デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 パナソニックは9日、3D(3次元)映像に対応するプラズマテレビ2機種と、ブルーレイ・ディスク(BD)レコーダー3機種、BDプレーヤー1機種を4月23日に発売すると発表した。専用のメガネをかけて見ると、奥行き感のある映像を楽しめる。これまで展示会などに登場するだけだった製品が家庭に入ることで、「3Dテレビ元年」がいよいよ幕開けする。

 フルハイビジョン(HD)画質の3Dプラズマテレビ「ビエラ VT2」シリーズは54型と50型の2機種をそろえた。実勢価格はそれぞれ53万円前後、43万円前後の見通し。3D機能がない製品と比べて7万円程度高い価格設定にした。3D映像を見るために必要な「3Dグラス」はVT2シリーズの製品に1つ同梱するほか、1つ1万円程度で別売りする。

 BDレコーダー「ディーガ」は3D対応のBDを再生できるが、3D映像の録画には対応していない。内蔵するHDDの容量の違いで3機種をそろえ、実勢価格は2TB(テラバイト)が30万円前後、1TBが20万円前後、750GBが16万前後の見通し。録画機能のない再生専用機は13万円前後になる見込みだ。

 3D対応のコンテンツは、今春以降BDソフトやBS・CS放送のチャンネルが徐々に増えていく見通し。会見したパナソニックの西口史郎デジタルAVCマーケティング本部長は3Dの映像について「その場に引き込まれるような没入感を体験できる」と述べ、「2010年は家庭の3D元年になる」と意気込みを見せた。

テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(日経新聞に帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。