デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

『子供の教育資金』

子供の将来像について考えたことはありますか?
どこでどのような教育を受けるかによって教育費用が異なるため、早い段階から将来発生するであろう教育費用を把握しておき、それに合わせて貯蓄していく必要があります。

文部科学省の「平成20年度学校基本調査速報」によると高等学校等進学率(通信制課程を含む)は97.8%で過去最高、大学進学率(現役)は52.9%と年々上昇し、過去最高になりました。
特に大学進学率は上昇傾向にあるので、これから子供の教育費について検討する人は、大学進学までの費用を考慮しておいたほうが良いでしょう。

では、実際に教育費は子供一人あたりいくら必要なのでしょう?

国民生活金融公庫総合研究所の「教育負担の実態調査結果」(平成19年10月11日)

子供が義務教育のうちは、通常、毎月の家計でまかなっていくのが基本です。
しかし、子供が高校在学中は授業料のみで年間100万円、大学在学中は年間149万円が必要ですから、この金額から、毎月の家計でまかなえない部分をあらかじめ貯蓄しておく必要があります。

必要な貯蓄額は、将来の子供の進路によって大きくかわってきますが、最低300万円程度が必要とも言われています。



■教育資金を貯蓄するためのポイントをまとめると…
1.子供が生まれた瞬間から、貯蓄を始める!
2.子供にどんな教育を受けさせたいかを決める!(例:私立か公立)
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。