デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 LGエレクトロニクス・ジャパンは8日、4月下旬に発売する120Hz駆動/3D表示対応の23型液晶ディスプレイ「W2363D」の製品説明会を開催。NVIDIAの3D Visionを使った3D再生デモなどを行なった。








 「W2363D」は、23型/解像度1,920×1,080ドットのTNパネルを搭載。120Hz駆動対応のパネルとDual-Link対応DVI-Dを備え、NVIDIAの3D Visionをサポート。対応ビデオカードや3Dメガネ/トランスミッタ、Windows Vista/7搭載PCを利用することで、対応するゲームや動画/静止画をフレームシーケンシャル方式の3Dで表示可能となる。なお、3D映像への対応はDVI-Dのみで、HDMI接続時は3Dに対応しない。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。

 製品の特徴や、他社製品との差別化について、同社ブランドマネージャーの宇佐美夕佳氏が説明。3D映像への取組みとして、「デュアルゲートフィーディングによる安定した映像処理」、「172Hzのデータ処理」、「クロストークを1.9%まで低減したこと」の3点を挙げた。




 「デュアルゲートフィーディング」は、ドライバICを液晶セルの両端に設けて電圧を掛けることで、セルの開閉を安定的に素早く行なうというというもの。セルの配線に銅を採用することで、アルミの場合に比べ格子を細くでき、開口率を上げて高輝度を保っているという。

 映像を片側ずつ交互に見せるフレームシーケンシャルの3D映像では、輝度が落ちることがデメリットとなっているが、「W2363D」では輝度を400cd/m2まで向上(2D表示時。前モデル「W2363V」は300cd/m2)させており、他社の3D対応ディスプレイに比べた優位性をアピールした。また、「W2363V」と同様に、映像処理をスキップして映像/音声間の遅延を防ぐスルーモードを搭載するなど、2D映像についても強みを持つという。

 また、「172Hzのデータ処理」については、シャッターグラスの開閉に合わせた高速な書き換えにより、残像感を低減。他社製品に比べ十数%速いという。また、クロストークは、シャッターグラスが開閉する際に右目用と左目用の映像が重なるという現象だが、この割合を1.9%まで低減させたことで、目への負担を軽減している。






■ 世界初の3Dストリーミング中継でデモ。マウスは「3D-READY PC」を4月末に発売

 説明会が行なわれた4月8日はゴルフのマスターズ・トーナメントが開催中で、今回は世界初という3Dストリーミング中継がマスターズのサイト上で行なわれている。配信期間は4月7日~11日で、中継のほか、録画映像のストリーミング配信も実施している。3D視聴には3D Vision対応環境が必要だが、視聴は無料で行なえる。この3D中継には、ソニーやIBM、Comcastが協力。撮影には3Dカメラが使用されている。

 説明会場では、録画映像の配信を「W2363D」とパソコンでリアルタイム再生するデモを実施。競技だけでなく周囲の緑や池など起伏に富んだ自然も楽しめるゴルフの映像ということもあり、より臨場感が高まっていたことが印象的。観客と選手の距離なども2Dに比べリアルに伝わった。2D視聴に比べ3Dでは明るさが落ちるのは仕方無いことだが、ディスプレイの高輝度化によってカバーしていることもうかがえた。

 視野角については、複数人で横に並んで観ていても大きな違和感はない。なお、寝転がって観るなど頭が横向きになると映像が真っ暗になってしまうという問題が一部の3Dテレビでも指摘されているが、今回のソリューションでも同様の現象が起きていることが確認された。この点については今後の改良に期待したい。





 説明会には、マウスコンピューター マーケティング統括部の杉澤竜也氏も来場。テレビなどの3D製品が登場したことで拡大しつつある3D市場に、パソコンメーカーとして参入する姿勢を示した。なお、今回のデモにも同社のパソコンが使用されている。

 同社は、3D映像に対応できるスペックのPC本体とNVIDIAのビデオカードを組み合わせて「3D READY PC」として展開。4月末より順次発売する。対応マークの付いたPCを購入すれば、後で3D Visionのメガネ/トランスミッタやディスプレイを追加することで3D映像を楽しめるとして訴求する。

 杉澤氏は同社が3D製品を取り扱うにあたり、セットで15万円~という、3Dテレビに比べ安価なソリューションを提供できるという利点のほか、コンテンツ制作現場においても制作/立体視チェック/調整が同じ機材で行なえることにより工数/コスト削減に貢献できるとアピール。今後もPCマーケットにおける3D化を推進すると述べた。


ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。