デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ナナオは、「EIZO FORIS」シリーズの新モデルとして、地上デジタルチューナを搭載した、23型のフルHD液晶ディスプレイ「FX2301TV」を6月24日に発売する。倍速駆動に対応しており、価格はオープンプライスで、直販価格は99,800円。エコポイント(7,000ポイント)対象となる。







 ディスプレイ下部のスピーカーカバー「サウンドジャケット」にカラーバリエーションがあり、基本カラーとしてフィーバーレッドとワンダーブラックの2色を用意。さらに、直販サイト、ショールームのEIZOガレリア銀座では、サウンドジャケット部のみを2,980円で販売。








アクティブブルー、ディアブラウン、ディライトイエローの3色を用意し、ユーザーが好みに合わせて付け替えられる。また、8月1日までに直販サイトまたは、EIZOガレリア銀座でFX2301TVを購入すると、サウンドジャケットの中から好みの1色をプレゼントするキャンペーンも実施される。





 23型、解像度1,920×1,080ドットのTNパネルを採用した液晶ディスプレイ。バックライトはCCFL。倍速駆動に対応している。輝度は300cd/m2で、コントラスト比は1,000:1、コントラスト拡張時は2,000:1。応答速度は3ms。視野角は上下左右160度。





 地上デジタルチューナを1基搭載するほか、HDMI入力やヘッドフォン向けのバーチャル5.1ch技術も投入。PC用ディスプレイ、及びパーソナルテレビとして活用しつつ、特にゲーム機やAV機器との親和性を高めたプライベート空間向けモデルとして訴求する。






■ ヘッドフォンをゲームや映画で活用





 最大の特徴はヘッドフォン向けのバーチャル5.1chサラウンド機能を備えた事。ドルビーデジタルのデコーダを内蔵しており、ゲーム機やDVD/BDプレーヤーからHDMI経由で入力されたドルビーデジタル5.1ch信号を内部でデコード。それを、ナナオがゲームメーカーらと協力して、カスタマイズしたというヘッドフォン向けのバーチャル処理する事で、ヘッドフォンで臨場感のあるゲームや映画などが楽しめるという。ステレオミニのヘッドフォン出力は本体前面左側に備えている。




 さらに、ドルビープロロジックIIにも対応。HDMI端子から入力されるリニアPCM 2ch信号や、アナログステレオ(RCA)から入力されたステレオ音声を、ドルビープロロジックIIで5.1chに拡張。それを前述のバーチャル処理を通して、ヘッドフォンで楽しむ事もできる。なお、光/同軸デジタル入力は備えておらず、HDMI入力もリニアPCMのマルチチャンネル入力(5.1chなど)には対応していない。




 サラウンドモードは、音がどこで鳴っているのかがわかりやすく、主人公視点のシューティングゲーム(FPS)などに適した「ゲーム1」、適度に残響を加えて臨場感をアップさせ、アドベンチャーやロールプレイングゲームに向いた「ゲーム2」、一番長い残響効果があり、低音を強調して迫力を出した「ムービー」の3モードから選択できる。




■ 動画性能



 独自の画像処理で、フレーム間に中間フレームを生成し、秒間120フレームの表示を行ない、動画ブレを低減する倍速表示モードを搭載。様々な表示モードを備えており、前述ように補間フレームを生成する「標準」、「強調」に加え、補間フレームを生成せず、同じフレームを繰り返して24Hz表示を行なう、フィルム映画などに向けた「5-5/4-4」モード、補間せずに直前と同じフレームを繰り返して表示し、表示遅延を抑える「遅延低減」モードを備えている。





 「遅延低減」モードは、IP変換などの処理をスキップすることで、遅延を0.5フレームに最小化する「スルーモード」機能を使って実現しており、同モードを有効にすると倍速モードが自動的に「遅延低減」となる。リズムゲームや対戦格闘ゲームなど、反応の速さが求められるゲームに最適だという。






 さらに、前述モードの「標準」、もしくは「強調」の場合には、映画などのフィルム映像をより滑らかに表示するため、フィルム映像やCG、アニメなどの映像信号の種類を自動判別して最適な補間を行なう「2-3/2-2」、フィルムに対して最適な補間を行なう「2-3」、通常の補間フレーム生成で表示する「オフ」の3モードが追加で選択できる。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。