デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 DIGAシリーズは、独自のポリシーに基づく絵作り・音作りを、これまでも繰り返してきた。新型DIGAでは、3D対応や2番組同時のMPEG-4 AVC/H.264録画などの機能面が注目されがちだが、新プラットフォームの導入とともに、新たな高画質化・高音質化が図られている。




■ 4つの高画質化機能は「プラットフォーム」で実現

 まず最初に、今春の新DIGA(BW-*80系とBWTシリーズ)が、高画質化についてどのような機能を搭載しているのかをおさらいしておこう。

 前モデル(BW-*70系)にない、新DIGAの画質系新機能は、主に4つ存在する。一つは、「新アドバンスドAVCエンコーダー」。MPEG-4 AVCでの「10倍長時間録画」(HBモード/2.4Mbps)を実現するために、従来のAVCエンコーダーを改良したものだ。次に「新リアルクロマプロセッサ」。従来よりDIGAの特徴となっていたクロマアップサンプリングの機能を、さらに高度化したものだ。ここまでは、既存機能の改善といった趣が強い。

 完全な新機能といえるのが、「超解像技術」と「アニメモード」だ。前者は、DVD再生時のアップコンバート画質をより高度にするためのもので、後者はアニメ番組の画質を上げ、より見やすいものにしてくれるものだ。

 それぞれの機能は、すでに同社が採用しているものの改良版であったり、他社も搭載している機能をパナソニックなりのアプローチで手がけたものであったりと、「びっくりするほど特別」な機能であるとは言い難い。しかし、それらの機能は「つけたい」と思ったら明日にもつけられる、という機能ではない。

 特にパナソニックにとって大きいのは、すべてを「ユニフィエ」というプラットフォームで実現している、ということだ。他のメーカーは、他社の家電向けLSIに、自社の付加価値のためのLSIやソフトウエアを「追加」して新機能を実現することが多い。

 だが、前回の記事で触れたように、パナソニックは低コスト化・省電力化・高機能化の3点から、プラットフォームに「付加機能をくっつける」形での機能拡張を選択しない傾向にある。そのため、今回紹介する機能の多くが、旧プラットフォームを使う最廉価機種「BR580」以外のすべての機種で利用できる。その上で、プレミアムモデルである「DMR-BWT3000」と3D対応BDプレイヤーの「DMP-BDT900」では、さらに特別な高画質・高音質化が行なわれる、という形になっている。だから、比較的売価の安いBW680であっても、前年の70系よりも画質などで大きな向上が見られる。

ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。