デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 東芝は、シアターラックの「レグザシアターラック」シリーズ2製品を7月下旬に発売する。価格はどちらもオープンプライス。店頭予想価格は、推奨テレビサイズ37~47型の「RLS-250」が10万円前後、46~55型向けの「RLS-450」が12万円前後の見込み。

 3.1chのシアターラック。どちらのモデルもユニット構成やアンプの最大出力は同じで、左右とセンターに8cm径のフルレンジユニット、ウーファに16cm径のものを採用。アンプの最大出力は左右、センターが50W×3ch、ウーファ用が100W。デジタルアンプを採用している。







 HDMI入力は3系統、出力は1系統装備。HDMI出力のみバージョン1.4に対応し、ARC(オーディオリターンチャンネル)に対応。テレビからの音をシアターラックに入力する際に、光デジタル接続などが不要になり、HDMIのみで行なえるようにする機能であり、これによりテレビとシアターラックの接続がHDMIケーブル1本で済む。

 レグザリンクにも対応。対応テレビからの電源連動動作、接続機器の入力選択、音量/サウンドモードのコントロールなどが行なえる。また、音声をテレビのスピーカー、またはシアターラックのどちらから出力するか選択することも可能。

 サウンドモードはシネマ、ドラマ、スポーツ、ゲーム、ナイト、ジャズ、クラシック、ロック、ポップス、ライブ、スタンダード、オートを用意。

 HDMI入力に加え、光デジタル音声入力×2、アナログ音声入力×2も備えている。外形寸法は「RLS-250」が110×40×40cm(幅×奥行×高さ)。「RLS-450」が135×45×40cm(同)。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。