デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 部屋の中にあるAV機器と言えば、一昔前はラジカセやミニコンポが一般的で、時代の流と共にPCが登場。iPodに代表されるポータブルオーディオの隆盛により、iPodやウォークマン用のドック接続スピーカーも1つのジャンルとして賑わいを見せている。



 その裏で、ミニコンポやラジカセが埃をかぶっているという状況も珍しくない。ラジオのIPサイマル配信「radiko」の人気も、“身の回りからラジオが無くなった”という状況と無関係ではないだろう。



 一方で、デジタルカメラの普及により、デジタルフォトフレームという、今まで無かった製品がインテリアの1つとして部屋の中に入ってきたという人も多いだろう。ほかにも、携帯電話が目覚まし時計代わりになったり、ワンセグ携帯電話をテレビ代わりに使うなど、改めて身の回りを見回してみると、部屋の中のデジタル機器の形も随分と変わったものである。



 そんな中、“新しく部屋の中に登場してきた機器”と“部屋の中から無くなりつつある機器”を1つの筐体にギュッと詰め込んだような製品がケンウッドから登場した。モデル名は「AS-iP70」。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後の見込みだ。







--------------------------------------------------------------------------------

■ 様々な機能を1台に凝縮


 デザインを見ていこう。一見すると小型テレビのようなデザインだが、搭載する機能は実に豊富。具体的には以下の機能を内包している。

iPod/iPhone用スピーカー
iPod/iPhone用ディスプレイ
USBメモリ/SDカード内の音楽ファイルプレーヤー
デジタルフォトフレーム
AM/FMラジオ
目覚まし時計


 筐体はプラスチック製で黒を基調としたデザイン。ディスプレイが大きいので、形としてはデジタルフォトフレームに似ているが、質感はガラスなどを使って光沢のあるデジタルフォトフレームと異なり、若干チープだ。液晶も非光沢タイプである。



 ディスプレイサイズは7型。TFT液晶で、解像度は800×480ドット。ギミック的な注目点は、筐体の側面にスライド式ドックを備えており、これを引き出してiPodやiPhone 3G/3GSを搭載。搭載iPodの充電ができるほか、デジタルフォトフレームのように、ディスプレイにiPod内の動画や静止画を表示できる。さらに、筐体両側にはスピーカーも配置。iPodスピーカーとしても使える。ただし、PCとの接続(同期)機能は無い。





 ドックと反対側の側面には、USBコネクタとSDカードスロットを用意。USBメモリやSDカード(32GB SDHCまでサポート)に収録したJPEG静止画、MP3/WMA/WAVファイルを再生できる。音楽ファイルを再生しながら、静止画を選んでスライドショー再生する事も可能だ。このあたりはデジタルフォトフレームと同じ機能と言えるだろう。



 背面にはFM用のアンテナを備え、AMアンテナ用接続端子も装備。AM/FMラジオとしても使用できる。ただし、ラジオの録音機能は備えていない。





 7型のディスプレイには時計を表示する事も可能。好きな静止画を壁紙にしたまま時計表示も可能だ。天面には目覚まし時計によくあるスヌーズボタンを装備。ボリュームやシステムメニューボタンなども天面に備えている。



 前面下部にはメイン操作パネルを配置。カーソルキーに加え、iPod/iPhoneボタン、ラジオボタン、USB/SDカード用ボタン、時計ボタンなど、扱うソースや機能別に専用ボタンが設けられている。





■ 画質と音質


 使用していて気になるのは液晶の表示品質だ。真正面から見ると輝度も十分で、「少しコントラストが低いかな」と感じる程度なのだが、視野角が狭めなのだ。上から見下ろしたり、下から見上げたりすると容易に色が反転してしまう。



 最新のデジタルフォトフレームは、液晶の表示品質が非常に高いため、これらと比べると“一昔前の液晶の画質”という印象はぬぐえない。



 一方、7型という画面サイズは、iPod nanoなどのディスプレイと比較すると非常に大きいが、このサイズに動画を引き伸ばして表示しても、意外と破綻なく鑑賞できる。購入したミュージックビデオなどの鑑賞のほか、このサイズならばちょっとした映画なども楽しめそうだ。



 音質傾向は、低音が少なめのクリア系。中高域にプラスチック筐体が鳴く付帯音が少し混ざるが、昔のラジカセやミニコンポのような、低域を無理矢理ブーストしたような不自然なバランスではないのは好感が持てる。



 そのため、音量を上げても低音がボンつかず、音が自然に部屋に広がる。筐体側面のスピーカー配置が効いているのか、広がり方もナチュラルだ。大型のiPodスピーカーと真正面から音質勝負をするような製品ではないが、BGM的に部屋の中でサウンドを楽しむには十分な音質である。




 機能面でうれしいのはAM/FMラジオが楽しめる事。コンパクトな製品ながら、背面にFM用アンテナを備え、AMラジオ用アンテナ端子もしっかり装備する点は、“流石ケンウッド”というこだわりを感じさせる。チューニングはオートプリセットが便利。周波数表示も文字が大きく、視認性が高い。




 ラジオと言えば、ネットラジオも楽しみたいところ。AS-iP70に乗せたまま、iPhone用のネットラジオ聴取アプリ「kikeru」と「SHOUTcast」を起動させてみた。AS-iP70のiPodメニュー内から「Music」を選んだところ、アプリで受信したネットラジオが、ちゃんとAS-iP70のスピーカーから再生された。iPhone 3G/3GSやiPod touchと組み合わせれば、AS-iP70をネットラジオ端末に変身させる事も可能というわけだ。




 こうなると欲が出て、AM/FMラジオをUSBメモリやSDカード、iPodのメモリにMP3録音する機能などが欲しくなるところだが……残念ながらそうした機能は備えていない。




 そのほかには、時計としての機能も充実している。時刻表示は3パターンから選べるほか、タイマー機能も装備。アラームサウンドも、ブザー以外にiPodやラジオ、音楽ファイルの再生も選択できる。スヌーズ機能やスリープタイマーも利用可能だ。画面が大きいので、時計としてのシンプルな機能も使い勝手が良い。



--------------------------------------------------------------------------------

■ まとめ


 iPod/iPhoneと連携した際の操作性や、液晶の表示品質など、不満な点も無くは無いが、iPodスピーカー/ディスプレイ、SD/USBメモリプレーヤー、ラジオ、デジタルフォトフレーム、そして時計と、多くの機能を1台に集約するというコンセプトの魅力と便利さが魅力的だ。


各製品を一つにまとめて“スッキリしたい”という要望にはピッタリとハマる製品だろう。大型ディスプレイを備えつつ、実売25,000円程度と、単体のiPodスピーカーやデジタルフォトフレームにも負けない価格帯になっているのも魅力の1つだ。



 製品ジャンルとしても、新しい可能性も感じさせてくれる。

ラジオ録音や、ネットワーク経由での静止画表示機能、PC連携機能など、さらなる多機能化を遂げても便利そうだ。また、価格を抑えつつも、より品質の高い液晶を装備したり、スピーカー部分の音質を高め、インテリアとしての質感もアップさせた上位モデルの登場にも期待したい。
ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。