デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『長期ドル安もいろいろ?』
(難易度 ★★☆☆☆)

米国の財政赤字の拡大やBRICs諸国の台頭によって、米ドルの基軸通貨としての地位が弱まりつつあるのではないかという見方が増えているように思われます。仮にこの前提に立つのであれば、長期的に米ドル安のトレンドにあると考えてもよいかもしれません。
しかしながら、米国経済も万全ではないのですが、長期見通しに関しては財政赤字、少子高齢化、相対的な国力の低下、地方の疲弊等から日本経済の先行きも現状では明るいとはいえません。このため、「米ドル安」といってもどの通貨に対して米ドルが下落するのかと考えた場合、以下のようなものを含めいくつかのシナリオが想定できます。

■シナリオ1)円・米ドル・ユーロが同時下落
為替相場は相対的なものなので、2006年頃から2007年にかけてのように米ドルと円だけ他主要通貨に対して下落することも、2008年秋のように円だけすべての通貨に対して急騰するような状況もありえます。

現時点では米国経済も欧州経済もバブル崩壊でかなり傷んでいて、同時に輸出依存体質の日本経済も立ち直りに時間がかかるという見方もあります。そうであれば米ドル、ユーロ、円の主要三通貨が他通貨に対して下落するといった可能性もないとはいえません。この時、日本円から見れば、豪ドルや人民元に対しては大幅に下落していても、米ドルとユーロの対円相場はあまり大きく変動していないことになるでしょう。

このシナリオを想定するのであれば、豪ドル、カナダドルといった資源国通貨や中国株・インド株・ロシア株などに投資して間接的に新興国通貨に投資するといった手法が考えられます。また、米ドル建てで表示されることが多いコモディティ価格も上昇基調になる可能性があるため、トラッカーeワラントなどで原油・金・プラチナ相場に投資することも有効と思われます。

■シナリオ2)円高米ドル安
一般に、不動産バブルが崩壊した場合は、株式バブル崩壊に限定されている時よりも影響が広範囲に及ぶため回復に時間がかかることが多いと考えられています。米国経済が“失われた15年”の日本に近い状況にあると考えるのであれば、米国経済が2番底をつけに行く可能性が残り、その場合には一時的に大幅な円高に振れることも考えられます。

このシナリオを想定するのであれば…続きはこちら

eワラントに関する情報はこちら
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。