デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 日立コンシューマエレクトロニクスは、録画対応のプラズマ/液晶テレビ「Wooo HP05」シリーズに42型プラズマの「P42-HP5」と32型液晶の「L32-HP05」を追加し、42型を4月17日に、32型を5月中旬から発売する。

 また、ベーシックモデルとして、録画機能は備えていないものの、DLNAサーバー/クライアントなどのネットワーク機能を備えた「Wooo H05シリーズ」も32/26/22/19型の4モデルをラインナップ。4月17日より発売する。価格はいずれもオープンプライス。




■ 録画対応の「HP05」シリーズ


L32-HP05
 250GB HDDとiVDRスロットを装備し、デジタル放送の録画が可能な「録画テレビ」。すでに、22/26型は2月に発売されているが、今回新たに42型プラズマの「P42-HP05」と32型液晶の「L32-HP05」の2モデルが追加された。

 P42-HP05は、1,024×768ドットのダイナミック・ブラックパネルを採用。発光効率の向上による年間消費電力量の削減とともに、200万:1の高コントラスト化を実現している。動画解像度は720本。

 L32-HP05は、1,366×768ドットの新IPSαパネルを採用。表面に半光沢処理を施し、つやのある美しさを実現しているとともに、開口率の向上によりバックライトを削減し、省エネ化を図っている。視野角は178度。






 チューナは地上/BS/110度CSデジタル×2と地上アナログ×1を搭載。上位モデルのXP05シリーズとは異なり、デジタル放送のW録画には対応しない。

 HDトランスコード/トランスレート技術の「XCodeHD」を内蔵し、MPEG-4 AVC/H.264変換による長時間録画にも対応。ストリームをそのまま記録するTS(HD/SD)モードのほか、HD解像度のままTSE(2倍)/TSX4(4倍)/TSX8(8倍)の長時間録画が行なえる。また、SD解像度でのMPEG-2記録モードや、SD解像度でAVC長時間録画を行なうTSX24モードも備えている。

 別売の「iVDR-S」に録画できる「iVポケット」も装備。ダビング10にも対応しており、内蔵HDDに録画した番組をiVDR-Sにダビングし、別のWoooなどで視聴可能。独自のシーン解析アルゴリズムにより、番組の頭出しができる「いいとこジャンプ」やスポーツ中継のみどころが探しやすい「みどころシーンサーチ」なども利用可能となっている。

 映像エンジンは1080p信号に対応した「新Picture Master Full HD」を搭載。シーンごとのヒストグラム解析や画像認識などの制御を行なう「アドバンスドダイナミックコントラスト」や色彩コントロール「3次元デジタルカラーマネージメント」などを備える。

 自動画質調整機能の「インテリジェント・オート高画質」も搭載。内蔵センサーで検出した、室内の明るさや照明の色のほか、番組のジャンルや各種情報を独自のアルゴリズムで解析し、輝度や色温度、コントラストなどを自動制御。環境にあわせた最適な画質に調整する。消費電力を算出して照明環境とエコ効果の目安が“日立の樹”を模したアイコンで確認できる「照明環境&エコ効果メーター」も備える。

 AVネットワーク機能は、DLNAとDTCP-IPに対応。DLNAサーバー/クライアントとして動作し、PCに保存されている動画を Woooから再生できるほか、Woooの内蔵HDDやiVDR-Sに録画した番組をLAN経由で対応のテレビやパソコンから再生できる。

 アクトビラは、「アクトビラ ビデオ・フル」にもビデオダウンロードにも対応。映画コンテンツをダウンロードし、内蔵HDD/iVDRに記録/ダビングできる。また、「テレビ版Yahoo! JAPAN」に対応し、リモコンでYahoo!の検索や画像検索などが利用できる。新たにテレビ版Yahoo! JAPANの動画チャンネルにも対応した。携帯電話で撮影した写真などを離れた場所のWoooに転送できる有料ネットサービス「ビデオdeメール」にも対応している。

 スピーカー出力は10W×2ch。P42-HP05では、スピーカー部分の開口率拡大により、臨場感ある音声再現を可能にした。SDメモリーカードスロットも装備。SDHC/SDメモリーカードに記録した写真をHDDに取り込み/表示可能となっている。

 HDMI入力は3系統で、P42-HP05はInstaPortに対応。HDMI入力の高速な切り替えが可能となっている。HDMIリンク機能の「Woooリンク」にも対応する。HDMI以外の入出力端子は、D4入力×1、S映像入力×1、コンポジット入力×3、モニター出力×1、光デジタル音声出力×1、Ethernet×1、アナログ音声入力×3、ヘッドフォン出力×1。

 消費電力は42型が290W、32型が82W。年間消費電力量は42型が180kWh/年、32型が71kWh/年。外形寸法/重量は、スタンドを含む42型が104.5×35.6×73.1cm(幅×奥行×高さ)/30kg(スタンド無しで25.2kg)、32型は81.2×25×55.1cm(同)/13.5kg(同11.7kg)。





--------------------------------------------------------------------------------

■ ネットワーク対応のスタンダードモデル「H05」

 32/26/22/19型の4モデルをラインナップ。それぞれブラック(B)とホワイト(W)の2色を用意する。録画機能は備えていないが、DLNA/DTCP-IPのサーバー/クライアント機能を備えており、別の部屋の録画対応Woooや、DLNA/DTCP-IP対応のブルーレイレコーダなどで録画した番組をネットワーク経由でストリーム視聴できる。






 パネル解像度はいずれも1,366×768ドットで、32型がIPSαパネル、他3モデルは新IPSパネルを採用する。画質面では映像エンジンに「新Picture Master Full HD」を搭載。シーンごとのヒストグラム解析や画像認識などの制御を行なう「アドバンスドダイナミックコントラスト」などにより、画質向上を図っている。自動画質調整機能の「インテリジェント・オート高画質」も搭載している。

 AVネットワーク機能は、DLNAとDTCP-IPに対応し、DLNAクライアントとして動作し、PCに保存されている動画を Woooから再生できるほか、Woooの内蔵HDDやiVDR-Sに録画した番組をLAN経由で対応のテレビやパソコンから再生できる。

 アクトビラは、「アクトビラ ビデオ・フル」に対応。また、「テレビ版Yahoo! JAPAN」に対応し、リモコンでYahoo!の検索や画像検索などが利用できる。新たにテレビ版Yahoo! JAPANの動画チャンネルにも対応した。携帯電話で撮影した写真などを離れた場所のWoooに転送できる有料ネットサービス「ビデオdeメール」にも対応している。

 SDカードスロットも装備し、カードに記録したAVCHDビデオやJPEG画像の再生が可能。スピーカー出力は32/26型が10W×2ch、22/19型が5W×2ch。HDMIを3系統装備し、HDMI CEC機能の「Woooリンク」にも対応する。
ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。