デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『お金の値段と供給量』
(難易度 ★★★☆☆)

■お金にも値段がある
「お金の値段」と聞いて多くの方がまず思い浮かべるのは外国為替レートかもしれません。自国通貨の価値が下がれば交換できる外貨の量が減り、輸入品の物価が上がるので実感しやすい指標といえます(この意味では自国通貨高は必ずしも“悪い”とは言えませんし、歴史的に見れば自国通貨暴落よりはるかに良いと考えられます)。

一方、金融業界や財務・経理担当の方なら、お金の値段といえば「金利」と答えるのではないでしょうか?金利が高くなれば資金調達がしにくくなるのでお金の値段は「高い」といえ、金利が低くなれば資金調達がしやすくなるのでお金の値段は「低い」と考える訳です。

■お金の値段・供給量と株価
昨年、世界同時バブル崩壊の対策として、各国政府がお金の値段である金利を極端に下げるのと同時に、お金の供給量を増やしてお金をじゃぶじゃぶ(あくまでイメージです)にして市場を支えようとしてきました。それが功を奏したためか金融パニックは収まり、株式、コモディティ、資源国通貨などの価格は大きく戻してきています。

では、いつまでもお金をじゃぶじゃぶ供給するかというと、そうではなく、当然終わりがあります。日本の過去のケースの場合…続きはこちら

eワラントに関する情報はこちら

eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントに関する注意
eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントの手数料及びリスクについて、必ずこちらをご確認ください。
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。