デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

「ファンダメンタルズVSテクニカル」
(難易度 ★★☆☆☆)

最近は議論がめっきり少なくなった気がするのですが、ちょっと前までは投資手法に関して“ファンダメンタルズ分析派”と“テクニカル分析派”が存在し、ともに相手方の手法は役に立たないと主張していた時期があったように思えます。

■財務分析とチャート分析のどっちが役に立つ?

ファンダメンタルズ分析とはマクロ経済のトレンド、各種ニュース、財務諸表などから株式の本来の「価値」を探り、それが市場の価格と異なっていることに投資機会を見つけるというものです。
平たく言うと、割安(割高)な株式が市場に存在し、市場参加者の多くはそれに気が付かない(あるいは気付くまでに時間がかかる)という前提を持っている手法といえます。
私見ながら、論理的な説明がつきやすいこともあって、長期資金を預かって運用する立場にある組織や個別株を専門に分析する職業アナリストにこのスタンスを取る方が多かったように思われます。
なお、ファンダメンタルズ分析に対しては「公開情報から超過収益を得ることはできないはず」、「結果的にインデックス投資の方が効果的なことも少なくない」というような批判があります。

一方、テクニカル分析は、値動きのパターンや出来高などを経験や統計に基づいて分析し、将来の値動きを予測しようというものです。平たく言うとチャート分析といっても良いでしょう。
本来は短期分析に限ったものではないのですが、一般にプロ・アマを問わず短期投資を行う際の拠り所として利用されていることが多かったと思われます。テクニカル分析の前提は…続きはこちら

スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。