デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニーは、8型/1,600×768ドット液晶を搭載した“ポケットスタイルPC”「VAIO Pシリーズ」を5月22日より発売する。




店頭販売モデルとして「VPCP119KJ」が用意され、価格はオープンプライス。店頭予想価格は10万円前後。OSはWindows 7 Home Premium。カラーはオレンジ(D)、ピンク(P)、ホワイト(W)の3色が用意される。




 また、CPUやSSDの容量、カラー、WiMAXとワイヤレスWANなどが選択可能な「VAIO オーナーメードモデル」も用意される。





 モバイルノートPC「VAIO P」の新モデルで、天板や底面、バッテリ、キーボードなどをひとつのカラーで包み込むような新デザインを採用。さらに、液晶の両脇にタッチパッドとクリックボタンを追加し、両手で持ちながらスクロールやタップ、ダブルタップなどの操作が可能な新しい利用方法「モバイルグリップ・スタイル」を提案している。




 加速度センサーを内蔵。本体を左右に傾けるだけで、Webのページ送りや戻しなどの操作が可能。さらに縦に半回転させることで、縦位置表示モードでも利用できる。また、1,600×768ドット(120dpi)の高解像度液晶を採用。解像度切り替えボタンも備えており、拡大して読みたい場合には1,280×600ドット(96dpi)にワンボタンで表示を切り替えられる。



 AV機能における最大の特徴は、PlayStation 3(PS3)の「リモートプレイ」に対応したこと。リモートプレイは、PS3の画面をネットワーク経由でそのまま他のデバイスに表示する機能で、これまで「PSP」が対応していた。




 今回パソコンとしてはじめてVAIO Pがリモートプレイに対応。アプリケーション「リモートプレイ with PlayStation 3」を立ち上げ、PS3に機器登録することで、VAIO PからPS3のXMB操作やコンテンツ再生が可能となる。同機能の利用にはPS3を最新のシステムソフトウェアVer.3.30にアップデートする必要がある。




 VAIO Pからは、PS3の動画ファイルや音楽ファイル、写真、スライドショーなどの各コンテンツが再生できるが、Blu-ray DiscやDVDビデオ、torneで録画した番組などの著作権保護コンテンツの再生はできない。また、ゲームもできない。ただし、ゲームでも「トロ・ステーション」のみはVAIOからプレイ可能となっている。




 また、VAIO PをPS3用のBluetoothキーボードとして利用する「リモートキーボード With PlayStaiton 3」も搭載している。




 照度センサーやデジタルコンパスを搭載。ノイズキャンセル機能を備えたヘッドフォン出力端子や、31万画素のWebカメラ機能も装備する。




 CPUはIntel Atom Z530(1.60GHz)、メモリ2GB、SSD 64GBを搭載。WiMAXやBluetooth機能も備えている。IEEE 802.11n対応無線LANとやアナログRGB出力、メモリースティック/SDカードスロットも装備する。




 バッテリ駆動時間は約5.5時間。外形寸法は約245×120×19.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約619g。
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。