デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、超解像技術を搭載したフルHD液晶ディスプレイ2モデルを4月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、23型の「E2350VR」が25,000円前後、21.5型の「E2250VR」が23,000円前後。



 同社が“新・超解像技術”と呼ぶ独自の「Super+Resolution」を搭載。同社の映像エンジン「f-ENGINE」と超解像技術と組み合わせたもので、解像度の補正時にエッジ付近に起こる白浮きを軽減する「シュートコントロール」技術を採用したことが特徴。高い解像感のまま自然な仕上がりに調整するという。補正時に発生するモスキートノイズやランダムノイズの低減機能も備える。両モデルとも2月に行なわれた同社戦略発表会で披露され、5月発売予定としていた。画面サイズや消費電力以外の仕様は2モデル共通。








 解像度は1,920×1,080ドット。輝度は250cd/m2、コントラスト比は1,000:1で、コントラスト拡張技術のDFC利用時は500万:1。



視野角は上下160度/左右170度。応答速度は5ms。バックライトは白色LEDで、光源を本体右端に配置するエッジライト方式。最薄部を17.5mmまで薄型化したほか、CCFLに比べ消費電力を平均約40%削減。標準時の消費電力は23型が約28W、21.5型が約23W(待機時はいずれも0.5W以下)。



 白色LEDによる細かな調光制御により、夜のシーンや暗めの動画も鮮明に映し出すという。また、最適な動画鑑賞環境を実現するという「シネマモード」を用意。動画配信サイトなどの小さなサイズの画面でも、動画以外の画面を暗くして動画を引き立てることにより、より観やすくなるという。そのほか、周囲の明るさを感知して自動で輝度を調整する機能も備える。アスペクト比を固定したままでのズーム機能も搭載。2画面表示にも対応し、画面上でドラッグして画面サイズを調整できる。



 入力端子はHDMIとHDCP対応DVI、アナログRGB(D-Sub 15ピン)が各1系統。ヘッドフォン出力も備える。


 スタンドは脱着式で、スタンドを外すと低い位置に画面を設置可能。ノートパソコンと並べて使用する際に、視線の移動による疲労を軽減できるとしている



また、20度まで倒して設置できるため、デスクやリビングなどに置く場合でも好きな角度で使えるという。

 スタンドを含む外形寸法と重量は、23型が559.8×198×428.1mm(幅×奥行き×高さ)、3.3kg。21.5型が525.8×198×408.3mm(同)、2.9kg。



ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。