デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

ソニーのデジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの入門者向け3機種「α200」「α300」「α350」がそれぞれ「α230」「α330」「α380」にモデルチェンジした。基本的な仕様変更は少ない。しかし、実際手にしてみると、ボディーデザインが大きく変わったことに驚かされる。これまでより曲線を活かしたフォルムは、パソコンやAV機器など他のソニー製品とデザインテイストが近くなったようにも感じられる。今回、3機種の中間に位置するα330をメーンにレビューする。(大浦タケシ)

 3機種の大きな違いは、(1)CMOSセンサーの有効画素数、(2)液晶モニターのライブビュー機能と液晶の角度を調整するバリアングル機能の有無――の2点だ。α230は有効1020万画素、光学ファインダーのみで固定式の液晶モニター、α330は同じく有効1020万画素であるもののライブビュー機能とバリアングル液晶モニターを搭載、α380は有効1420万画素でライブビュー機能とバリアングル液晶モニターとなる。

 特筆すべき点は、デジタル一眼レフのモデルチェンジでは必ずといってよいほど変更になる画素数などの基本的な性能が先代と同じであることだろう(イメージセンサーや映像エンジン「BIONZ」のチューニングはわずかに手が入っている)。大きく変わったフォルムから、今回のリニューアルはボディーデザインの変更が主眼といって差し支えなく、従来のデジタル一眼レフにはないパターンといってよい。

■「コニカミノルタ」から脱却

 その注目のボディーデザインは、コニカミノルタ時代のテイストとの決別といってよいほど変わった。カメラ上部の軍艦部は長円状で、これまでと一変している。しかも、α330とα380はこの部分のカラーのみがダークメタリックで、違いが一層際立つ(α230はブラック)。シャッターボタンはグリップ上ではなく、この軍艦部上に配置している。電源のON・OFFはシャッターボタン周囲のリングで操作するが、これもこれまでのαシリーズにないものである。

 軍艦部からつながるグリップもこれまでにない独特の形状だ。見た目はシンプルでスマート。カメラを持った感じは、光学ファインダー使用時はホールド感にやや心もとなさを感じるが、ライブビューでは意外と持ちやすい。α330とα380はライブビューの使用に重きを置いたカメラゆえに、この形状となったのだろう。ちなみにグリップ部などの「しぼ」の文様はα330だけ異なる。

 背面に眼を移すと、コニカミノルタあるいはミノルタ時代から電源ON・OFFボタンが配置されていた液晶モニター左上にMENUボタンが設置されている。十字キーを中心に集約されたボタンレイアウトは、初めてデジタル一眼レフを使うユーザーを意識してか、どことなくコンパクト機のイメージに近い。これもこれまでのαシリーズにはない試みだ。これまでソニーのデジタル一眼レフは、上位機も含めてコニカミノルタのテイストを色濃く残したボディーデザインであったことは否めない。このα230、α330、α380はようやくそれから脱却したといえる。

テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】
(日経新聞に帰属)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。