デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『最悪のシナリオに備えるには』
(難易度 ★☆☆☆☆)

■最悪のシナリオはありえない訳ではない
楽観的に相場に臨むことは精神衛生上良いことかもしれません。しかしながら、この1年での出来事のように、「ありえない」と多くの方が思い込んでいたことが起こった場合の市場へのインパクトは非常に大きなものがあります。

そこで、現時点で可能性は低いかもしれないものの、あるかもしれない「最悪のシナリオ」を考えてみました(全くの私見で、すべてを網羅したものではありません)。

・アメリカや欧州が過去の日本と同じように失われた10年を経験する
・中国経済が失速して、政治的な混乱が生じる
・某国から核兵器がテロリストの手に渡ったとの報道が流れる
・日本の新政権の改革が頓挫し、財政破綻・円暴落がおきる
・日本近海の某国で大国どうしの軍事衝突が起こり、日本も巻き込まれる
・大規模な金融モラトリアムの実施などにより、金融業界に混乱が生じ、資金が外国に逃避する

■最大の問題は思考停止
「ありそうもない」「当事者の損得を考えれば考えられない」「そんな法案は成立しないだろう」などと、希望的な観測を持つことは、実際に起こったときには全く役に立ちません。ありがちな対応は「大変だ!」と思っているうちに何もできないで時間を浪費してしまうこと、つまり「思考停止」であり、これが投資判断の最大の障害になると思われます。

■最悪の投資シナリオに備えておくべきもの
そうはいっても、生身の人間である以上、驚いた時に冷静な判断ができる方は稀有な存在といえます。これは投資経験が長く、場数を踏めばあるていど解消されますが、基本的にプロでもアマでも同じだと思われます。

そこで、以下の様な事前の準備が極めて有効と個人的には考えています…続きはこちら
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。