デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 NTTドコモは、ディスプレイを分離可能な富士通製の携帯電話「PRIME series F-04B」用の外付けプロジェクタユニット「F01」を4月30日より発売する。


価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台後半。販売はドコモショップで行なう。カラーはブラック。




 F-04Bは、スライド型の携帯電話として利用できるほか、ディスプレイ部を切り離すことでタッチパネル端末として利用可能な、世界初のセパレート型端末。テンキーのほかにQWERTYキーボードも備え、分離することでワイヤレスでキーボードを利用できる。製品発表時に、オプションでプロジェクタユニットを発売することを予告していた。




 F01はポータブルタイプのDLPプロジェクタ。F-04Bに装着することにより、ワンセグや静止画、動画、ゲームなど、ディスプレイに表示できる全てのコンテンツを最大66型で壁などに投写可能。F01の上にF-04Bのディスプレイ部を載せる形で装着できるほか、Bluetooth(プロファイル:SPP)を使ったワイヤレス接続も行なえる。


ただし、Bluetooth接続時に投写できるのはJPEG静止画とWord/Excel/PowerPointファイルのみ。



 そのほか、同梱のケーブルを使用することで、デジタルカメラやパソコンの動画/静止画なども投写可能。パソコンとのアナログRGB接続時は、640×480ドットまたは848×480ドットの入力に対応する。




 パネル解像度は854×480ドットで、光源はRGB LED。明るさは約2~9ルーメン。投写サイズは約5~66型(投写距離約23~320cm)。フォーカス調整は、置いたままでも操作しやすいというダイヤルレバーを使用する。また、オフセット機能も備える。



 連続投写時間は標準輝度(約4~6ルーメン)で約120分、最低輝度(約2ルーメン)で約160分。充電時間は約150分。外形寸法は約51×114×16.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約88g。
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。