デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 DTC Japanは、2009年12月発表時に事前予約販売で展開していた、Auzentech製のPCI Express×1接続サウンドカード「Auzen X-Fi Bravura 7.1」の正式販売を12日より開始する。価格は14,800円。

 「Auzen X-Fi Bravura 7.1」は、アナログオーディオのための最適設計を施したというサウンドカード。24bit/192kHzのステレオ出力、24bit/96kHzの7.1ch出力に対応し、マルチチャンネルスピーカー出力、独立ヘッドフォン出力回路など装備する。対応OSはWindows XPとVista(32/64bit)。

 デジタル出力を担当するメインチップには、CreativeのX-Fiを採用。バーチャルサラウンド機能の「CMSS 3D」や、音質補間機能「Crystalizer」、EAX 4.0 ADVANCED HDなどに対応する。デジタル系の出力は同軸デジタル音声×1を装備。

 アナログ信号の干渉を抑えるためのアナログ回路も配置。DACのダイナミックレンジは114dBで、フィルタ部にはメタルコンデンサを、カップリング出力にはニチコン製のMUSE ESシリーズコンデンサを採用するなどで、音質の向上を図った。マイク入力も備えており、アナログI/OのためのDACのフィルタをヘッドセット、マルチメディアマイク、バランス型ダイナミックマイクなどから選べるためのプリセットを用意している。

 独立したヘッドフォン回路も装備し、ダイナミックレンジ120dB、最高192kHz対応の専用DACを搭載。交換可能なOPAMPやWIMA製のコンデンサなどを使用し、音質に配慮しているという。


--------------------------------------------------------------------------------

■ 数量限定でオペアンプの単品販売も

 Auzentechのサウンドカードに最適という、ナショナルセミコンダクター、TIのオペアンプIC単品を数量限定で販売する。


LME49710MAとLME49710HAは、ナショナルセミコンダクターのオペアンプ。ともに低歪みを実現させたことが特徴。LME49710HAはプレシーディップの金メッキピンヘッドを使用し、オペアンプIC信号の損失を抑制可能。

 OPA627AU/637AU、OPA627SM/637SMはいずれもTIのオペアンプ。主に高音域の表現力が特徴的なモデルとなる。4モデルともプレシーディップの金メッキピンヘッドを使用する。
テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(Impressに帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。