デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

<Widows 7(RC)版>

ご存知の方も多いかも知れませんが、マイクロソフトは今月初めWindows Vistaの後継OS(パソコン用基本ソフト)となるWindows7のRC版(Released Candidate)を発表しました。写真は早速それをダウンロードし、パソコンのいろんなテストを行うのに使う予備機にインストールした画面写真です。

RC版(Released Candidate)とは、正規の販売ソフトとする前に、通常は“ベータ版のテスト”といわれる次の段階として行われるテストプロセスで、要はパソコンやその周辺技術の進歩などに興味や造詣の深い人たちに“お試し”で使ってもらい、バグ(プログラム上のエラー)を潰していこうというプロセスです。なので、当然にして製品としての保証はありませんし、不具合が出たり平気でします。無料なので当然といえば当然ですよね。



<インストールしてみて解ったこと>

ただ、今回のWidndows7のRC版はWindows Vistaの時のそれに比べて製品版にかなり近いのかなという印象を受けました。インストールする段階から、その後の感じまでVistaの時に感じたマニアックなイメージ、テスト版だなという印象がありません。Vistaの時はDVDが配布されたのに比べて、今回はインターネットからダウンロードし、それを特殊なソフトでDVDに焼き付けてインストールDVDを作るためひと手間がかかりますが、そこから先は極めて順調です。

こうしたことから解ることは二つ。まずかなり高い精度で製品版に近い印象を受けるということは、Vistaの時のように土壇場で発売スケジュールが何度も遅れるようなことはないだろうということ。そして画面映像からもお分かりいただけるかもしれませんが、大きな変化はあまりなさそうだということ、この二つです。実際、タスクバー上のアイコン表示ぐらいしかVISTAとの違いはなかなか感じられません。さすがにXPとだとだいぶ違った印象を持ちますが。

<Widows7のためにパソコンを買い替える理由は見当たらない>

Windows Vista以前のXPやWindows2000などを利用されている場合はともかくとして、正直申し上げてVistaを利用している人が、Windows7に乗り換えるがためにパソコンを新しく買い替えるべきだという合理的な理由は、残念ながらRC版をインストールしたパソコンをいじくり回している限りは感じられません。

パソコンの専門誌などには「軽くなった」というようなコメントが載っていたりもしますが、そんなに劇的に立ち上がりが早くなったわけではありません。ユーザーが求める本当の早さとは、やはり普通の家電品のようにスイッチを入れたらパッと立ち上がるレベルであり、1分の起動時間が45秒になったところで、だから何?というのが本当のところではないでしょうか。

各ウィンドウが半透明であるとか、アイコンのイメージがより直観的にも解り易いものになったなどいう見方もできるのかもしれませんが、前回お話ししたようなWindowsの過去の世代交代の時のような、インパクトのある新しいユーザー・エクスペリエンスはありませんでした。

<ソフトを“買う”という時代が終わりつつある>

マイクロソフトがインターネットのブラウザ・ソフトであるIE(Internet Explorer)を、その高いシェアからの独占的優位性を利用して抱き合わせ販売をしていると、欧州委員会などから独禁法違反で訴えられたというのは記憶に古くはない話ですが、少なくとも今同じことをしようとしても、恐らく消費者からそっぽを向かれて終わるだろうと思います。

たとえば、その証明になるとも言えるのがMozilla Firefoxなどの新しいWebブラウザの浸透度合いです。私も自宅のパソコンではOSはVistaですが、WebブラウザはIEではなくこのFirefoxを利用しています。その最大の理由は“早い”ということ。もちろん、ダウンロードは無料で、誰でもすぐに使えます。アドインのソフトがこれまたたくさんネット上に存在しており、自分好みのWebブラウザにカスタマイズすることも容易です。

<Linuxの時代からはじまっている>

マイクロソフトのWindowsが、とりわけWindows95以降のOSが我々をパソコンにとりつかせ、そしてインターネットを身近な存在としてくれ、結果として世界が変わりました。しかし、そのインターネットが結果としてはそのマイクロソフト自身のビジネスモデルを崩壊させる役を担うとしたら、これは何とも皮肉な話です。

つまり、誰でもインターネットにアクセスでき、そして使う時代になったからこそ、機器を含めてこの世界は一気にブレークしました。誰もがネットを通じて「繋がる」ようになりました。その結果として、Linux登場のストーリーも同じですが、世界中の有志の人たちが、ボランタリーにプログラム・コードを書いて無料のソフトウェアを作り上げるような今日の時代が始まってしまったということです。ソフトウェアではないですが、今やかつての百科事典のように使われるWikipediaなどもある意味同じ発想で作られ、使われています。こうした流れはもう誰にも止められないでしょう。

<Officeでさえも無料なソフトがある>

今や仕事でマイクロソフトのOfficeは必需品となっています。この原稿はWordで書いていますし、ファンドマネジャーが自分のポジションを管理するのに使うのはEXCELにBloombergなどの時価情報を取り入れた独自のシステムを使う人が多く、企画書やプレゼンテーションにはPower Pointは欠かせません。

しかし一方で、マイクロソフトのOfficeと互換性のあるソフトが無料で手に入るというのも事実です。「OpenOffice.org」というのがそれですが、もともとは近頃オラクルとの経営統合を発表したサン・マイクロシステムズが始めたものです。そうJavaの故郷です。

<パソコンはなくならない>

今月12日、インテルのCEOであるポール・オッテリーニ氏はカンファレンスの席上、”There is no recession in the growth of the Internet.”と発言されました。「市場が考えているほど状況は悪くない」とも言っています。つまり、かつてマイクロソフトと併せてウィンテルとまで言われた勢力の相棒の勢いはまだ衰えていないということです。ただ残念ながら、高価なパソコンに、高価なソフトを個々に搭載する、そして次から次へと高性能化していく機能に合わせてハードもソフトも買い替えていくというビジネスモデルは終わった可能性の方が高いのでしょう。

ならばこの先はどうなるのか? 90年代後半にシリコンバレーを訪ねた時から明らかだったのは、アンチ・マイクロソフトであり、アンチ・ビル・ゲイツの気風です。その先頭を切っていたのが、サン・マイクロシステムズであり、オラクルです。その彼らの想いが今、やっと花開きだしたのかも知れません。

次回はその辺りをもう少し掘り下げてみたいと思います。

スポンサーサイト

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。