デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『3D』

ここ数年のエレクトロニクスの展示会で、必ず行列ができているのは「3Dテレビ」です。
昔の3Dと比較するとテクノロジーの進歩には感心していたものです。
特に、映画「アバター」のヒットは、3Dの魅力を高め・広めたと思います。

2月9日には、パナソニックが3Dビエラを4月23日に国内発売すると発表しました。
「世界初のフルハイビジョン3D対応プラズマテレビ」でサイズは50型、54型の2機種でオープンプライスですが、当初の店頭想定販売価格は43万円前後と53万円前後、3D対応価格は7万円プラスという想定のようです。
3Dの付加価値をどのくらいと見るかは個人差があるでしょうが、価格は比較的抑えられているので量販店に並ぶと人気商品となると思います。

リビングで家族全員がサングラスのようなメガネをかけてTVを見ているのって、ちょっと違和感じますが。。。

パナソニックは他のサイズの3D対応テレビを展開する予定ですが、3DTVには50型以上が必要です。
パナソニックの3DTV発売で、家電メーカー大手の市場への参入が続き3DTV競争が始まりそうです。

■3Dの仕組み
3DTVは、現在のところ専用のメガネをかけて見るものが中心となっています。
ビエラの3DTVには、3D視聴メガネが1個だけついてくるそうです。
追加のメガネは1万円前後(想定実売価格)します。
「アクティブシャッターグラス」といって、メガネの右と左にシャッターがついていて高速で開閉する仕組みとなっているので1万円前後してしまいます。

立体感のある3D映像が何故見ることができるのか?
それは、左と右の目には間隔があり、左右の目は異なった角度(視差)でものを見ることになります。
右目と左目からの異なった画像を合成することで立体感や奥行きを表現するもので、この仕組みを映像撮影時に利用し、右目用、左目用の2つのレンズを利用し画像を撮影したのが3D映像です。
昔は、左右が青と赤のレンズで色による画像のコントロールや、左右で見る角度の異なるメガネを利用したりしていました。
いずれも、この「両眼視差」を利用したのですが、自然な3D映像とするために、右目と左目用の映像を高速で切り替えてテレビに表示、それに赤外線などでリンクした左右のメガネが高速で開閉(液晶アクティブシャッター)し、左右の映像を交互に見るという技術が使われています。

その為、3DTVの映像はプラズマでは…
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。