デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 サイバーリンクは、Blu-rayにも対応する動画再生ソフト「PowerDVD 10」のダウンロード版を3月24日より発売する。Blu-ray 3D対応予定の「Ultra」など3バージョンを用意し、価格は下表の通り。対応OSはWindows XP/Vista/7。なお、同社サイトとベクターの販売ページでは、「Ultra」が10%オフとなる先行販売も3月15日より実施する。

 パッケージ版の発売は未定で、改めて同社から発表される。




■ 上位バージョンは3D動画再生に対応。Blu-ray 3Dも対応予定

 「Ultra」と「Deluxe」の2つは、新機能として動画の3D再生に対応。2DのDVDを再生する際に、2Dから3Dにリアルタイムで変換しながら再生可能な「TrueTheater 3D」を搭載した。別途3D対応ディスプレイとビデオカード、3Dメガネを用意することで視聴できる。





 「Ultra」においては、Blu-ray 3Dなどの3D方式に対応する「Mark II」にアップデートする予定。アップデート時期は未定だが、「3D対応のBlu-ray Discビデオタイトル発売に合わせて秋以降に無償公開予定」としている。このアップデートではフレームシーケンシャル方式でエンコードされた映像のほかに、放送などで使われるサイドバイサイドやトップアンドボトム、チェッカーボード(チェス盤のような格子状の映像を左右分、交互に見せる方式)にも対応予定。なお、Blu-ray 3D視聴時の要求スペックは後述する。

 視聴方法についても、パナソニック/ソニーのテレビやNVIDIAの3D Visionなどで採用されているアクティブシャッターメガネのほかに、ポラライズド(パッシブ/偏光メガネ)や、アナグリフ(赤青メガネ)の各方式もサポート予定で、対応テレビ/ディスプレイを使って視聴できるようになるという。

 そのほか、Mark IIへのアップデート時に、ビデオファイルの2D→3Dリアルタイム変換にもUltraとDeluxeにおいて対応予定としている。





 なお、Blu-ray 3D再生を行なう場合は、高いハードウェアスペックが必要。ソフトウェアのみでデコードする場合は、IntelのCorei5/i7クラスのクアッドコアCPUを推奨している。

 NVIDIAのGPUを使ったハードウェアアクセラレーションを利用するためには、GT21xまたはGF100のVP4以降のGPU(96基以上のピクセルシェーダコア)が必要で、要求GPUとしては、GeForce 240GT以上のVP4世代GPUを挙げている。また、IntelのH.264 MVCハードウェアアクセラレーション利用時は、Intel H55/H57チップセットと、GPU内蔵Core i5以上を採用したPCが必要となる。

 NVIDIAの3D Visionなど、120Hz駆動ディスプレイとアクティブシャッター方式の3Dメガネを使用する場合、ディスプレイは、Dual Link HDCP対応であることが必須となる。

 また、BDドライブは、AACS付きBD-ROM再生時に2倍速以上で読み込める製品が必要。なお、現在市販されている製品のスペックは2倍速以上が多いが、AACS付きディスクの再生時にはファームで速度が制限される製品もあるため、使用するドライブのファームにも注意が必要だ。






■ 手ブレ補正やアップコンバートなどの高画質化機能

 そのほかの改善点としては、CPU/GPUへの最適化を進めており、Intel/NVIDIA/ATIの最新グラフィックチップセットをサポート。PinP(子画面表示)などのスムーズな再生も可能としている。

 また、HDMI音声のパススルーに対応し、Blu-ray再生時にDTS-HD Master AudioやドルビーTrueHDの音声をAVアンプなどにスルー出力できる。

 新たに搭載した「TrueTheater Noise Reduction」により、ビデオファイルのノイズを軽減。ビデオカメラでの撮影時に起きた手ブレやノイズを緩和する「TrueTheater Stabilizer」も搭載する。従来バージョンと同様に、SD映像をHD画質にアップコンバートする「TrueTheater HD」を搭載しており、GPUアクセラレーションへの最適化も行なわれている。また、Ultra/Deluxeでは2D-3D変換後のDVD映像をアップコンバートすることもできる。

 そのほか共通の高画質化/高音質化機能として、フレーム数を増やして滑らかな再生を行なう「TrueTheater Motion」や、映像の明るさを補正する「TrueTheater Lighting」、バーチャルサラウンド機能「TrueTheater Surround」も利用可能。





 再生フォーマットでは、新たに QuickTime、 MOV、 RM、 RMVB、 FLV、 MKV、3GPのファイルをサポート。字幕ファイルとしてSMI、 ASS、 SSA、 PSB、 SRT、SUBの各ファイルに対応する。

 「MovieMark」は、気に入ったシーンにレビューを書いて他のユーザーと共有できる機能。他のユーザーが記したブックマークをダウンロードして、該当シーンを見られる。コメントを記入してブックマークしたシーンは自動でグループ分けしてMovieMarkが作成され、「共有」ボタンをクリックするとFacebookやTwitter、MoovieLive(サイバーリンクの共有サイト)にアップロードできる。

 Windows 7向けの機能として、PowerDVD 10の「ファンシービューモード」でWindowsのタッチ機能を使った操作に対応。そのほか、最新ネットブックで採用されている消費電力モード「Ambient Light」に対応している。
ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。