デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 幅広いイヤフォン/ヘッドフォンのラインナップを持つオーディオテクニカだが、その中でも個性的なシリーズとして、5,000円~1万円台前半の価格帯で展開している「SOLID BASS」という製品群が存在する。その名の通り、低音再生能力の高さを売りにした製品だ。

 これまでのラインナップは、カナル型(耳栓型)イヤフォンの「ATH-CKS70」(8,925円)と「ATH-CKS50」(5,040円)、ヘッドフォンの「ATH-WS70」(12,600円)、「ATH-WS50」(8,820円)の4モデルが存在している。




 この「SOLID BASS」シリーズに、4月23日に注目の新製品が追加された。カナル型イヤフォンの上位モデル「ATH-CKS90」(12,600円)だ。





 SOLID BASSシリーズの新モデルとしても気になるところだが、1万円前後の価格帯はカナル型イヤフォンの“激戦区”であり、そこに参戦するモデルとも表現できる。その音質はいかなるものか、下位モデルや他社の同価格帯モデルとの比較も含めて紹介したい。



 なお、カラーはブラックだが、初回限定でレッド×ブラックの限定カラーエディション「ATH-CKS90LTD」も用意する。価格は通常カラーと同じ。さらに、「CKS90」をベースにしたアクティブノイズキャンセリングイヤフォン「ATH-CKS90NC」(オープンプライス/実売13,000円前後)も用意されているので、併せて試聴した。



--------------------------------------------------------------------------------

■ 重低音を生むデュアルチャンバーメカニズム



 まずは「ATH-CKS90」の外観から。最大の特徴は形状で、UFOのような円形の薄いハウジングと、短い円柱形の2つのハウジングが組み合わされている。そして、円形ハウジングからイヤーピースが角度を付けて突き出ている。



 薄い円形ハウジングの中にはダイナミック型のユニットが内包されている。その背後に接続された円柱形ハウジングは空気室となっており、これが豊富な低音を生み出す機構になっている。




 空気室は下位モデルの「CKS70」から備わっている特徴だが、「CKS90」ではその数が1つから2つに増えている。空気室の下部がわずかに出っ張り、全体のサイズが大きくなっており、右の断面図を見るとわかるように、CKS90では空気室の内部が2つに分かれている。バスレフポートを介して2つの空気室が連結された構造になっており、低音再生能力をより向上させている。同社ではこれを「デュアルチャンバーメカニズム」と呼んでいる。



 また、ユニットも大口径化。下位モデルのCKS70/50は12.5mm径だったが、13mm径とすることで、パワフルながら繊細な表現も可能になったという。さらに、CKS70と並べるとよくわかるが、空気室が大型化した事などにより、ユニットハウジングと空気室の接続位置が変更されている。




 2モデルの装着感を比べてみると、ハウジング形状がシンプルなEX500SLの方が、「耳に何かを入れている感」は少なく、快適。CKS90はユニットハウジングが耳穴周囲に触れるため、接触感は大きい。その代わり、ホールド性能が高く、イヤーピース耳穴に挿入すると、その状態からほとんど動かない。頭を動かしても抜けそうな気配は無く、深い挿入が維持される。



この傾向は下位モデルも同様で、耳穴とイヤーピースの隙間を開けないことで高い低音再生能力を生む「SOLID BASS」シリーズの特徴と言っても良いだろう。挿入感は確かにあるが、ガッチリホールドされるので嫌な感じは受けず、不思議な安心感がある。



■ ワイドレンジサウンドと重低音


 試聴には基本的にiPhone 3GSや第5世代iPod nanoを使用。iPhone 3GSとオンキヨーのデジタルトランスポート「ND-S1」、DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「DR.DAC 2」を組み合せての試聴もしている。



 まずは下位モデルのCKS70とCKS90を比較。「藤田恵美/camomile Best Audio」から「Best OF My Love」を再生しつつ、付け替えてみると違いは歴然。CKS90の方がレンジが一回り広く、高域、低音共に制約が外れたように見通しが良くなる。



 両モデルとも、イヤフォンとは思えないほど量感のある低音が押し寄せるサウンドなのだが、CKS70はその低音に中高域が押され、マスキングされてしまい、女性ヴォーカルではモコモコした抜けの悪さを感じる。CKS90は低音の迫力がありつつも、その音が中高域を覆い隠さず、中高域は中高域で気持ちよく突き抜ける。同時に、高音が広がる余韻もよくわかるようになり、歌っている場所が狭い個室から、広いホールに変わったような変化が味わえる。



 低音自体のクオリティも大幅にアップしている。「Best OF My Love」の1分過ぎから入るアコースティックベースの「ブゥーン」という低音が極めて重く、耳に響くというより、胸を圧迫する。なかなかイヤフォンでは味わえない低域だ。また、これだけ強い低域が入ってきても、パーカッションの細かい音やヴォーカルのサ行の細かな描写が埋もれない。低音に重心を置きつつも、他の音も漏らさない絶妙なバランスは流石シリーズ最上位モデルと言えるだろう。



 耳が痛いほどボリュームを上げると、流石に低音が全てを覆っていくが、逆の意味でボリュームをそこまで上げなくても十分な低域が楽しめるモデルと言える。真面目にワイドレンジのサウンド再生を追求した後で、あくまで音作りのスパイスとして低域を力強くした、という印象を受けた。





 低音の迫力を特徴としながらも、ワイドレンジや高域の抜けの良さなど、ヘッドフォン/イヤフォンの基本はしっかりカバーするというのがSOLID BASSシリーズの特徴と言えるだろう。ピュアな再生音を追求するマニア層にとっては、名称だけを見ると「低音が派手なシリーズ」という印象を受け、悪くいうと“イロモノ”的に受け取られるかもしれないが、一度試聴して欲しい本格派なサウンドに仕上がっている。


 個人的な好みを持ち出すと「もう少し低音の量を下げてくれるとニュートラルな音に……」などと考える瞬間もあるが、それではSOLID BASSシリーズの意味がないだろう。このヘッドフォン/イヤフォンでなければ味わえない音があるというのは大きな魅力であり、ロックなどを力強く再生したいという人には最適なモデルと言える。


また、ニュートラルなイヤフォン/ヘッドフォンを既に持っているという人が、再生する音楽や気分に合わせて、こうした個性あるモデルを追加する事で、楽しみが広がる事もあるだろう。
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。