デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ヒビノインターサウンドは、英PMCの新スピーカー「factシリーズ」を発売する。ペアでの価格はトールボーイの「fact.8」が714,000円、ブックシェルフの「fact.3」が588,000円。「fact.3」用のスタンドがペアで126,000円。発売日は「fact.8」が4月13日、「fact.3」とスタンドが6月の予定。









 最新のユニットを採用しつつ、同社の特徴であるアドバンスド・トランスミッションライン(ATL)などを踏襲。スリムなキャビネットを採用したシリーズとなっている。両製品ともダブルウーファ搭載で、「fact.8」は2ウェイ3スピーカーのトールボーイ。「fact.3」は2ウェイ3スピーカーのブックシェルフ。

 搭載ユニットの種類やサイズ、構成は両モデルで共通。factシリーズ用に、最新のドライブユニットを開発。ウーファには新開発の超硬質、軽量なコーンを使用。ダブルウーファとすることで、鮮明な中域と深みのある低域を表現するという。ウーファのサイズは140mm径。

 ツイータは19mm径のSONOMEXソフトドームを採用。「スムーズで心地よい高域を生み出す」としている。

 クロスオーバーネットワークには厳選したパーツを使用。スリムなエンクロージャでも豊富な低音が出せる独自のアドバンスド・トランスミッションライン(ATL)方式を採用しており、小音量時においても、スムーズでバランスの取れた低域再生ができるという。ATLの長さはfact.8が3m、fact.3が1.7m。

 リアパネルにはHF、LFの出力レベル調整スイッチ(3段階)を装備。環境に合わせて高域と低域のバランスを個別に調整できる。キャビネットは英国内で組み立てており、仕上げはライトオーク、リッチウォールナット、グラファイトポプラ、タイガーエボニーの4色から選択可能。リッチウォールナット、グラファイトポプラ、タイガーエボニーは受注発注となる。

 スピーカーターミナルには、factシリーズ用に開発された「fact Ag」銀メッキ4mmターミナルとジャンパープレートを使用。バイワイヤリング、バイアンプ駆動にも対応する。fact.8の台座は鏡面加工で、スパイク部分は「スパイク」、「ボールチップ」、「ボールチップ・カバー付き」から選択出来る。スパイク受けは付属しない。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。