デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 オヤイデ電気は、アナログレコードプレーヤー用のアルミ製ターンテーブルシート「MJ-12」を6月20日に発売する。価格は21,000円。









 外径294mm、最圧部5mm、重量670gのターンテーブルシート。別売スタビライザーと組み合わせることで、レコード盤面の反りを押さえ込み、不要振動を抑えて安定した動作を実現する。





 組み合わせるスタビライザーは300g以上のものを推奨。なお、同社ではMJ-12との組み合わせを想定したスタビライザーとして、「STB-MS」(18,900円)と「STB-HW」を6月下旬に発売予定。両製品の主な違いは本体の高さ。





 MJ-12は、加工硬化処理済みのA5052アルミニウムをNCマシニングで切削。特殊アルマイト加工により、振動モードをチューニング。レコード盤との接触面で発生する微振動を抑えつつ、耐久性と美観を維持するという。




 中心部から外周部へ仰角1.0度のすり鉢状の傾斜角を設けており、レコード盤をレコードスタビライザーで押さえることで盤面の反りを矯正。レコード針の動作が安定することで、音溝のトレースが向上するとしている。





 さらに、チューニングホールをスパイラル状に配し、不要振動を徹底的に排除。チューニングホールは10インチ盤やEP盤の取り外しをスムーズに行なう指掛け溝としても機能するという。(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。