デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 パナソニックは、フルハイビジョン3D映像に対応したプラズマテレビ「VIERA VT2シリーズ」に46型と42型を追加、7月30日より発売する。











46型の「TH-P46VT2」と42型の「TH-P42VT2」を用意し、価格はともにオープンプライス。店頭予想価格は46型が35万円前後、42型が30万円前後の見込み。






 3D対応のVIERA VT2シリーズは、4月23日発売の54型「TH-P54VT2」と50型「TH-P50VT2」を第1弾として発売。その後、5月に大画面モデルとして、65型の「TH-P65VT2」と58型の「TH-P58VT2」を追加で発売していた。今回の2モデル追加により、42型から65型までの6モデルで「3D VIERA」を展開する。





■ 3D対応とともに2Dも高画質化。2D-3D変換をVT2シリーズで初搭載





ダークブラウンのメタリックキャビネットを採用
 ボディには、ダークブラウンのメタリックキャビネットを採用し、プレミアム感を演出。据え置きスタンドも光沢仕上げとし、高級感を演出している。





 パネル解像度は46/42型ともに1,920×1,080ドットのフルHDで、フレームシーケンシャル方式によるフルHD 3D表示に対応する。3D映像の表示には、左眼、右眼用の映像を、1/120秒で交互に表示。その映像を3Dで見るために、左/右の各映像表示に同期して、メガネの左右の目のシャッターを同期して開閉するアクティブシャッターグラスを利用する。





 ブルーレイDIGA「DMR-BWT3000/2000/1000」などのBlu-ray 3D対応レコーダ/プレーヤーや、Blu-ray 3Dソフト、同梱の3Dメガネを組み合わせて、家庭内でのフルHD 3D再生が可能となる。






フレームシーケンシャル方式の3D表示に対応する




 主な仕様は、50~65型までのVIERA VTシリーズとほぼ共通だが、42/46型のみの大きな機能強化点として、テレビ放送などの2Dの入力映像を3D映像に自動変換する「3D変換」機能を搭載している。

 3D変換では、画面全体の情報を一画素単位でピックアップし、映像シーンに適した奥行き感を設定した後、明るさや色などの映像情報をもとに、奥行きを生成。これにより、通常の2D映像を擬似的に3Dとして表示する。





 VIERAに用意したGUIの「らくらくアイコン」から「3D変換」を選択するだけで、適用可能となり、2Dのテレビ放送や録画番組、BD/DVDソフトなどを3Dで楽しめる。さらに、SDカードに記録したAVCHD/AVCHD Lite動画や、JPEG写真なども3Dで楽しめる。立体感の強さは3段階から選択できる。なお、50型以上のVT2シリーズにおける3D変換対応の予定はないという。





「らくらくアイコン」から「3D変換」を選択し、2D-3D変換が可能に TY-EW3D10W





 その他の主な仕様は、既発売のVT2シリーズと共通で、インパルス発光方式のプラズマの特性を生かし、高画質の3D表示を実現するために3D対応「フル・ブラックパネル」を搭載。動画解像度1,080本という応答性能に加え、新パネルに導入した新しい蛍光体などにより、高画質化を図り、3D画質において問題になる2重像(クロストーク)も抑制している。




 アクティブシャッターメガネは「TY-EW3D10W」を1つ同梱。ディスプレイの発光に合わせて3Dグラスのシャッターを開閉し、不要光をカット。クロストークを抑制する。ディスプレイとメガネの間の間の信号伝送は赤外線を利用し、バッテリはコイン型のリチウム電池「CR2032」。TY-EW3D10Wは単品でも販売し、実売価格は1万円前後。





 「フル・ブラックパネル」では2D表示の高画質化も図っており、短残光の「高密度蛍光体」の採用と、新発光制御の導入による予備放電の排除などにより、プラズマ発光のステップの全てで効率を改善。ネイティブコントラスト500万:1を実現している。




 また、プラズマパネル前面板と一体となった「低反射ディープブラックフィルター」を採用。外光の映り込みを抑えるとともに、前面ガラスでの内部反射を抑えることで、明所コントラストも向上。明るい空間でも黒の質感表現を高めている。





フル・ブラックパネルを採用 低反射ブラックフィルターで外光や内部反射光などをカット 2D品質も向上している




 3DはBlu-ray 3Dだけでなく、放送で利用されているサイドバイサイド方式やトップアンドボトム方式などにも対応。サイドバイサイドで入力した映像もフレームシーケンシャル用の3Dメガネで視聴できるようVIERAで変換し、再生/表示する。VIERAのらくらくアイコンの「3D方式切替」の項目から、3D方式を選択可能となっている。






 映画オリジナルの豊かな色をリマスターする「ハリウッドカラーリマスター」も搭載。DIGAの「ハリウッドクリアカラー」と組み合わせて利用することで、一層色の豊かな映像を楽しめるとする。インテリジェントエンハンサーやHDオプティマイザーなどの高画質化機能も備えている。





 自動画質調整機能も備えており、明るさに応じて変化する人間の色温度特性に加え、コントラスト間も加味した映像補正を自動で行なう。また、暗部補正システムにより、明るい環境でも暗い環境でも同じ見た目になるような映像処理を取り入れている。SDコンテンツやゲームなど低解像度コンテンツの高解像処理を独自のアルゴリズムで高画質化する機能も搭載している。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。