デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 シャープは、2番組同時の10倍フルハイビジョン録画などが可能なBDレコーダー「AQUOSブルーレイ BD-HDW55」および「BD-HDW-3」を発表。さらに、初となるシャープブランドのBlu-rayメディア8製品をラインアップし、それぞれ4月24日から発売する。
 大阪市内で会見したシャープ AVシステム事業本部デジタルメディア事業部の大野良治事業部長は、「デジタル放送時代を迎え、最適なレコーダと最適なメディアを提供していくことに力を注ぐ。今回の製品では、長時間録画の高画質化、ネットワーク対応、快適&カンタン操作といった点で進化を遂げた」と進化のポイントを説明。

 「特に、新たなトランスコーダ方式を採用することで、映像データのみを高画質圧縮し、長時間モードの映像も高精細化することができた点が大きな特徴。さらに、番組連動データ、サラウンド音声、字幕データ、2か国語放送もそのまま記録することが可能になっている。従来製品では、連動データの同時記録は3倍録画までの対応だったが、多くのお客様の要望を反映して、今回は10倍録画でもこれを実現した」と語った。





 10倍録画については、「液晶テレビ事業においては、フルハイビジョン、高画質、大画面を標榜しており、これのコンセプトに満足できる品質の実現にこだわった。ドラマやニュース、アニメといった映像では大画面テレビでも高画質を体感していだたけるものが実現できるた自負している」とした。
 また、「今回の新製品は、10倍録画の機能を生かして、タイムシフトを重視する一般ユーザーを対象にした製品。1TB版を用意しなかったのは、320GB、500GBといった売れ筋を中心に製品化したため。また、現在ラインアップしている1TBモデルは、高音質を追求するなど、使っている部品が違う。現時点では現行モデルを継続するが、このモデルとは別のターゲットを狙う製品として検討し、あるタイミングで今回のラインアップの強化として投入することも考えている」などとした。





 今回の新製品は、一般ユーザー層をターゲットとした製品ともいえ、市場拡大を狙ったものといえる。シャープによると、ビデオテープレコーダ(VTR)の時代には、ピークとなった1997年に、レコーダ市場の規模は年間800万台程度にまで拡大していたが、デジタルレコーダ時代に入り、市場が縮小。2009年度のレコーダ市場は約400万台と2分の1程度となっている。
 一方で、2008年下期から、BDレコーダがDVDレコーダの出荷を上回り、2010年通期では、BDレコーダの構成比が約85%を占めると予測。2010年度はレコーダ市場全体が500万台規模に拡大すると見ている。





 「偶数年にはオリンピックやワールドカップなどの大型スポーツイベントがあり、テレビやレコーダにとって需要拡大の追い風となるが、これまで奇数年にはイベントがなく、盛り上がりにかけるという状況だった。だが、2009年には政府のエコポイント制度により薄型テレビの需要が増大し、テレビとレコーダを同時に購入するというユーザーが多いことから、レコーダの販売にも追い風となった。また、2011年には地上アナログ放送の停波があることから、テレビの買い換えに向けた駆け込み需要が見込まれ、やはりこの影響でレコーダの販売も増加すると見られている。奇数年にもイベントが盛り込まれたことで、2012年のロンドンオリンピックまで拡売期が続くだろう」としている。




 一方、シャープ初となるシャープブランドのBlu-rayメディアの投入について、大野事業部長は次のように説明した。「BDレコーダ市場で一定のシェアを獲得したこともあり、ユーザーの間から、メディアはどれを買ったらいいのかわからない、という声があがっていた。メディアはメーカーによって特性があり、エラーが起きないメディアを提供する必要があると考え、我々が納得できるメディアをBDレコーダーにマッチする形で提供するというのが今回の狙い」とし、「AQUOSブルーレイのイメージキャラクターである本木雅弘氏をパッケージに採用することで、AQUOSブルーレイのユーザーは、これを買えば安心してBDが利用できるという提案を行なった」とした。
 業界で初めて初期化済みとすることで、「これまで約1分ほどかかっていた初期化が不要となり、購入後すぐに使用できるようになる」としたほか、ハードコート処理によりエラー発生の原因となるキズや汚れからデータを保護。ワイドプリント仕様のインクジェットプリンタに対応した白い表面とすることで、ライブラリー化にも最適化しているという。「BDメディア市場の約10%のシェアを獲得したい」(大野事業部長)と意気込んでいる。



ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。