デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

「もしすべての投資家がインデックス投資を行ったら?」
(難易度 ★★★★☆)


「個別株投資ほどには時間と労力がかからず、平均すれば良い投資成果を狙えるのは株価指数(インデックス)への投資」というコメントを耳にすることがあります。
確かに過去の統計データを見るとそのように主張できる側面もあると思われますが、今回はちょっと極端ながら、すべての投資家がインデックス投資を行う状況を想像してみましょう。


■日経平均へのインデックス投資だけの状況を想像するなら
国内株式の場合、日経平均とTOPIXが投資手段も豊富なので、インデックス投資の対象としては現実的だと思います。そこで、まず日経平均の場合を考えてみましょう。

まず、すべての投資家は、日経平均株価指数先物、日経平均ETF、日経平均連動投信、日経平均eワラントやその他の日経平均を対象としたデリバティブ(日経平均連動債を含む)にしか投資しないものとします。そうなると、結果的に日経平均に採用されている225銘柄以外は誰も買わないことになるので、日経平均採用銘柄の取引しか成立しない状況になるでしょう。この極端な状況では、どんなに業績が良い企業の株式でも日経平均に採用されていなければ値段がつかず、採用された途端に価格が跳ね上がるといういびつな状況が想像されます。

この時、日経平均に採用されていない株式は極端に安い価格で購入できる可能性があります。そうなれば、本来の株式の価値に比べて安く購入でき、配当利回り、企業の解散価値や経営権の支配価値などから天文学的に高いリターンを得ることができる状況が出現します。すると、この状況に気が付いたあまのじゃく投資家がいずれ登場し、すべての投資家が日経平均だけで運用するという前提が崩れていくことになります。


■TOPIXへのインデックス投資だけの状況を想像するなら
時価総額加重平均の株価指数であるTOPIXは、多くの投資信託や機関投資家の運用のベンチマークに使われることが多いインデックスです。また、時価総額が大きい企業の株式の割合が必然的に高くなるため、国内株式への投資金額が大きい投資主体の多くはポートフォリオが取引先などに偏っている場合を除いて、実質的にTOPIX連動のインデックス投資をしているといえるかもしれません。

それでは、個人投資家を含めすべての投資家がTOPIXでのインデックス投資をする極端な状況を想定してみましょう。その架空の状況下では、まず東証一部のTOPIX対象株式以外は買い手がつかず、取引されなくなります。また、この状況では、すべての投資家が…続きはこちら

eワラントに関する情報はこちら

eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントに関する注意
eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントの手数料及びリスクについて、必ずこちらをご確認ください。
スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。