デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

広角25mmからの光学5倍ズームレンズ搭載で、薄さ21.5mmのスリムなボディを実現したコンパクトデジタルカメラ。登録した人の顔のデータを基に撮影時にその人の顔を見つけ、優先的にピントと露出を自動で合わせる「個人認識」機能や、動体追尾AF/AE、暗部補正に加え全自動逆光補正で進化した「おまかせiAモード」を搭載するほか、「ズームマクロ」機能により、光学ズーム近接限界(広角端)から、さらに3倍のデジタルズームで迫力のあるマクロ撮影が可能です。

パナソニック 発売日:2009年2月20日 LUMIX ルミックス コンパクトデジタルカメラ[DMC-FX40] 価格比較

人物を美しくキレイに撮れるルミックスに、また頼りになる機能が加わりました。FX40は、家族や子ども、友だちなどカメラに登録された顔を判別し、見つけて、自動的にピントと明るさを合わせます。カメラを向けたとき、たとえ他に人が写っていたとしても、登録してある顔を認識。認識した人の顔を優先して、ピントと明るさを合わせてキレイに撮れます。
個人認識が役立つのはこんなシーン。観光地の人ごみの中での記念撮影も、大切な人にピントがぴたり。イベントの入場行進や団体演技など手前に他の人がいても、奥の撮りたい大切な人の顔を認識。
横並びの集合写真の端にいても、ピントは真ん中ではなく、大切な人に優先して合います。カメラが自分の撮りたい大切な人を分かってくれている、それほど心強いことはありません。個人認識したら、あとはズームしたり、構図を変えたり、いい表情を待ったり、自分の撮りたいタイミングでシャッターボタンを押すだけ。大切な人の表情をしっかりとらえた、美しい写真が残せます。

●個人認識機能は全ての環境下での動作を保証するものではありません。登録した顔に近い顔を見つけますので、表情や環境によっては正しく認識されない場合があります。特に親子や兄弟姉妹で顔の特徴が似ている場合は正しく認識されない場合があります。

動く被写体を追いかけて、ピントも明るさもぴったり

ペットや子供を撮るのは、なかなかピントが合わず難しいものです。しかし、「追っかけフォーカス」搭載のFX40なら、撮りたいものを逃すことなくキレイに撮れます。被写体が止まっている時にロックしておけば、被写体が動いてもそのまま追い続け、ピントと明るさを最適設定に。あとは撮りたい瞬間を待つだけ。決定的瞬間も、あわてず撮影できます。

撮影環境の明るさと被写体の動きを見つけて、最適な感度とシャッタースピードに自動で設定する「動き認識」。薄暗い室内や夕景でもフラッシュを使わずに、美しくシャープな画質が得られる「光学式手ブレ補正」。さらに夜景などで感度をアップしてもキレイな画像が残せる「高感度モード」。3つの技術で、ルミックスはブレもノイズも抑えた美しい写真が撮影できます。

◎15000円以上で送料無料!★☆数量限定!お買得セットも必見!ページ内おすすめバナーをチェッ...

販売店舗:e-medama


【即納】【SDカード2GB付き!】【セット】PanasonicLUMIX DMC-FX40-S / プレシャスシルバー【PC...

販売店舗:J-pre













■家電製品市場

液晶/プラズマテレビ市場DVD/HDDレコーダー市場デジタルカメラ(一眼レフ)市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ新製品市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場パソコン・周辺機器/パーツ市場パソコンアクセサリー市場パソコンソフトウェア市場オフィス・サプライ用品市場


【楽天市場へ戻る】

【別サイト案内】

【トップページへ】
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。