デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

日本ビクターは、口径5.8mmの「マイクロHDユニット」を採用したカナル型(耳栓型)イヤフォン「HA-FXC71」と「HA-FXC51」の2機種を6月上旬に発売する。



価格はどちらもオープンプライス。店頭予想価格はFXC71が6,000円前後、FXC51が4,000円前後の見込み。





 カラーリングはFXC71がブラック(B)、ホワイト(W)の2色。FXC51がブラック(B)、レッド(R)、ホワイト(W)の3色を用意する。




 2008年に発売した「HP-FXC70」、「HP-FXC50」の特徴を受け継ぎつつ、「より迫力のある高音質サウンドの再生」というユーザーの要望に応えたというモデル。




 最大の特徴は、口径5.8mmの小型のダイナミック型「マイクロHDユニット」を採用し、音筒部の先端にユニットを配置した事。通常のカナル型は、ユニットが耳穴付近にとどまり、そこから伸びたノズルにイヤーピースを取り付けて挿入するが、「マイクロHDユニット」の場合は小型であるため、ユニットそのものをノズルの先端に取り付け、耳穴により深く入れる事ができる。同社ではこれを「トップマウント構造」を呼んでいる。



 これにより、迫力のある高解像度のサウンドと、遮音性の高さによる外部音の低減、音漏れの低減も実現するという。



 FXC71/51では、このマイクロHDユニットの振動板に、新たにカーボン振動板を採用。よりダイナミックな低域再生を追求している。




 ハウジング部はFXC71がステンレス素材のメタルハウジングを採用。不要な振動を抑えている。FXC51はアルミニウムのハウジングを採用する。




 なお、上位モデルのFXC71では、ユニットの背後にブラスリングを配置。高比重のボディと比重の大きいブラスリングという、デュアルシリンダー構造を採用。前述のメタルハウジングも合わせ、振動ロスをさらに低減している。


 加えて、ボディ内部に制振ジェルも内蔵。不要な振動を低減し、ケーブルから伝わるタッチノイズも抑えるという。



 2機種とも、ケーブルの長さを調整可能な「コードキーパー」や、クリップを付属。キャリングポーチも同梱する。



 出力音圧レベルは102dB/1mW。インピーダンスは16Ω。最大許容入力は150mW。再生周波数帯域はFXC71が8Hz~25kHz、FXC51が10Hz~24kHz。ケーブルは1.2mのY型。入力プラグは金メッキ仕上げのステレオミニ。重量はFXC71が6.2g、FXC51が4.4g。イヤーピースはシリコン製で、S/M/Lの3サイズを同梱する。
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。