デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 東芝は、液晶テレビ「REGZA」シリーズの新モデルとして、USB HDDの追加で録画対応となるスタンダードモデル「RE1」と、USB HDD録画のほか500GB HDDを内蔵した録画対応モデル「HE1」を5月上旬より順次発売する。




 RE1は、19型から55型までの8モデルをラインナップ。全モデルエッジライトLEDを採用。RE1の37~55型はフルHD/エリア駆動に対応し、クリアパネルを採用している。




■ REGZA RE1シリーズ




 37型から55型までの4モデルでは、1,920×1,080ドットのフルHD IPSクリアパネルを採用。19型から32型までは、1,366×768ドットのIPSパネルを採用。こちらはノングレア(非光沢)パネルとなっている。32/26型は、ブラックとホワイトの2色、22/19型はブラック、ホワイト、レッドの3色を用意する。



 全モデルエッジライト式のLEDバックライトを採用しており、37~55型まではLEDのエリア駆動技術に対応。コントラストを高めており、ダイナミックコントラスト200万:1を謳う。Z1シリーズと同様に「スリムミニマルデザイン」を採用。CELL REGZA「55X1」のデザインイメージを引き継ぎながら、LEDエッジライトの特性をいかした薄型の筐体を採用する。


映像エンジンとして、新開発の次世代「レグザエンジン」を搭載。超解像技術も新世代の「レゾリューションプラス4」を搭載し、エッジ部の周囲の部分から映像信号が近似した個所を抽出し、その画像を重ね合わせることで新たな画像を生成。より正確に画像を補正可能にする「自己合同性超解像」に対応した。アニメ高画質化や、再構成型などの従来の超解像技術も引き続き採用している。なお、「自己合同性超解像」処理は1080i/p映像には適用されない。

 HDMIや外部アナログインターフェイスも新エンジンに集約。CPUの高クロック化により、電子番組表(EPG)や電源起動などの高速化も実現。16bit映像信号処理や、LEDバックライトコントロール関連の制御も盛り込んでいる。

 上位シリーズのZ1と同様に強化したゲームモードを搭載している点も特徴。超解像やスケーリングなどの高画質化処理を導入しながら、入力信号に対し、1.2フレーム以下(実測値19.3ms。1フレームは16.7ms)という低遅延を実現する「ダイレクトモード2」を搭載。

 ゲーム映像に対し、高画質化処理を行ないながら低遅延を実現するほか、新たにSD解像度の入力信号に対しても、高画質化+低遅延を両立可能となっている。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2系統と地上アナログチューナを搭載。別売のUSB HDDへの録画機能も備えている。番組表は「レグザ番組表・ファイン2」に強化。新たにジャンルの色分けを3色から5色に増やして視認性を高めたほか、従来の6時間表示に加え、番組情報を確認しやすい「4時間表示」も用意。さらに録画予約した場合、番組情報のすぐ左脇に赤いバーを表示するなど、使いやすさの向上を図っている。

 録画予約件数も従来の32件から64件に強化。ミニ番組表や、「連ドラ予約」や「今すぐニュース」などの機能も備えている。録画リストも改善。表示数を8から10に拡大し、一覧性を向上したほか、ユーザーが作成した任意のフォルダに番組整理できる「マイカテゴリ」機能も追加。ジャンルや家族別に番組整理が行なえる。

 ダビング機能も搭載。東芝VARDIAやアイ・オー・データ、バッファローなどのDTCP-IPサーバーへのネットワークダビングする「レグザリンクダビング」も可能となっている。DLNA機能も備えており、デジタル放送以外のビデオや、音楽など、ホームサーバー内のコンテンツをREGZAで再生可能となっている。

 HDMIはVer.1.4でオーディオリターンチャンネル(ARC)対応。55/47/42/37型は4系統、32/26/22/19型は2系統備える(HDMI 1.4/ARC対応は1系統のみ)。また、D5端子も装備。ネットワーク機能として、テレビ版Yahoo! JAPNやアクトビラビデオ・フルに対応する。





■ REGZA HE1シリーズ

 500GB HDDを搭載した録画テレビで、26/22/19型の3サイズを用意。液晶は、1,366×768ドットのIPSパネル(ノングレア)。エッジライト式のLEDバックライトを採用し、薄型のボディデザインを実現。26型はブラックとホワイト、22/19型はブラック、ホワイト、レッドの3色を用意する。




 次世代「レグザエンジン」を搭載。超解像技術も新世代の「レゾリューションプラス4」を搭載し、エッジ部の周囲の部分から映像信号が近似した個所を抽出し、その画像を重ね合わせることで新たな画像を生成。より正確に画像を補正可能にする「自己合同性超解像」に対応(1080i/p映像は適用外)した。アニメ高画質化や、再構成型などの従来の超解像技術も引き続き採用している。

 HDMIや外部アナログインターフェイスも新エンジンに集約。CPUの高クロック化により、電子番組表(EPG)や電源起動などの高速化も実現。16bit映像信号処理や、LEDバックライトコントロール関連の制御も盛り込んでいる。

 Z1やRE1と同様に、強化したゲームモードを搭載。超解像やスケーリングなどの高画質化処理を導入しながら、入力信号に対し、1.2フレーム以下(実測値19.3ms。1フレームは16.7ms)という低遅延を実現する「ゲームダイレクト2」を搭載する。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2系統と地上アナログチューナを搭載。別売のUSB HDDへの録画機能も備えている。番組表はRE1と同様の「レグザ番組表・ファイン2」に強化し、使いやすさの向上を図っている。

 録画予約件数も従来の32件から64件に強化。ミニ番組表や、「連ドラ予約」や「今すぐニュース」などの機能も備えている。録画リストも改善。表示数を8から10に拡大し、一覧性を向上したほか、ユーザーが作成した任意のフォルダに番組整理できる「マイカテゴリ」機能も追加。ジャンルや家族別に番組整理が行なえる。

 録画した番組のダビング機能も搭載。東芝VARDIAやアイ・オー・データ、バッファローなどのDTCP-IPサーバーへのネットワークダビングする「レグザリンクダビング」も可能となっている。DLNA機能も備えており、デジタル放送以外のビデオや、音楽など、ホームサーバー内のコンテンツをREGZAで再生可能となっている。

 HDMI×2(1系統はVer.1.4/ARC対応)やD5端子も装備。ネットワーク機能として、テレビ版Yahoo! JAPNやアクトビラビデオ・フルに対応する。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。