デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

バッファローとペガシスの2社がコラボレーションし、ペガシスのMPEG編集ソフト「TMPGEnc MPEG Editor 3」において、バッファローのPC用地上デジタルチューナで録画したファイルが読み込めるようになった。



これにより、PCで録画したデジタル放送番組の1フレーム単位での高精度な編集や、スマートレンダリングを使った高速な出力などが可能になる。


TMPGEnc MPEG Editor 3




 既発売の「TMPGEnc MPEG Editor 3」で同機能を実現するアップデータが24日に無償公開された。なお、今後も同ソフトの価格(パッケージ版7,680円)に変更は無い。また、対応を記念し、ソフトとバッファローのUSB 2.0接続タイプの地デジチューナ「DT-H33/U3-TM」をセットにしたモデルを3,000台限定で6月中旬より発売。価格は14,280円で、個別に購入するよりも2,000円程度低価格になるという。



 さらにバッファローは、地上/BS/110度CSデジタルの3波に対応した、新しいUSB 2.0接続のPC用デジタルチューナ「DT-H70/U2」も発表。6月上旬に16,485円で発売する。




「TMPGEnc MPEG Editor 3」での編集に対応するほか、1チューナタイプながら、地デジとBS、地デジとCSという組み合わせでの2番組同時試聴/録画ができるのが特徴。ワンセグのiPhone/iPod touchへの転送にも対応するモデルとなる。なお、「TMPGEnc MPEG Editor 3」とのセットモデルは用意されない。



--------------------------------------------------------------------------------

■ TMPGEnc MPEG Editor 3がバッファローの地デジ録画データに対応



 PCでのデジタル放送録画では、コンテンツ保護の観点から、録画データを各社の製品が個別に暗号化して保存している。そのため、録画データの編集には、暗号を解除できる製品付属ソフトの編集機能を用いて行なう必要があり、他社の市販編集ソフトで編集する事はできなかった。




 しかし、今回バッファローとペガシスが協力。バッファローの対象製品で録画したデータを、「TMPGEnc MPEG Editor 3」で読み込み・編集できるアップデータが公開された。対応するのはバッファローの「DT-H33/U2」、「DT-H33/PCI」、「DT-H55/U2W」と、新モデル「DT-H70/U2」で録画したデータのみ。また、「DT-H70/U2」以外のモデルでは、付属ソフト「PCastTV3」の最新版へのアップデートも必要となる。




 「PCastTV3」の編集機能よりも「TMPGEnc MPEG Editor 3」の編集が優れている点は、1フレーム単位での精密な編集ができる事。さらに、スマートレンダリング機能を備えており、書き出し時に編集点前後のみを再エンコードするため、ソース画質の劣化を最小限に抑えつつ、高速で出力できるのも特徴。




また、デジタル放送の編集ソフトでは、編集の際に暗号化されたデータを解除しながらプレビュー表示などを行なうため、レスポンスが遅くなりがちになる。





「TMPGEnc MPEG Editor 3」では、レスポンスの低下を抑えるために「1から全て見直し、新たに(プログラムを)組み直した結果、普通の動画ファイルを違和感を感じないレベルのレスポンスを実現している」(ペガシス グローバル営業部の齋藤要氏)という。この描画速度には、ペガシス独自技術「Intuitive Draw Technology」が使われている。




 また、音ズレを防止し、安定した動作を実現するため、DirectShowを使っていないのも特徴。チューナ付属の編集ソフトではできない、アンドゥ機能(やりなおし機能)も利用できる。AAC音声の解析機能も備えており、映画放送とCMなど、5.1chと2chの変化点を検出し、カット編集の利便性を向上させる機能や、各種メディアの容量に合ったサイズに圧縮するトランスコード機能なども備えている。




 使用の流れとしては、予約や録画、視聴などには、従来通りチューナ付属の「PCastTV3」を使う。編集時に「TMPGEnc MPEG Editor 3」を起動すると、ウィザード形式のメニューの中に「PCastTV3で録画したファイルから読み込む」ボタンがあり、これを押すと、自動的に録画済み番組の一覧が表示。





読み込み・編集後に、完成ファイルとしてムーブ作業用フォルダに書き出し。それを、「PCastTV3」のBD/DVDライティングソフトで読み込み、ディスクに書き出すという流れになる。ムーブ作業用フォルダのデータは保存されず、ライティング後に自動消去される。




 編集に対応するのはダビング10とコピーフリーの番組のみで、BSデジタルのWOWOW(コピーワンス)や110度CSデジタルの番組には対応していない。また、編集中にプロジェクトファイル形式で一旦保存する際にはダビング10の回数は減らず、光ディスク描き込みツールを用いて描き込みをする際に回数が減る。




なお、録画データの中のデータ放送の部分と、字幕はカットされる。BDへの書き出しはBDAV形式で、メニューなどを作る機能は備えていない。(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。