デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

シャッターを押すだけで美しい写真を撮ることができるフルオート機能と動画に動画を合成できる「ダイナミックフォト」を搭載したデジタルカメラ。CCDシフト方式の手ブレ補正やHDムービー、素早くピントを合わせる「高速オートフォーカス」を装備するほか、「EXILIMエンジン5.0」の高速画像処理により実現したフルオート機能「プレミアムオート」を採用しています。

カシオ計算機 発売日:2010年3月12日 EXILIM ZOOM EX-Z2000 デジタルカメラ[EX-Z2000BK] 価格比較


通常のCPUと高速画像処理専用のCPUをパッケージした「EXILIMエンジン4.0」を、さらに進化させました。画像処理速度を従来比1.3倍に高めるとともに、色再現性が高く階調表現が豊かな描写力や高感度時のノイズ除去による美しい画質を実現しています。

シャッターを押すだけで美しい写真を撮ることができる「プレミアムオート」
夜景や逆光、青空、木々の緑、夕日といった撮影シーンに加えて、顔の有無、被写体の動き、被写体の位置、三脚使用の有無などをカメラが自動で分析。
露出やISO感度はもちろん、フォーカス位置や手ブレ補正、階調表現、カラーバランス、ノイズリダクションの強弱などを同時に最適化します。
画像をピクセル単位で解析し、人物と背景で異なる補正を行うなど、シャッターを押すだけでハイレベルな画質の写真を簡単に撮ることができる先進のフルオート機能です。

動画に動画を合成できる「ダイナミックフォト」
動く被写体を連写して切り抜き、背景となる別の静止画に合成することで「動く写真」を創ることができる「ダイナミックフォト」が、さらに進化しました。
今回、従来の静止画に加えて、動画を背景とすることが可能になり、動画合成の表現力が高まります。これにより、創る楽しみはもちろん、付属ソフトでYouTubeにアップロードしたり、ブログに公開するなど、見せる楽しみも広がります。

素早くピントを合わせる「高速オートフォーカス」
シャッターチャンスに素早くピントを合わせられる高速オートフォーカスを装備しました。
約0.22秒の速さ※でピントを合わせることが可能です。
※ワイド端撮影時。カシオ測定条件による。

撮影シーンを絵画のように撮ることができる「アートショット」
EXILIMエンジン5.0」の画像処理技術によって、風景や人物を絵画のようなタッチで撮ることができる「アートショット」を搭載。撮影時の液晶モニターには、目の前の被写体が油絵やクレヨン画、水彩画のように表示されます。

■有効画素数 : 1410万画素
■撮影素子 :1/2.3型正方画素CCD
■光学ズーム : 5倍
■液晶モニター : 3.0型(約46万ドット)
■記録媒体 : SDHCメモリーカード/SDメモリーカード
■電源 : リチウムイオン充電池 (付属)
■寸法 : 100.5×58.5×19.8mm (突起部除く)
■質量 : 約122g (本体のみ)

◎ [ポイント最大10倍!]★☆デジカメケース+カメラスタンドセット+SDHCカード4GB+液晶保護フィ...

販売店舗:e-medama


【送料無料】★カシオ デジタルカメラ(ブラック)CASIO EXILIM(エクシリム) EX-Z2000【税込】...

販売店舗:Joshin web 家電とPCの大型専門店












テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。