デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 今春のパナソニックのAV新製品といえば、中心はやはり「3D」。その一角を支えるのが、3D対応のBlu-rayレコーダ「DIGA」や、プレーヤーの「DMP-BDT900」だ。3D対応が注目される製品だが、今春モデルについては、久々に「大きな改変」が行なわれた製品であることも、見逃せない点である。



初回は特に、新シリーズより採用となった「新プラットフォーム」の価値について見ていこう。




■ 新レコーダは「2D」と「3D」の2ライン

 まずは、今回の新製品のラインナップをおさらいしておきたい。これまでDIGAシリーズは、Wチューナーモデルが「BW」、シングルチューナーモデルが「BR」から始まり、末尾3桁の一桁目がグレードを、二桁目が世代を表していた。

 例えば、2009年のフラッグシップモデル「DMR-BW970」の場合、Wチューナーでフラッグシップ(900番台)、第四世代(70系)、という形である。

 その流れに沿って言えば、1月19日に発表になった4モデル(BW880、BW780、BW680、BR580)は、末尾80番台の「第五世代」という扱いになる(以下、この世代の製品を「80系」と呼ぶ)。

 その伝統が変わったのが、2月9日に発表になった3D対応の3モデルだ。型番は新たに「BWT」シリーズとなり、主にHDD搭載量の違いから、1000/2000/3000の3モデルが用意されている。このうち、BWT3000については「プレミアム」モデルとして、従来機種でいえばBW970と同様、特別な高画質化・高音質化回路を搭載した製品、という特殊な位置づけとなっている。





 DIGAシリーズの高画質化設計を担当する、パナソニック・AVCネットワークス社 ビデオビジネスユニット 商品技術グループ 主幹技師の甲野和彦氏は、「今回の製品では、UniPhier(ユニフィエ)など開発プラットフォームの世代を新しくしています。BWTシリーズも80系も、BR580を除いて同じ新しいユニフィエを採用しています」と話す。

 何度か本連載でも触れてきたが、パナソニックのAV家電の特徴は、開発プラットフォームを自社開発の「ユニフィエ」に統一している点にある。中核となるのはもちろんLSIであり、一般にはLSIの名称としてユニフィエが使われるが、実際には、そこで動作する各種ソフトウエアコンポーネントや、各種開発環境まで含んだプロジェクト全体の名称と言った方が正確だ。2007年秋モデル以降、70系まで利用されてきたLSIは同じであったが、周辺回路やソフトウエアの大幅な改善で、2年近く最先端のBDレコーダが開発されてきた。BWT系、80系では、いよいよLSIが刷新され、名実ともに「新しい世代のDIGA」へと生まれ変わったことになる。




同じ80系であっても、WAVC搭載の「BW680以上」と「BR580」では、商品性が大きく異なっている。詳しくは次回解説するが、新ユニフィエには「高画質化機能」も搭載されており、新モデルの特徴としてあげられている「高画質化」の多くは、新ユニフィエの機能によるものだ。そのため、80系ではあっても既存のユニフィエを使うBR580の高画質化機能は、2009年秋モデル(70系)と同等となる。そのため、「BW680のコストパーバリューが非常に良くなっている」ともいえる。

 また実は、新ユニフィエは、3D対応のBDプレイヤーである「DMP-BDT900」にも搭載されており、画質/音質面では、プレミアムモデルとして、BWT3000と遜色のないスペックが実現されている。

 これらのことから、メモリやTxなどの変更により3D対応はしているものの、元々新ユニフィエは「WAVCと3D対応」が可能なプラットフォームであり、むしろ3Dのない80系が低コスト版、と考えた方がすっきりする。




■ プラットフォームによる小型化・省電力化は「画質・音質」に通ず



 もうひとつ、DIGAが「ユニフィエ」というプラットフォームで開発されているメリットとして同社が挙げるのが、「小型化」と「省電力化」だ。省電力化技術の開発を担当する、AVCネットワークス社 ビデオビジネスユニット 商品技術グループ 主任技師の溝内弘人氏は、「前のプラットフォームではできなかったことを、新プラットフォームでは盛り込んでいくことができました」と語る。

 レコーダにおいてユニフィエを採用したのは、AVCによるエンコードを採用した「DMR-BW900(2007年11月発売)」からだが、機能が追加されているにもかかわらず、本体サイズはどんどん小さく、薄くなっている。
ニュースのホームページhttp://www.rakuten.co.jp/ 製品情報販売元





テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。