デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

■ ビデオテープ間もなく終了

 業務用カムコーダの世界というのは、案外動きが遅いものである。XDCAMやP2などファイルベースのカムコーダはもうちょっと上のほうで、個人や数人で細々とやっているプロダクションなんかは、未だテープベースのカムコーダで十分であったりする。






 それは未だ、ファイルベースでの納品フォーマットが決まってないから、ということも大きい。最終的にテープ納品なのであれば、そこでファイルベースのワークフローが途絶えてしまう。このあたりも今後は、映像業界全体の課題として考えていく必要があるだろう。


XF305CANON XF305 【ビデオカメラ】



 さてそんなわけで、業務レベルでは結構ハンドヘルドのHDVカムコーダが十分に稼働しているという現実があるわけだが、とうとう業務用ハンドヘルドにもファイルベースの波がやってきた。AVCHDで撮影するパナソニックのAVCCAMが廉価で登場し、ソニーもNXCAM/AX2000を投入してきた。JVCも昨年からGY-HM100を投入してきている。





 そして今年のNABで発表されたようにキヤノンがXF305を投入したことで、業務用ハンドヘルドでは全メーカーがファイルベースに移行したことになる。キヤノンとしても業務用機をリリースするのは、2008年のXH G1S/A1S以来、約2年ぶりとなる。





 それだけにいろいろ見所も多いXF305、すでに業界では発売前から注目が集まっているようである。さっそくチェックしてみよう。




--------------------------------------------------------------------------------

■ 巨大レンズが目を引くボディ




 まず全体のデザインだが、ボディはプロ用機らしい艶消しブラックで、後部が少しヒップアップしているあたりが、XLシリーズを彷彿とさせる。ただXL H1Sのようなレンズ交換型ではなく、レンズ一体型ハンドヘルドなので、ショルダーパッドは付いていない。過去キヤノン業務用機の特徴となっていたモード別ダイヤルリングがなくなり、デザイン的なアイコンとして丸い液晶表示部が残るのみとなった。





 まずレンズだが、レンズ一体型カムコーダとしてはキヤノン初となる、「Lレンズ」を搭載した。Lレンズを名乗るにはいくつかの厳しい基準があり、しかもとたんに高価になるわけだが、それをクリアしたレンズというわけである。業務用で初ということは、コンシューマでも当然これまでレンズ一体型としては存在しなかったわけである。




 フォーカスリングはモーター制御だが、フルマニュアルに設定すると目盛りが現われ、テレ端とワイド端で止まるようになる。プロユーザーでは、リングの回転角とフォーカスの動きが滑るので、モーター制御はいやだという人も多いが、適度なトルクを持ち、滑らないモーター制御のリングはなかなか使い勝手がいい。フォーカス、ズーム、アイリスリングにもそれぞれカム用の歯が刻んであるので、フォローフォーカスなどのシステム化も可能だ。




 絞りは6枚羽根で、NDフィルタは1/4、1/16、1/64の3段階。なお絞りには金属を使い、NDフィルタはガラス製である。なぜかと言えば、撮像素子がCMOSになりスミアレスになったことで、アングル的に太陽入れ込みで撮影する機会が増えている。そこで絞りやNDがプラスチックだと、集光したときに溶けてしまうことがあるそうで、このあたりは業務用機ならではのコストのかけ方だと言える。





 撮像素子は新開発のフルHD1/3インチCMOS。昨今は大きな撮像素子によるボケの表現が受けているが、おそらくこのレンズスペックのままで1/2インチにしたら、とてつもないサイズになったはずである。そういう意味では、キヤノンクオリティとしては現実的なサイズにするためのやむを得ない選択であったのかもしれない。





 これまでキヤノンのカムコーダの特徴であった、モードダイヤルが廃止され、絞り優先やシャッタースピード優先がダイヤル一発で選べなくなった。フルマニュアル前提になったわけだが、絞り、シャッタースピードは個別にオートとマニュアルが選択できる。よりプロフェッショナルユースに振ったということだろう。ただスライドスイッチ1発でフルオートにはなるので、高画質ディレクターカメラにもすばやくスイッチできる。




■ 総論


 巨大な光学部、約3kgという重量、希望小売価格84万円(SDI出力などを省いた下位モデル「XF300」は73万5,000円)と、普通の人が買うカメラでは全然ないのだが、キヤノンの業務用機初のファイルベース記録ということで取り上げた



絵を見ればおわかりのように、さすがレンズメーカーが作ったカメラだけあって、レンズの質が高く、撮像素子、エンコーダとのマッチングも非常に良く、素直な絵が出ている。




 個人的には、波形モニタ表示があることが秀逸である。カスタム・ピクチャーの設定中にも波形モニタ表示ができるので、パラメータをいじって絵がどうなるのかを、波形でしっかり確認できる。




元々は波形モニタもなしでいじることが難しいパラメータが多かっただけに、これまでは現場で変更する場合は、波形モニタを持って行くか、絵を見ながらカンで設定していたことだろう。




 表示は本物の波形モニタほどには厳密ではないだろうが、ガイドとしては十分役に立つ。ビデオエンジニアリングを学びたい人にも、役に立つだろう。




 また本体にボタンが少ないように見えるが、実は再生ボタンなど撮影中には使わないボタンも含め、13個のボタンに機能をアサインできる。静止画撮影のボタン、さらには逆光補正やスポットライト補正などもがボタンがないが、そういう機能を好きなところにアサインできる。




 作りが素直なだけに、パッと撮影するとレンズの良さぐらいしかポイントがないように見えるが、実はカスタマイズで生きるカメラと言えそうだ。 (Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。