デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 パナソニックは、液晶テレビ「VIERA」の新モデルとして、LEDバックライトを採用し、スタイリッシュなデザインが特徴の「VIERA D2シリーズ」を4月23日より順次発売する。19~42型までの6モデルを用意し、価格はいずれもオープンプライス。

 42型の「TH-L42D2」は、同社の国内液晶テレビとしては初の42型となり、IPSアルファテクノロジ製の「新IPSαパネル」を採用。37型の「TH-L37D2」と32型の「TH-L32D2」も同様に新IPSαパネルを採用しているが、フルHDパネルは42/37型の2モデルとなる。




 パナソニックは従来、37型までは液晶で、42型以上はプラズマでというパネル戦略をとっていたが、42型の「TH-L42D2」では、兵庫県姫路市のIPSアルファテクノロジの新工場において製造した42型のフルHDパネルを採用している。同社では「大画面がプラズマという戦略に変更は無く、3D発表後のプラズマテレビへの注目度も高まっており、この点は引き続き強化していく。一方で、世界各国で42型の需要が増えており、42型の選択肢を増やすことで、VIERA全体のプレゼンスを高めていきたい」としている。

 また、バックライトも小型モデルだけでなく、全モデルがエッジライト方式のLEDを採用。32~42型は上方からのエッジライト、19~26型下方からのエッジライトとなる。全モデル2010年度のエコポイント対象製品となる。



--------------------------------------------------------------------------------

■ 42/37型はフルHD IPS+LEDで残像低減

 42/37型は1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用、19~32型は1,366×768ドット。32~42型までは開口率を高めた半光沢仕様の「新IPSαパネル」を採用し、省エネ化を実現している。19~26型は新IPSパネル。





 フルHD 2モデルでは、120コマ/秒で動画表示する倍速駆動技術「Wスピード」を搭載するほか、LEDバックライト制御技術「LEDクリアフォーカス」により、映像のホールド時間を短くし、残像感を低減。動画解像度1,000本を実現した。32型もWスピードを搭載し、動画解像度720本を実現している。

 シーンに応じて、LEDバックライトを制御する新開発のAI機能も搭載し、26~42型までの各モデルで、コントラスト200万:1を実現している。視野角は全モデル上下/左右178度。

 LEDエッジライトの採用により、42型で奥行き3.9cmのスタイリッシュなデザインを実現。26~42型はフロントキャビネットのアクリル部を削ることで、立体的な質感を表現しているという。32~42型用の壁寄せスタンド「TY-WS3L3T」もオプションで用意される。19/22型は、メタルブラックと、プラチナホワイトの2色を用意する。

 新たに映像メニューに「オート」モードを追加。視聴環境をセンサーで検知し、明るさや黒レベルなどを映像シーン毎に制御するAI機能と連動し、周囲の明るさに応じて変化する人間の視覚の色温度特性も加味した映像補正を自動で行なう。映画コンテンツ(2-3プルダウン映像)を自動で検知し、最適なAIモードで処理する機能も備えている。

 解像度の低いコンテンツについても、高解像処理を行なう新しいアルゴリズムを導入。SD放送やDVD、ゲームなどの低解像コンテンツの精細感を高めるという。コントラストマネジメントやHDオプティマイザーなどの高画質化技術も搭載している。

 また、開口率の高いIPSαパネルと、LEDの採用により、省エネ性能も向上。32/37/42型では業界最高の省エネ性能を実現したとしており、42型の消費電力は約118W(待機時約0.1W)、年間消費電力量は95kWh/年(2010年度基準)。


--------------------------------------------------------------------------------

■ 全モデルで「お部屋ジャンプリンク」対応

 チューナは地上/BS/110度CSデジタルと、地上アナログチューナを各1基搭載。番組表はG-GUIDEで、最大12時間分の番組表が一覧表示できる「インテリジェントテレビ番組ガイド」に対応。1カ月先までの注目番組を写真付きでチェックできる「注目番組」機能や、ジャンル検索機能などを備えている。

 HDMI入力は3系統装備。VIERA Linkに対応し、DIGAやラックシアターとの連携が行なえ、VIERA Link対応のDIGAやラックシアターをVIERAのリモコンで簡単に操作できる。また、HDMI 1.4のコンテンツタイプフラグに対応。ビデオカメラやデジタルカメラ接続時にはあざやかな写真用の表示に、DIGAで映画コンテンツを見る場合は映画用の画質モードに変更するなどの他機器と連動した画質自動調整が可能となった。

 HDMI 1.4で新たに追加されたオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応。テレビなどのHDMI入力側から、シアターなどのHDMI出力機器にHDMI 経由でデジタル音声信号を送ることが可能となる。また、VIERA Linkによるドアホンやセンサーカメラとの連携機能も備えている。

 また、ネットワーク機能も全モデルで搭載。対応のDIGAなどと組み合わせて、VIERAをDLNAのクライアントとして利用する「お部屋ジャンプリンク」機能を搭載。DIGAで録画したデジタル放送番組を家庭内のネットワーク経由で、再生できる。

 また、YouTubeや「アクトビラ ビデオ・フル」にも対応。無線LANアダプタ「DY-WL10-K」を使った無線LAN接続にも対応する。32~42型はボックス型スピーカーを採用し、音質向上も図っている。

  SDXC対応のSDメモリーカードスロットも装備し、AVCHD動画やJPEG画像の表示も可能となっている。デジタルカメラ「LUMIX」で撮影した16:9の写真をテレビ画面にっぱいに表示する「フルハイビジョンテレ写」も搭載する。

 省エネ機能の「エコナビ」も搭載。部屋の明るさに応じて、明るさや画質を調整することで最大5%の消費電力を削減。省電力の度合いは画面のバー表示で確認できる。また、10分以上映像や音声の信号が無い場合は自動で電源オフして節電するほか、対応VIERAとDIGA、ラックシアターの接続時に、連動してこまめに電源をOFFにする「こまめにオフ」や、VIERAを使っていない場合に自動的にDIGAの待機電力モードを最小にする「ECOスタンバイ」などの機能も備える。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。