフィットネスを、実際に体を使って体験することが可能。コントローラーを手にする必要が無い。




 ゲームだけでなく、映像コンテンツの再生にも使用可能。「Xbox、プレイ」 と声に出す事で、1080pのHD映像をストリーミング再生したり、手を左右に動かす事でミュージック ラインナップを閲覧するといった使い方も可能になるという。






なお、映像コンテンツを楽しむXbox LIVEのサービス「Zuneビデオ」は、既報の通り、日本では今秋からサービス開始予定。また、米国で実施されるものの、日本におけるテレビ番組や音楽の配信は未定となっている。Kinectの利用にはXbox LIVEゴールド メンバーシップへの参加が必要。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。