デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『ボックス相場への対応』
(難易度 ★★☆☆☆)

軟調な相場展開の中、相場見通しが不透明というようなコメントを耳にする機会が増えています。そこで、今回はそんな時の投資法を考えてみましょう。

■シナリオ1)ボックス相場続く
いつか見たような日本株だけ出遅れているような状況がしばらく続き、日本株全体の相場水準にあまり大きな変化がないと考えるなら、「下がったらコール買い+プット(利食い)売り、上がったらプット買い+コール(利食い)売り」という短期逆張り戦略が有効と考えられます。実際の、このところのeワラントの取引は日経平均コールや同プットを用いた短期逆張り戦略が増えているので、同様の相場観を持つ方が増えているのかもしれません。また、数週間~数ヶ月相場があまり動かないと予想する場合には、現在の日経平均に近いピン価格を持つ日経平均ニアピンeワラントを数銘柄連続して購入するという手法もあります。ともに数万円程度から投資を行うことができます。

■シナリオ2)意外な急展開
多くの市場参加者が手詰まり感を抱いている状況では、一旦何かのイベントやニュース等で一方向に大きく動き出すと、その程度が大きくなることがあります。数週間程度で意外に早く相場が動き出すと思えば、同じ権利行使価格を持つ日経平均コールと日経平均プットの両建てという手法があります。ただし、相場が動かないまま時間が経過すると損失を蒙る可能性が高くなるので、できるだけ満期が長いeワラントを用いて、中途売却することも一案です。

一方、1ヶ月程度の間に、方向は予想できないが、相場が急激に動くだろうという予想もありえます。この場合…続きはこちら
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。