デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

「フリンジ」にハマった秋元康がAKB48に見どころ伝授-BD/DVD大ヒット御礼「FRINGE/フリンジ」試写会開催



 ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(ワーナー・ホーム・ビデオ)は10日、海外テレビドラマ「FRINGE/フリンジ」Blu-ray/DVDの“大ヒット御礼”として、スペシャル試写会を開催した。

 「フリンジ」とは、“解明できない現象”のこと。思いもよらない組み合わせの3人が、科学を駆使して一連の不可解な事件の謎を解き明かす。製作総指揮を、「LOST」や「スター・トレック」、「M:i:III」を手掛けた、J.J.エイブラムス、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー。異例の約10億円を投入して作られたパイロット版の監督は、エミー賞受賞経験を持つアレックス・グレイブスが務めている。

 日本では2月24日より、1話のみを収録したVol.1を、DVD版とBlu-ray版をどちらも980円という戦略的価格でリリース開始。発売当日の午前中に、Amazon.co.jpなどのオンライン販売サイトで一時売り切れ状態となる人気となった。特に、Blu-ray版は、海外ドラマBlu-rayでの初動売り上げが歴代1位を記録した(オリコン調べ)。

 3月10日には第2話~第20話を収録した「コレクターズ・ボックス1」が発売され、4月7日には第12話~第20話を収録した「コレクターズ・ボックス2」が発売予定。なお、全米ではシーズン2が放送中で、サード・シーズンの製作も決定している。




 「Blu-ray&DVD 大ヒット御礼 スペシャル試写会」は秋葉原UDX Theaterで行なわれ、参加者はTSUTAYA onlineで募集し、約100人が招待された。上映後にゲストとして、フリンジの大ファンという秋元康さんと、秋元さんプロデュースのアイドルユニット「AKB48」から渡辺麻友さん、柏木由紀さん、河西智美さん、倉持明日香さんの4人が登場、会場を盛り上げた。ちなみに、当日来場するお客様にはAKB48の誰が登壇するかはシークレットとなっていた。

 秋元さんが、自身が関わっていない作品の発売イベントに登場するのは珍しいが、「叶姉妹じゃないんで、なかなか呼んでいただけないんですよ(笑)」と会場を笑わせ、「海外ドラマは仕事が止まっちゃうんで、できるだけ観ないようにしている」と海外ドラマ好きなことを明かした。





 フリンジについては、「このドラマも1話だけと思って観たんですけど、相当面白い。設定のうまさや次々にやってくる謎など、ぐいぐいストーリーに引き込まれる。科学捜査は最先端に進化してるけど、解明できない不思議なことをテーマにしていて面白い。結局、朝6時、7時くらいまで観てしまった」と、相当にハマったようだ。

 今回のイベント趣旨は、フリンジにハマった秋元康さんが、「AKB48のメンバーにみどころを伝授、若者カルチャーのリーダーとして、“フリンジに魅せられ、フリンジに夢中な大人”を新たにネーミングする」こと。秋元さんは「本当に面白いので、4人にもちゃんと見るように昨日メールしました」という。

 ただし、「倉持はちゃんと観て、本当に好きです。あとの3人は、一応“仕事”なんで1話だけ観たと思う。河西はメールしながら、麻友と柏木は、昨日遅くまで仕事をした後だったので、たぶん、飛ばしながら観た」とかなり厳しいの予想。これには3人とも立ち上がって、「そんなことはないですから!」と否定。会場を沸かせた。






 秋元さんの信頼を一身に受けた倉持さんは、「高校時代に科学部だったので、世界観に引き込まれました。海外ドラマちゃんと観るのは初めてに近いくらいでしたけど、こんなにハマるんだ! と思いました」とコメント。

 「最初のシーンを観た瞬間に面白いと思って、2話、3話と観るにつれて、どんどん面白くなりました。怖いシーンもあるけど、恋愛模様や、サスペンスだけじゃなくて親子愛もあります」と感想を語った。




 河西さんは「最初怖くて見るのやめようと思ったけど、我慢していたらどんどん引き込まれました。まるで科学が魔法のように見えた」という。さらに、「基本的には恋愛系の話が好きで、(フリンジにも)恋愛の要素もいっぱいあって、キュンキュンするようなところもあります」と恋愛話好き目線で解説。
 サスペンスドラマはあまり観ないと言う渡辺さんは「映像が衝撃的で、すごく刺激的です。頭の皮膚が透けて見えたりするシーンは最初は怖いけど、その刺激的なところも魅力かなと思いました。やっぱり迫力あります。これからどんどん観ていきたい」という

 一方、「最初はお菓子を食べながら観てたんですけど、気が付いたらテレビの前に座布団敷いて正座で観てました(笑)。それくらいハマっちゃいました」と、柏木さん。





 最後に秋元さんが、「独身の男性は、彼女と観た方が絶対にいい。セリフがおしゃれ。ぼそっということに、ニャッと笑うような、そういうところにも注目してほしい。是非、観ていただきたいと思います」をPRして、締めくくった。

 ちなみに、イベントの柱の一つである「“フリンジに夢中な大人”のネーミング」については、「『フリン児』みたいなのを、どうでしょう? っていわれたんですけど、絶対はやらないと思うんですよ、それ(笑)。」と秋元さん。

 「そういうことより、この作品は本当に面白いんです。面白くないんだったら、周りでかためて、盛り上げなきゃいけないですけど、これは大丈夫。奇をてらうより、一話目を観ると絶対ハマると思います」と主催者の思いは受け流しつつも、ネーミングなんて不要と太鼓判を押した。
ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。