デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

アイファイジャパンは、デジタルカメラやビデオカメラなどで撮影した動画/静止画のアップロードが可能な無線LAN搭載SDカード「Eye-Fi」の最新版となる「Eye-Fi X2カード」3モデルを5月20日より順次発売する。




 新たにAVCHDやソニー製カメラの動画のアップロードに対応。さらにデータリード/ライト速度もClass6に高速化したほか、IEEE 802.11に対応し無線伝送速度の高速化を図っている。



容量4GBのEye-Fi Connect X2のほか、8GBでジオタグ機能に対応したExplore X2、RAWやアドホック接続に対応したPro X2の3モデルを用意する。





 SD/SDHC対応デジタルビデオカメラやデジタルカメラで撮影した静止画/動画を、カメラに収めたままの状態で無線LAN経由で、パソコンや、flickr、Picasa、Youtubeなどのオンライン静止画/動画サービスにアップロードできるカード。




 パソコンの対応OSはWindows XP/Vista/7とMac OS X 10.4以降。専用ソフトウェアの「Eye-Fi Center」によりアップロード先サービスの指定などが可能となる。




 従来モデルから、カードや無線伝送速度を高速化したほか、新たに「エンドレスモード」を搭載。このモードをオンにすることで、指定した保存容量を超えた場合に、動画ファイルを古いものから順次自動削除する。古いファイルであってもアップロードされていない場合は、削除しないという。




 また、AVCHDやソニー製カメラの動画アップロードに対応した点も大きな特徴。今まで非対応だったカメラとの互換性向上も図っている。




 Explore X2とPro X2では、ジオタグに対応。無線LANの情報を元に、写真を撮影した場所を特定し、写真のExif情報やオンラインサービス上のタグとして位置情報を付与する。




 また、Explore/Pro X2ではオープンネットワーク接続に対応。従来はWebブラウザでの認証が必要な公衆無線LANから、アップロードができなかったが、Eplorer/Pro X2では、公衆無線LANアカウントをあらかじめカードに登録しておくことで、Webブラウザ上での認証が必要なネットワークにも接続し、アップロードが可能となる。




 さらに、最上位モデルのPro Xでは、無線LANルータがない場所でも直接ノートパソコンなど無線LAN接続して画像を転送できるアドホック機能を搭載。さらに、RAW画像の伝送にも対応するほか、3Dカメラなどに利用される.mpoファイル転送にも対応する。
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。