デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 パイオニア株式会社は、5万円~10万円のAVアンプエントリーモデルのラインナップを刷新。7.1chアンプの「VSA-1020」108,000円、「VSA-920」84,000円と、5.1chの「VSX-820」49,800円の合計3機種を6月中旬に発売する。

 7.1chの2機種は、iPhoneやiPod touchにインストールした専用アプリから、LAN経由で様々な操作ができるのが特徴。ほかにも、PQLS(2ch対応)など、様々な機能が盛り込まれている。





■ iControlAV



7.1chアンプの「VSA-1020」と「VSA-920」は、iPhoneやiPod touchの無線LANを介してアンプをコントロールできる「iControlAV」機能をサポートしているのが特徴。アンプにはEthernet端子が搭載されており、ルータなどと接続。同一LAN内にあるiPhone/iPod touchから専用アプリを介して制御する。アプリはApp Storeで無料でダウンロードできる。




 アプリとAVアンプは1対1での接続となる。アプリの機能は大きく分けて「CONTROL」、「PRECISION」、「EMPHASIS」、「BALANCE」がある。「CONTROL」を選ぶと、アンプのボリュームツマミを再現したビジュアルが表示され、それを指でクルクルと回転させることで、ボリューム増減が可能。ミュートもできるほか、入力切替も目的のものをタップする事で可能。サラウンドモード選択、ゾーン選択、現在の音声/映像ステータスの確認も行なえる。





 また、パイオニアの対応BDプレーヤーの操作にも対応。こちらの機能は、同日発表のプレーヤー新モデルの記事で詳しく紹介しているが、再生/停止などの基本操作に加え、カーソル操作、ポップアップ/トップメニュー表示なども自在にiPhone/iPod touchから操作できる。




 「PRECISION」では、PQLSやフェイズコントロールのON/OFFができるほか、これらの機能の説明ムービーが鑑賞できる。「BALANCE」を選ぶと、画面上にボールが登場。iPhone/iPod touchの加速度センサーを使い、ゲームのように本体を傾けてボールを転がすと、リスニングポイントが前後左右にリニアに変化する機能となっている。





 「EMPHASIS」は低域強調やセンターチャンネルのセリフ音量を直感的に調整できる機能。iPhone/iPod touchを前後に倒すように傾けると、ウーファやセンタースピーカーが近づいたり離れたりして、グラフィカルに調整量を確認できる。


ウーファの場合、手前に倒して低域強調量を増やしていくと、iPhone/iPod touchの画面を突き破ってウーファが飛び出てくるようなアニメーションになるなど、遊心溢れるアプリとなっている。なお、従来のAVアンプで同機能を、ファームアップなどで対応する予定は無いという。





■ その他のiPhone/iPod連携機能

 3機種いずれも、パイオニアAVアンプの特徴である、iPod/iPhoneとのデジタル接続に対応。フロントのUSB端子でiPod/iPhoneと接続すると、内部の音楽ファイルをデジタルデータのまま取り出し、アンプ側で処理し、高音質な再生ができる。



 また、映像の入力&表示にも対応。USBの隣にコンポジット映像入力を備え、付属の「USB with Video」ケーブルを使い、映像も伝送できる。



 さらに「VSA-1020」と「VSA-920」は、「Cover List」機能も追加。複数のアルバムアートをAVアンプのGUI画面に表示できるようになり、より直感的にiPod/iPhone内の楽曲を検索できるようになった。


--------------------------------------------------------------------------------

■ HDMI 1.4a対応で3Dサポート



 3機種とも、HDMI 1.4aに対応。「フレームパッキング」、「サイドバイサイド」、「トップアンドボトム」の3方式をサポートする。なお、ARC(オーディオリターンチャンネル)とHEC(HDMIイーサネットチャンネル)には対応していない。



 また、「VSA-1020」と「VSA-920」は、対応プレーヤーとのHDMI接続時に、HDMI伝送のジッタを最小化する、独自の「PQLS(Precision Quartz Lock System)」に対応。


ただし、CD音声(2chのみ)のサポートで、BD映画のマルチチャンネル音声のPQLS伝送には対応していない。また、1020のみ、上位モデルの「SC-LX82」に搭載されている高精度PLL「ジッターリダクション回路」を装備。全てのデジタル入力に対して、ジッタと位相ノイズを低減できる。




 3機種とも、既発売のオプションBluetoothアダプタ「AS-BT100」を、アダプタポートに接続可能。iPhoneや対応携帯電話などから、Bluetoothで楽曲を無線伝送し、AVアンプで受信&再生する事もできる。

 なお、「VSA-1020」と「VSA-920」では、Bluetoothの再生音を向上させる「Sound Retriever AIR」も搭載。圧縮された際に失われた音のイントネーション感と、ボリューム感の補正と、伝送時に発生するノイズによるSN比の劣化を10dB以上改善するという技術を組み合わせている。

 「VSA-1020」と「VSA-920」は、インターネットラジオ受信も可能。手動でプリセットを作る事もできる(最大24局)。





 全機種が「ドルビープロロジックIIz」に対応。7.1chの「VSA-1020」と「VSA-920」では、フロントワイドスピーカーを使ったオリジナルサラウンドモードも使用可能になった。フロントの動き感をアップさせるという「ワイドサラウンドMovie」と、フロントの広がり感をアップさせる「ワイドサラウンドMusic」を用意。





さらに、フロントハイト、サラウンドバックスピーカーを使っていなくても、仮想的に前方上方のスピーカーや、後方スピーカーがあるような再生を行なう「バーチャルハイト」、「バーチャルサラウンドバック」機能も追加している。

 「VSA-1020」と「VSA-920」では、ビデオアップスケーリング/ダウンスケーリング機能も強化。従来モデルでは1080iや720pの入力映像を1080pに変換できなかったが、新モデルではアップスケーリングやIP変換機能を使い、柔軟な変換が可能になった。また、従来モデルのスケーリングはアナログのみ対応でHDMIはスルーしていたが、新モデルではHDMIの1080p映像なども、1080iや720p、480i/pなどにダウンスケーリング/IP変換できる。

 VSA-920/1020は、デジタル・アナログ信号経路の最短化や、各回路の電源の伝送経路や配線パターンなどの見直しをする事で、信号ロスやノイズの極小化を実現。冷却ファンも省き、静音・制振性も高めている。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。