デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 マランツ コンシューマー マーケティングは、「ピュアベーシックシリーズ」の新製品として、ステレオプリメインアンプ「PM5004」と、CDプレーヤー「CD5004」を7月中旬より発売する。価格はいずれも35,000円。








 両機種とも、上位モデル「プレミアムシリーズ」の思想を継承した「M1」デザインを採用。また、パーツのグレードアップなど徹底したチューニングにより、音質を向上させたとしている。本体カラーはブラックとシルバーゴールドの2色を用意する。






■ PM5004




 定格出力40W×2ch(8Ω)、最大出力55W×2ch(4Ω)のプリメインアンプ。プリアンプとパワーアンプは、従来モデル同様に高速な電流帰還型増幅回路を採用。プレーヤーなどからの信号を忠実に増幅し、自然な音場空間を再現するという。





 プリアンプ、パワーアンプとトーンコントロールは独立構成。SN比やチャンネルセパレーション向上を図るため、インプットバッファ回路を搭載した。MMカートリッジ対応のフォノイコライザも備えており、レコードプレーヤーの接続も可能。SN比はフォノ接続時83dB、ライン入力時103dB。






 トーン回路をバイパスするソースダイレクト機能も装備。そのほか、小音量時に不足する低域/高域を補正する「ラウドネス機能」も備える。入力端子は、アナログ音声×5(RCA、レコーダ入力×2含む)とフォノ×1。アナログ音声出力(レコーダ出力)×2やヘッドフォン出力を備えている。リモートコントロール端子(RC-5)も装備。スピーカーターミナルは2系統備えており、バイワイヤ接続に対応する。







 消費電力は110W。外形寸法は440×370×105mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.7kg。PM5004のほかに同社CDプレーヤーなどの操作も可能なリモコン「RC003PM」が付属する。







■ CD5004




 アナログ回路に、フラッグシップモデル「SA-7S1」にも採用される「HDAM-SA2」を高速バッファアンプとして搭載したCDプレーヤー。左右対称に配置したオーディオ回路から、よりクリアなサウンドが得られ、チャンネルセパレーションにも優れるという。







 筐体の内部には左側に電源回路とコントロール系、右側にデジタル/アナログオーディオ回路を配置。伝送ロスを避けるため、シンプルかつできるだけ線路長が短くなるよう回路設計を行なったという。






 CDドライブはセンターローディング式。高精度な読み取りを実現するオーディオ専用メカモジュールを搭載する。トレイ前面には、伝統のデザイン・アイデンティティであるスターマークを配している。






 音楽CDに加え、MP3/WMAを記録したCD-R/RWディスクの再生にも対応。MP3は32~320kbps、WMAは64~160kbpsのファイルに対応する。±12d段階で調節可能なピッチコントロール機能も備える。再生周波数帯域は2Hz~20kHz、ダイナミックレンジは100dB、SN比は110dB。







 オーディオDACはシーラスロジックのCS4392を搭載、ヘッドフォン回路は従来の構成を継承しつつ、ハイスピード/ローノイズなオペアンプの出力に高速電流バッファを付加。高級ヘッドフォンの実力を引き出せるとしている。






 より純粋な音楽再生のために2種類の「Audio EXモード」も装備。ピッチコントロールやデジタル出力、ディスプレイを停止させることでノイズを減少させ、見通しの良い空間表現を可能とする。






 出力端子はアナログ音声(RCA)と、光デジタル、同軸デジタルとヘッドフォン(標準ジャック)を各1系統装備。アナログ出力端子には金メッキ処理を施している。マランツ製品連携用のリモートコントロール端子(RC-5)も備えている。






 消費電力は14W(待機時0.4W)。停止状態が30分間続くと自動でスタンバイ状態になる機能も装備(出荷時はOFF)。外形寸法は440×339.5×104.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.1kg。同社アンプの操作も可能なリモコン「RC002CD」が付属する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

スポンサーサイト
 マスプロ電工は、地上/BS/110度CSデジタルチューナ「DT70」を7月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は14,000円~15,000円程度の見込み。










 地上/BS/110度CSデジタルに対応した単体チューナ。出力はD4×1、コンポジット×1、アナログ音声(RCA)×1を備えている。字幕放送に対応し、24時間分の表示のみ可能な簡易EPGが利用できるが、データ放送や双方向サービスには非対応。





 電源を内蔵しながら、同社のハイスペックモデルである「DT35」と比べ、約30%の小型化を実現。消費電力は6.6W、待機時は0.5W以下で、DT35と比べて約44%の低消費電力化も実現している。





 表示機能として、4:3のテレビに地上デジタル放送を表示した際に、映像の周りが黒く縁取られた状態をなくし、フル画面表示を行なうズーム(画面拡大)機能が使用可能。





 付属のリモコンは、18のテレビーメーカーの製品も操作可能。テレビ操作部とチューナ操作部でボタンを色分けし、見やすいデザインになっている。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 プラネックスコミュニケーションズは、ワイヤレスHDMIキット「HDMI-WKIT」を7月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は73,500円前後。




【送料無料】ワイヤレスHDMIキット(HDMI-WKIT)

【送料無料】ワイヤレスHDMIキット(HDMI-WKIT)

価格:60,776円(税込、送料込)





 HDMI端子を備えた受信機と送信機で構成するワイヤレスキット。Blu-ray Discレコーダやゲーム機などHDMIを備えた機器のフルHD映像と音声をワイヤレスで伝送し、テレビなどに出力できる。60GHz帯の無線技術を使用し、通信距離は最大10m。通信速度は最大4Gbps。DTCPの著作権保護もサポートする。







 HDMIのバージョンは1.3。映像は1080pまで対応する。音声の対応フォーマットはリニアPCM/ドルビーデジタル/DTSで、サンプリング周波数はリニアPCMが最大192kHz(2ch時。8chでは96kHzまで)、ドルビーデジタル/DTSは48kHzまでサポートする。






 受信機/送信機の外形寸法と重量は共通で、42.5×190×95mm(幅×奥行き×高さ)、約335g。電源はACアダプタを使用し、消費電力は最大13.32W。HDMIケーブル2本や、赤外線リモコンが付属する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニースタイル・ジャパンは、直販サイトのソニースタイルにおいて、ウォークマンSシリーズ向けに、「トイ・ストーリー3」のキャラクター刻印サービスを6月25日より開始した。










ウォークマンS購入時に無料でサービスを受けられる。なお、同様のサービスとして、ミッキー&ミニーマウスのデザイン刻印が3月より開始されており、今回は第2弾となる。






 また、今回の刻印サービスとの組み合わせを想定したクリアケース「CC-DW-TS3」も同日より数量限定で発売する。価格は1,680円。クリアケース単体でも購入できる。








 刻印サービスの対象となるのは、ウォークマンSのNW-S740/S740K/S640/S640K(8~32GB、11,800円~16,800円)。デザインは、トイ・ストーリー3のキャラクターから「ウッディ&バズ・ライトイヤー」、「ロッツォ・ハグベア」、「エイリアン」の3種類から選択。Sシリーズ購入時に「ディズニーキャラクター デザイン刻印」を選ぶことでサービスが受けられる。







 また、直営店のソニーストア銀座・名古屋・大阪では同日より、Sシリーズ購入時にその場で刻印、受け取りが可能となる。ソニーストアに在庫がない場合は、店頭でソニースタイルのサイトから注文でき、後日配送される。







 同日より発売されるクリアケースは、ウォークマンS(上記対象機種と同じ)に装着できるもので、背面に、おもちゃ箱からトイ・ストーリーのキャラクターが飛び出したようなデザインを採用。刻印サービスと組み合わせると、本体の刻印とケースの絵柄が一体となるようにデザインされている。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 AHSは、独MAGIX開発のWindows用ビデオ編集ソフト「Movie Pro」を8月6日より発売する。









価格は15,540円で、乗り換え版は10,290円、アカデミック版が9,800円。ダウンロード版は11,800円。対応OSはWindows XP/Vista/7で、Windows 7の64bit版にも対応する。







 マルチコアCPUに最適化したエンジンを搭載し、AVCHDのネイティブ編集にも対応。編集モードはシーンオーバー/ストーリーボード/タイムラインの3種類を選択可能となっている。







 ビデオモニターやメディアプール、トラックパネルなどを自由に配置可能な「フレキシブルインターフェイス」を採用。マルチディスプレイ利用時に、1つにビデオ映像を、もう1つのディスプレイにトラックパネルを表示するなどの柔軟な表示が行なえる。






 編集用トラックは最大99までの映像、音声、タイトルなどを利用可能。357種類のエフェクトや、330種類のトランジションなども備えている。出発地と到着との地名を入力して検索し、ルートアニメーションを作成できる「トラベルアニメーション」機能も搭載している。





 2つのファイルを同じ時間軸で再生し、表示を切り替えながら1本の映像を作成できる「2カメラ編集」機能も搭載。同じ曲を歌っている2人の人物などの映像編集をワンクリックで切替ながら行なえるという。クロマキー機能やクロマキー用アルファチャンネル作成機能も搭載。素材とスタイルを指定するだけで自動的にショートムービーを作成する「ムービーショーメーカー」も備えている。






 手振れ補正機能も搭載、ドルビーデジタル5.1ch音声にも対応する。Blu-ray DiscやDVDビデオのオーサリング/ライティング機能も搭載。iPhone/iPad/iPod用MPEG-4作成機能やYouTubeアップロード機能も備えている。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 映画「月に囚われた男」がBlu-ray/DVD化される。発売日は8月11日。価格はBD版が4,980円、DVD版が3,990円。発売・販売はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント。








 特典とBD/DVDのどちらにも、「『月に囚われた男』ができるまで」、「ヒューストン宇宙センターでの質疑応答」、「サンダンス映画祭での質疑応答」、予告編集を収録。BD版にはさらに、ショートフィルム“WHISTLE” by ダンカン・ジョーンズ監督や、「視覚効果について」も収録。BD-Liveにも対応している。






 デヴィッド・ボウイの実息ダンカン・ジョーンズが、低予算とわずか33日という撮影期間で創り上げた映画で、2009年12月にBIFA(ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード)で作品賞と新人監督賞を受賞した。







 舞台は近未来。地球の資源は底をついた。宇宙飛行士のサムはエネルギー源を月より地球へ送るために、ルナー・インダストリーズ社よりたった一人で派遣されていた。月での生活は、毎日決まった時間に起き、ランニングマシーンに乗り、ヘリウム3を採掘するだけの日々。








話し相手はコンピューターのガーティだけ。3年という契約期間を淡々とこなし、やっと、地球に戻れる日が2週間後に迫っていたのだが……。








 月面基地という限られた空間でストーリーが展開していく密室劇シチュエーションと、そこで描かれる人物描写が見所。サム・ロックウエルが1人3役に挑戦している。また、「2001年宇宙の旅」や「サイレント・ランニング」、「アウトランド」などのSF映画の名作へのオマージュ要素もふんだんに盛り込んでいる。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 アニメ映画「劇場版“文学少女”」が8月27日にBlu-ray/DVDビデオ化される。DVD版には初回限定版とスタンダード版の2種類を用意する。価格はBD版が10,290円、DVD初回限定版が8,190円、DVDスタンダード版が6,090円。発売元はエンターブレイン。販売元はポニーキャニオン。





劇場版“文学少女” スタンダード版 【DVD】

劇場版“文学少女” スタンダード版 【DVD】

価格:4,811円(税込、送料別)






 初回限定版には特典として、書き下ろしの短編小説(44ページ)や、原作描き下ろしアウターボックス(原作描き下ろし&劇場ポスタービジュアル Reデザイン・デジパック)、12ページのスペシャルブックレットなどが同梱される。スタンダード版のジャケットは劇場ポスタービジュアル Reデザイン・ジャケットとなる。





 特典映像は、遠子役の声優・花澤香菜がナビゲーターを担当した「“文学少女”の宮沢賢治探訪」、劇場版告知トレーラー、朗読会や初日舞台挨拶などのイベント映像など。声優や監督、脚本スタッフらが参加するオーディオコメンタリも収録する。





--------------------------------------------------------------------------------





 5月1日から順次全国公開されている劇場用アニメ。ファミ通文庫から発売されているライトノベル「文学少女」シリーズを原作としており、ベースストーリーは5巻の「“文学少女”と慟哭の巡礼者(パルミエーレ)」が採用されている。アニメ制作はProduction I.Gが担当。






 主人公は高校に入学したばかりの井上心葉。過去に経験した事件の痛手から、トラウマを抱えている少年だ。そんな心葉はある日、大きな木蓮の木の下で本を読んでいる女生徒を見つける。その光景に見とれていると、少女は何と本のページを破り、食べ始める。驚く心葉を、その少女・遠子は「今日からきみは文芸部に入りなさい」と強引に入部させてしまう。






 遠子に振り回されながらも、彼女の明るさや強引さに徐々に癒されていく心葉。そんな日常が2年近く続いたある日、心葉はトラウマの原因となった少女・朝倉美羽と再会する……。





--------------------------------------------------------------------------------





 劇場版は主人公・心葉の視点で語られる物語だが、天野遠子、朝倉美羽、琴吹ななせという、心葉を取り囲む3人のヒロイン達の視点からアプローチしたオリジナルストーリーの短編3作品もDVDで発売される。いずれも本編は30分、特典映像も30分収録する。






 第1巻の「“文学少女"メモワール I 夢見る少女の前奏曲(プレリュード)」(天野遠子編)は6月25日に発売済。価格は初回限定版が6,090円、スタンダード版が5,040円となっている。






 第2巻の「“文学少女"メモワール II ソラ舞う天使の鎮魂曲(レクイエム)」(朝倉美羽編)は10月29日、3巻の「“文学少女”メモワールIII 恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)」(琴吹ななせ編)は12月24日の発売が予定されている。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 町おこしのために“書道パフォーマンス甲子園”を開催する女子高生達を描いた、実話ベースの映画「書道ガールズ!! -わたしたちの甲子園-」がBlu-ray/DVDビデオ化される。発売日は9月17日。価格はBD版が6,090円、DVD版が5,040円。発売・販売元はバップ。









 DVD版には初回生産限定で特典ディスクが付属。特典映像として「もう一つのドキュメント!? “僕たち、書道ボーイズ!!”」や「祝公開!! 初日舞台挨拶」、「映画クライマックス 完全ノーカット“書道パフォーマンス甲子園”!!」を収録。






 本編ディスクにも特典を収録しており、「メイキング 四国中央高校・書道部ドキュメント! ~わたしたちの撮影現場~」、劇場予告、テレビスポットを収録する。特典の収録時間は本編ディスク分が約30分、特典ディスク分が約40分。





 なお、BD版は本編ディスクのみだが、DVD版と同様の特典映像(合計約70分)を収録する。





--------------------------------------------------------------------------------




■ 書道ガールズ!! とは





 愛媛県四国中央市。ここは紙の生産高日本一を誇る、“紙の町”。しかし、折からの不況の影響で町は活気を失っていた。そんな最中、里子たちが所属する四国中央高校の書道部に臨時顧問として池澤が赴任してくる。池澤は里子たちに書道を教える気は全くない様子で、数々の賞を総なめにする里子の作品を見ても「つまらない字」と言い放つ。





 全く相容れない先生と部員達。そんなある日、里子達は校庭で紙に向かう池澤を見つける。池澤は音楽のリズムに合わせ、大きな筆で大きな半紙に流れるように字を書いていく。その迫真のパフォーマンスを目のあたりにした里子達は、大好きな自分たちの町に活気を取り戻させようと、“書道パフォーマンス甲子園”を商店街で開催する事を思いつくのだが……。







 作品の肝になっているのが、洋楽やJ-POPにのせて縦横10メートル以上もある紙の上で、大きな筆を操って、書の腕とパフォーマンスを競い合う「書道パフォーマンス甲子園」。縦横無尽に飛び跳ねながら書きつける書道の豪快さと同時に、ユニフォームやダンスパフォーマンスも見所となっている。







 書道部部長・里子を演じるのは成海璃子。共演は、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子ほか。書道部の顧問の池澤は、RIZEの金子ノブアキが演じている。監督は猪股隆一。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 エグゼモードは、ノスタルジックムービー撮影に対応したキーチェーン型デジタルカメラ「EXEMODE SQ30m」を6月28日より順次発売する。









キーチェーン型の「EXEMODE SQ30」



 モノグラムが運営する、カメラ/写真愛好者向けプロジェクト「カメラピープル」が企画し、カメラピープルストアにて6月28日から先行発売。7月上旬からは全国の雑貨店などで展開する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,985円前後。







 外形寸法53×19×23mm(幅×奥行き×高さ)、重量21gの小型/軽量デジタルカメラ。1/2.7型、195万画素のCMOSセンサーを搭載し、1,280×1,200ドットのスクエア写真が撮影できる。カラーモードもノーマル、モノクロ、ノイズ、ビビッドの4つのモードを用意し、ノスタルジックな雰囲気のJPEG撮影が可能となる。






 レンズは単焦点で、35mm判換算の焦点距離は39.5mm相当。320×240ドット/8fpsの「ノスタルジックムービー」撮影にも対応する。静止画と同様にノーマル、モノクロ、ノイズ、ビビッドの4つのモードを用意し、動画形式はMotion JPEG(AVI)。








 記録メディアはmicroSD(別売)で2GBまで対応。電源はリチウムイオンバッテリを内蔵し、USB経由で充電する。バッテリ寿命は静止画撮影時で約250枚。キーチェーンが付属する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 東芝は25日、外付けの地上/BS/110度CSデジタルチューナ「D-TR1」(愛称:レグザチューナー)をアップデートすると発表した。







 アップデータは6月28日より地上/BSデジタル放送波で配信。また、30日の15時よりインターネット経由でのダウンロード配信も開始する。




 最新バージョン「TBC-010299-01D-0010」での改善項目は5つ。SDXCカードとの互換性改善が行なわれるほか、SDカードに記録した動画が正しく再生できない問題が改善される。そのほか、録画した番組のレジューム再生が正常に行なわれない問題も修正される。改善内容は下記の通り。





・SDXCカードとの互換性を改善


・SDカードに記録した動画が正しく再生できない問題を改善


・一部のデータ放送が表示されない問題を改善


・見るナビが正常に起動しない問題を改善


・録画した番組の再生を途中で停止した場合に、再生再開時に番組の先頭から再生されてしまう問題を改善(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 アビリティークリエイトは、iPhoneやXperiaなどのスマートフォンとの連携を想定したBluetoothスピーカー「iFunnel」(iファンネル)を6月24日に直販サイトなどで販売する。価格は14,800円。









ACアダプタとUSB電源ケーブルが付属する





 BluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCPに対応。SCMS-Tにも対応し、ワンセグ携帯などの音声も受信・出力できる。通信範囲は約10m。さらに、ステレオミニの入力端子も備えており、Bluetooth機器以外とも接続できる。





 出力は2W×2chのステレオ。スピーカーは一体型で、ボリュームや再生/一時停止などの操作は、本体に備えたタッチ式のボタンで行なえる。






 電源はACアダプタに加え、単3電池4本(別売)も使用可能。USB給電にも対応している。外形寸法は160×48×48mm(幅×奥行き×高さ)。本体のみの重量は約180g。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ベンキュージャパンは、フルHD DLPプロジェクタの新モデル「SP890」を7月2日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は298,000円前後の見込み。








 0.65型のDMDを搭載したDLPプロジェクタ。解像度は1,920×1,080ドット。輝度は4,000ルーメン。コントラスト比は50,000:1。カラーホイールは6色。






 色彩深度を向上させるBrilliantColor技術や、赤と青の輝度を約15%向上させ、より美しい映像を創り出すというVIDI Lighting Technologyを投入。信号処理では10bitカラープロセッシングを行なっている。さらに、SiliconOptixの高画質化技術HQVも搭載。様々なソースの映像を自動で鮮明に表示できるという。






 レンズは1.5倍のマニュアルズームで、投写画面サイズは28型~500型に対応。投写距離は60型ワイドで2.18~3.27m、80型ワイドで2.91~4.36m、100型ワイドで3.64~5.45m。レンズシフトも備え、本体の設置場所を動かさずに画面の位置を上下125%、左右41%移動できる。さらに、縦横マニュアル台形補正機能も利用できる。






 入力端子はHDMI ver.1.3×1、コンポーネント、S映像、コンポジット、アナログRGB(ミニD-Sub 15ピン)を装備。アナログ音声入力(ステレオミニ)も備えており、5W×2chのステレオスピーカーも搭載する。






 制御用のRS232C端子や、RJ45端子を備えるほか、Ethernet端子も搭載。プロジェクタにCRESTRONコントロールソフトが内蔵されており、LAN経由でPCからプロジェクタを制御できる。





 消費電力は最大440W(待機時:1W)。外径寸法は428×345×156mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約7.2kg。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニーピーシーエル(ソニーPCL)は24日、3Dコンテンツの製作体制を拡充し、東京・品川区にある映像センターに、2室目となる3D対応編集室「206 iQ 3D/4K 対応編集室」を新設したと発表した。










 3D撮影機材は、新たに新設計のビームスプリッタ方式Rigを3式導入。入射光をハーフミラーで分けて撮影するタイプ。これに、従来から保有していた光学アダプタ搭載のサイドバイサイド方式(並立二眼式)カメラシステム×1式、P+S Technik製のビームスプリッター方式Rig×1式、ソニーPCL独自開発のビームスプリッタ方式Rig×5式の7システムを加え、全部で全10式の撮影システム体制となる。





 前述の新規設計Rigを含め、オリジナルRig 8式では、3D撮影時に重要な目幅・コンバージェンス調整を電動化。中継車など離れたところからリモート調整が可能となり、被写体に合わせたセッティングを効率良く行なえるという。









 さらに、21倍レンズも追加し、3D映像の表現力がアップ。幅広い撮影環境下で3D映像が捉えられるという。ほかにも、ステディカムなどに搭載可能な小型カメラを使用した小型3D Rig(S-Rig)も2式用意。ライヴコンサート、スポーツ、演劇・ミュージカル、ミュージックビデオ、水中撮影など、様々なカテゴリの撮影に対応できるという。






 編集機能も強化。従来の「208 iQ Pablo 3D/4K 対応編集室」に加えて、Quantel製のiQ 4Kを導入した、「206 iQ 3D/4K 対応編集室」を新設した。










これにより、3D/4K対応の2チェーン体制を構築している。なお、「208 iQ Pablo 3D/4K 対応編集室」には120インチのスクリーン、「206 iQ 3D/4K 対応編集室」には、ソニーの3Dテレビ「BRAVIA LX900シリーズ」を2台常設している。








 ソニーPCLではこうした設備を用いて、「3Dコンテンツの企画・制作から撮影、編集/カラーグレーディング、立体音響制作、DCP制作、BD オーサリングまで、3Dコンテンツの一貫制作体制と豊富な経験と高い技術力で、3D 映像制作を積極的にサポートしていきます。さらには、コンテンツ制作のみならず、世界最大となる867型超高精細3D LEDディスプレイのレンタル・運用に代表されるように、3Dに関する幅広いテクニカルサポートも手掛けていく」としている。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ユキムは、ELACのインウォールスピーカー新モデル「IC1010」を6月25日に発売する。価格は1台23,625円。









ネットを外したとことろ、各部の特徴



 同軸2ウェイユニットを採用したモデルで、ウーファ、ツイータのどちらもELAC製オリジナルユニットを採用。ツイータは25mm径のソフトドームで、リスニングポジションに向けた角度調節が可能。




 ウーファは165mm径で、オリジナルのカーボンファイバーを織り込んだ振動板を採用。ハイスピードかつ豊かな低音を実現するという。






 能率は88dB、2.83V/1m。インピーダンスは8Ω。再生周波数帯域は35Hz~25kHz。クロスオーバー周波数は3kHz。最大入力は70W。ツイータとウーファ、それぞれのゲインを+2dB、0dB、-2dBから調整できる。






 取り付けはドライバーでフロント側からネジを締めることで、固定用ブロックが自動的にフロントバッフルとの間で固定する機構を採用。簡単に設置ができるという。外形寸法は232×107mm(直径×高さ)、必要空間サイズは199×98mm(同)。重量は2kg。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ディスカウントストアのミスターマックス(MrMax)は、プライベート・ブランドの3波チューナ搭載32型液晶テレビ「LC-M32BD5」を49,780円で発売する。








MrMaxの44店、およびオンライン・ショップ「MrMax楽天市場店」にて販売。商品の入荷は7月で、直販サイトでは7月1日より順次出荷と案内している。予約受付は6月24日の午前10時からスタート。エコポイント(12,000ポイント)対象となる。






 32型、パネル解像度1,360×768ドットの液晶テレビ。輝度は450cd/m2。コントラスト比は3,000:1。視野角は上下左右170度。応答速度は8.5ms。





 チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各1系統、地上アナログを1系統装備。EPGとデータ放送にも対応。モジュラージャックを介した双方向通信にも対応する。スピーカーは6×12cmのユニットを採用。出力は10W×2ch(4Ω)。






 入端子は、HDMI×2、D4×1、コンポジット/S映像×1、PC用(D-Sub 15ピン)×1。出力端子は光デジタル音声×1、ヘッドフォン×1を装備する。






 消費電力は125W。年間消費電力量は84kWh/年。リモコンも付属。スタンドを含む外形寸法は800×252×629.8mm(幅×奥行×高さ)。重量は14kg。HDMIケーブルは別売。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 サンコーは、「振動スピーカー 鳴るんです」(VIBSPKKT)を6月23日より発売する。直販価格は4,280円。






 パソコンやポータブルオーディオプレーヤーなどと接続して、机など平らな面に置くことで、置いた場所から音が聴こえるアクチュエータ型のスピーカー。









本体の重量は390gあり、置いた場所の材質や厚さを問わず、高品位の音質を実現するとしている。








 音声入力はステレオミニで、電源はUSB経由で供給。USBとステレオミニの2又で長さ約150cmのケーブルが付属する。なお、USB-ACアダプタは付属しない。外形寸法は81×119mm(直径×高さ)(Impressに帰属)。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 デノンコンシューマーマーケティングは、シアタースピーカーのエントリーモデル「11SG」シリーズ4製品を6月下旬より発売する。








 薄型テレビに合わせたコンパクトなフォルムを採用し、ピアノブラック光沢仕上げを施したシアタースピーカー。ヨーロッパのサウンドデザイナーと同社が共同でサウンドチューニングを行なっている。




SC-T11SG


 同社ピュアオーディオ用スピーカーと同様に、ウーファは2層の振動板を用いた「D.D.L.(DENON Double Layer)コーン」を使用。また、ダブルウーファ搭載のSC-T11SG/SC-C11SGには「P.P.D.D.」(Push-Pull Dual Driver)方式を採用。片方のエッジを逆向きに配置しており、高調波歪みを打ち消し合い、パワフルでクリアな低音を再生するという。





 ツイータはソフトドームで、ボイスコイルなどからの熱によるドーム内の空気の膨張を防ぎ、振動板のセンタリングを保つベンチレーションホールを設けている。






 ネットワーク部は、均一な音圧や位相レスポンスが得られるよう各ユニットに配慮したクロスオーバーネットワーク設計を実現。マルチチャンネルのセッティングが容易に行なえ、多人数で視聴する場合でも各人がマルチチャンネルの臨場感を感じられるとしている。





 トールボーイの「SC-T11SG」は、バナナプラグ対応のスピーカーターミナルを採用する。サブウーファはアンプを内蔵し、最大出力は100W。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

BD-Rメディアに10倍速書き込みを実現した内蔵型ブルーレイディスクドライブ。「AVCHD」「HDV」両規格に対応し、フルハイビジョン映像を高画質のまま編集・保存ができるほか、手軽にブルーレイディスクに保存ができるパケットライトソフトを採用しています。

アイ・オー・データ 発売日:2009年10月上旬 BD/DVD/CD対応 ブルーレイディスクドライブ [BRD-SH10B] 価格比較


商品説明 BD-R 10倍速書き込みで、超スピードバックアップを実現

BRD-SH10Bは、BD-R 10倍速書き込みが行える内蔵型ブルーレイディスクドライブです。ハイビジョン映像などの大容量データも高速バックアップ!25GBのデータを、わずか11分台で書き込めます。

また、ハイビジョンビデオカメラで撮った映像で、オリジナルブルーレイ/DVDが作成できるオーサリングソフトを標準添付。バージョンも新たになり、操作画面の使い勝手も向上したため、より快適にオリジナルブルーレイの作成をお楽しみ頂けます。
商品名 I-O DATA製■内蔵Blu-rayドライブ■BRD-SH10B■新品未開封
型番 BRD-SH10B(ブラックモデル)
仕様 設置方式 内蔵

対応メディア BD-R/BD-RE/DVD-R/DVD-RW/DVD-R DL/DVD+R/DVD+RW/DVD+R DL/DVD-RAM

接続インターフェース SATA
キャッシュ 4MB
ドライブメーカー 日立LG
付属ソフト
・WinDVD
・DVD MovieWriter 7 BD Version
・Nero Express Essentials
・InCD Essentials
・QuickDrive LE for DVD/CD


販売店舗:【超パソコン専門店】グッドウィル



販売店舗:ムラウチ










テレビ市場DVDレコーダー市場デジタルカメラ市場ビデオカメラ・デッキ市場オーディオ市場キッチン家電市場生活家電市場美容・健康家電市場ノートパソコン市場デスクトップPC市場周辺機器市場プリンタ市場


【楽天市場へ戻る】

アメブロ

【別サイト案内】

【トップページへ】

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 クリエイティブメディアは、直販価格1万円で、720pの動画撮影が可能なビデオカメラ「Vado HD 2nd Gen 8GB」(VI-VHD8G-GB)を22日に発売した。内蔵メモリ容量は8GB。カラーはグロスブラック(GB)。








 2008年12月に直販19,800円で、オンライン販売限定モデルとして登場した「Vado HD Pocket Video Cam」(VI-VHD8G-BK)に新しいファームを搭載。さらにカラーをピアノブラック調のグロスブラックとしたモデル。






それに伴ない、製品名も新しく「Vado HD 2nd Gen 8GB」になっている。2010年5月下旬から直販サイトでプレ販売を行なっていたが、今回それが正式ラインナップとなった。なお、従来のVI-VHD8G-BKユーザー向けには、「2nd Gen」と同等の機能にアップデートできる新ファームも公開されている。





 8GBのフラッシュメモリを内蔵し、HDMI出力端子を備えたポケットサイズのビデオカメラ。外形寸法は約100×55×23mm(縦×横×厚み)、バッテリを含む重量は約100gと小型軽量で携帯性に優れている。





 MPEG-4 AVC/H.264で1,280×720ドット/30fpsのHD録画が可能。ファイルフォーマットはAVI。8Mbpsのビットレートで約2時間、 4Mbpsで約4時間の撮影ができる。また、640×480ドット/30fpsのSD録画も可能で、2Mbpsで約8時間録画できる。





 イメージセンサーはCMOSで、解像度は1,280×720ドット。レンズは単焦点で、最短焦点距離は95cm。デジタルズームを備える。HDMI出力を備え、1080i出力が可能。別売ケーブルを使ってコンポジット出力も行なえる。USB端子は本体に収納可能なタイプを装備している。付属品はHDMIケーブル、USB延長ケーブル、シリコンスキン。





 付属ソフトの「Vado Central 2」を使ってカット編集が可能。YouTubeなどの動画投稿サイトにもソフトから手軽にアップロードできる。撮影動画を連続写真に変換する事も可能。ソフトの対応OSはWindows XP/Vista/7。Mac用の「Vado Central」も無料ダウンロードできる。対応はMac OS X 10.4以降。





 電源は内蔵のリチウムイオンバッテリで、USB経由で充電可能。通常モード約7時間、高速モード約4.5時間で充電できる。連続動作は約2時間可能。別売で予備バッテリ「VI-VHDAB」が直販サイトにて1,490円で購入できる。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 エレコムは、2.1chスピーカー内蔵のシアターラック「PDR-SP1050BK」を7月上旬より発売する。価格は41,790円。








2.1chスピーカーを内蔵。リモコンも付属する


 37型以下のテレビ向けAVラックに、フロントスピーカーとサブウーファ、2.1chアンプを内蔵した製品。アンプの最大出力はフロントが13W×2ch、サブウーファが16W。音声入力はアナログで、RCAとステレオミニを各1系統備える。





 スピーカーユニットはフロントが2.5インチ径フルレンジで、サブウーファが5インチ径。再生周波数帯域は40Hz~20kHz。電源ON/OFFやボリューム、左右バランス調整などが行なえるリモコンも付属する。





 ラック部分は、下段のメイン収納部に、AV機器を収納できる2つのスペースと、DVDトールケースを立てて収納できるメディア収納スペースを用意。上段には、AV機器やリモコンなどの小物を収納できるオープンスペースを備える。





材質は天板/底板がMDF、棚板がパーティクルボード+MDF。側面がパーティクルボード。前面に強化ガラスの扉も備えている。





 背面にはケーブルホールを設けており、壁との隙間を開けずに設置可能。また、底面には、見た目に目立たないという隠しキャスターを装備。床面との隙間が少なく、ホコリが入りにくいという。前部のキャスターを床から浮かせて本体を安定させるストッパーも装備する。





 総耐荷重は80kgで、天板は50kgまで、棚板は15kgまで対応。外形寸法は1,050×400×395mm(幅×奥行き×高さ)、重量は32kg。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 福山雅治主演で、2010年1月3日から放送されているNHK大河ドラマ第49作「龍馬伝」が、9月22日から順次Blu-ray-BOX、DVD-BOXで発売される。








大河ドラマ史上初のBD販売となるほか、放送が終盤に差し掛かる第3シーズン放送中のソフト発売開始は、大河ドラマ史上最速のタイミングになるという。発売元はNHKエンタープライズ、販売元はアミューズソフト。








 9月22日に発売されるBOX第1弾には、第1話~第13話を収録。BD/DVD各4枚組で、価格はBD-BOXが27,720円、DVD-BOXが25,200円。その後もBOX 2が11月、BOX 3が2011年1月、BOX 4が2011年3月と順次リリース予定。従来の大河ドラマは2BOXでDVD化されてきたが、4BOXに分けてのリリースも史上初となる。






 BD/DVDともに、特典映像として「プロフェッショナル 仕事の流儀」よりメイキング映像、番組宣伝映像などを収録予定。さらに、BOX 1には初回生産限定特典として、全4BOXが収まる「龍馬伝 特製収納箱」が付属予定。初回生産版購入特典として、外付け特典も予定されている。






 「幕末史の奇跡」と呼ばれた風雲児・坂本龍馬33年の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点で描く大河ドラマ。本編はハイビジョン/プログレッシブカメラで撮影されている。






 龍馬が歩けば、時代が動く。黒船目撃、脱藩、海軍操練所建設、薩長同盟…。いつも自分の一歩先を進む龍馬への憧れ、妬みは弥太郎を苛む。長崎で再会した二人は衝突を繰り返す中で急接近。「世界の海援隊を作る」龍馬の志は龍馬暗殺の後、弥太郎に引き継がれていく。







 そして、龍馬を巡る四人のヒロイン…幼なじみの加尾、江戸の鬼小町・佐那、妻・お龍、そして長崎の芸妓・お元など激動の時代を凛々しく生き抜いた女性達、そして新撰組や西郷隆盛、桂小五郎、高杉晋作、英国商人・グラバーなど幕末のオールスター達も登場。名も無き若者が世界を動かす「龍」へと成長していく姿を、壮大なスケールで描いていく。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 2002年に放送されたテレビアニメ「灰羽連盟」(はいばねれんめい)が、7月22日にBlu-ray BOX化される。価格は23,100円。期間限定生産となっている。本編ディスクは3枚組で、全13話を収録する。発売元は安倍吉俊・光輪密造工房。販売元はジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント。








 SD映像のマスターをアップコンバートしてのBD化となるが、「従来のアップコンバートよりもアニメに最適化された最新システムでのBD化になる」(ジェネオン・ユニバーサル)という。また、「現存するマスターは最良のものを使用しておりますが、製作話数によっては製作方法の違いにより、映像クオリティのばらつきがございます。ご了承の上お買い求めいただければ幸いです」(同)としている。






 本編ディスクに加え、映像特典ディスクも付属。ノンクレジットオープニング/エンディングや、PV/CM、予告集、「旬のヒカリえもん ~灰羽小道具の世界~」、カラー静止画設定資料(人物、小物、美術ボード)、ABworks/対談(安倍吉俊 VS uedayasuyuki)を収録する。収録時間は74分。なお、特典のCMや予告編など、テレビ向け素材はレターボックス収録されたマスターであるため、フルサイズのアップコンバートではないという。






 さらに、特典CDも2枚同梱。サウンドトラックの「ハネノネ」、アウト オブ トラックス「プチノネ」が付属。さらに、24ページのカラー解説書も付属。ケースは安倍吉俊描き下ろしによる豪華装丁のアウターケースになる。




--------------------------------------------------------------------------------




■ 灰羽連盟とは




 空から落ちる夢を見ていた少女は、大きな繭の中で目を覚ました。そこは古びた建物の一室で、少女は記憶を失っていた。彼女を迎えたのは、頭に光輪を持ち、背中に羽が生えていながら、空を飛べない少女達。彼女達はその羽の色から灰羽と呼ばれていた。






 不思議な世界の中、落ちる夢を見たことから「ラッカ」と名付けられた少女は、仲間達と静かな生活を送っていくのだが……。






 イラストレーター、安倍吉俊の同人誌を原作としたテレビアニメシリーズ。難解な設定や奥深い心理描写が特徴。安倍氏のタッチを意識し、アニメながら日本画のような淡い色彩を採用。音楽も含めた完成度の高さが話題となり、放送終了後もファンが増加。現在に至るまで、多くのアニメファンに支持される人気作となっている。監督はところともかず。声の出演は広橋涼、野田順子、宮島依里ほか。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 オヤイデ電気は、アナログレコードプレーヤー用のスタビライザー「STB-MS」と「STB-HW」を6月30日に発売する。価格は「STB-MS」が18,900円、「STB-HW」が21,000円。







 また、ケーブル用のスタビライザーや、AV機器のインシュレータなどに使えるカーボンパイプ「STB-CM」を6月30日に発売する。価格は4個セットの「STB-CM-4」が5,460円で、6個セットの「STB-CM-6」が7,560円。





■ レコード用スタビライザー「STB-MS/HW」





 両製品とも、アルミニウム、真鍮、テキサリウムの組み合わせで振動を最適化し、音溝のトレース向上を図るレコードスタビライザー。6月20日発売のアルミ製ターンテーブルシート「MJ-12」との組み合わせで音質向上が見込めるという。






 着脱可能な10個のパーツで構成し、ウエイトの装着個数で重さを調整可能。また、前述のカーボンパイプ「STB-CM」をSTB-MSの交換用ウエイトとして使用できる。本体の上下を反転させることでEP用としても使える。さらに、LINNの「LP-12」などフロートサスペンションを採用するプレーヤーにも適合する(STB-MSでウエイト未装着またはSTB-CM6個換装時)としている。





 構成パーツは、A5052アルミ合金をマシニング切削し、アルマイト仕上げを施したトップ/ボトムディスクと、レコード盤コンタクト面に貼付するテキサリウムFRP、高純度真鍮クロムメッキのウエイト6個/連結軸1個、テキサリウムシートのウエイトスペーサー1枚。






 STB-MSのウエイトは1個40g、STB-HWのものは1個90g。ウエイト無しでの重量はSTB-MSが200g、STB-HWが240g。ウエイトフル装着時は、STB-MSが440g、STB-HWが790gとなる。外形寸法はSTB-MSが70×35mm(直径×高さ)、STB-HWが70×55mm(同)。







■ マルチユースカーボンパイプ「STB-CM」



 カーボンCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を3mm厚のパイプ状に成型したもので、オーディオケーブルやプラグなどを中に通してケーブルスタビライザーとして利用したり、オーディオ機器やスピーカーの下に置いてインシュレータとして使うことが可能。カーボンの高剛性を活かし、不要振動の処理などが図れるという。






 また、レコード用スタビライザー「STB-MS」の交換用ウエイトとしても利用可能。そのほか、基板支持体やコンデンサーなどのパーツホルダー、ボリュームノブといった、自作パーツの構造部材としての利用も想定している。






 カーボンファイバーを多層積層し、エポキシ樹脂で熱硬化。外径は20mm、内径は14mm、高さは17mm。耐荷重は1個あたり500kg。耐熱性は120度。重量は1個4g。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 東芝は21日、初の液晶一体型デスクトップPCなど、dynabookシリーズの夏モデル4機種7製品を発表。6月25日より順次発売する。









 発表されたモデルの中で、地上デジタルチューナを備えているのは液晶一体型の「dynabook Qosmio DX」のみ。そのほかの機種では、2画面タッチパネルを採用した「libretto W100」や、Android OS搭載の「dynabook AZ」、13.3型液晶/光学ドライブ搭載で重量約1.25kgの「dynabook RX3」もラインナップする。







 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「dynabook Qosmio DX」が20万円前後、「libretto W100」が12万円台半ば、「dynabook AZ」が4万円台半ば、「dynabook RX3」の最上位「RX3/T9M」が24万円前後。






■ dynabook Qosmio DX(DX/98M)



 dynabook初のディスプレイ一体型デスクトップPCで、21.5型/1,920×1,080ドット液晶と、地デジチューナ、Blu-ray Disc/DVDドライブを搭載。





 CELL技術を応用した映像専用エンジン「SpursEngine」を搭載し、コンシューマPCで世界最速というBlu-ray Discダビング(映像コーデック/ビットレートの変換を行なった場合)を実現。また、地デジの8倍長時間録画(約2Mbps)も行なえる。超解像技術も搭載し、SD解像度からHD解像度へのアップコンバートが可能。さらに、新機能として、保存した静止画から特定の人物を認識してスライドショーを作成できる「おまかせフォトムービー」を採用した。





 HDMI入力やD4入力を備え、BDレコーダやゲーム機などとも接続可能。スピーカーはオンキヨー製。ドルビーアドバンストオーディオ、MaxxAudioも搭載する。同軸デジタル音声出力も備える。





 CPUはIntel Core i5-450M(2.40GHz)、メモリは4GB、HDDは1TB。OSはWindows 7 Home Premiumで、32bit版/64bit版から選択可能。






 ノートPCで培った省電力制御技術により、グリーンの省エネ性マークも獲得している。外形寸法は約531×190×405mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8.5kg。リモコンやワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスなどが付属する。






■ 2画面ミニノートの「libretto」、Android搭載“クラウドブック”など



 libretto W100(W100/11M)は、7型/1,024×600ドットのタッチパネル液晶を上下に2画面搭載。Windows搭載ノートPCで世界初という2画面タッチパネルの採用と、独自の表示制御技術により、1画面をソフトウェアキーボードとして使えるほか、縦画面にして電子書籍を閲覧することも可能。2つの画面を1つの大きな画面にワンタッチで切り替えることもできる。






 電子書籍ビューワソフト「Flip Viewer」を標準で搭載。IEプラグインの「Flip Viewer Xpress」を利用することで縦画面表示も行なえ、指先で本のページをめくる操作が可能になる。加速度センサーを備え、縦/横画面の自動切り替えが可能。





 CPUは超低電圧版のIntel Pentium U5400(1.20GHz)、メモリは2GB、62GBのSSDを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium。






 8層2段構造の基板高密度化を行なっているほか、0.85mm厚の薄型基板や小型部品の採用、メモリの両面実装などにより、約699gの軽さ(標準バッテリ装着時)を実現した。筐体はクラムシェル型で、机やひざの上で使うときに見やすい角度に調節できるとしている。microSD/SDHCカードスロットを搭載。Bluetooth 2.1 + EDRも搭載する。モノラルスピーカーとマイクも搭載。






 標準バッテリパック「41Z」使用時の駆動時間は約2時間。41Zとともに同梱する大容量バッテリ使用時は約4時間となる。「41Z」装着時の外形寸法は約202×123×25.4mm(幅×奥行き×高さ)。






 OSにAndroid 2.1を搭載する“クラウドブック”のdynabook AZ(AZ/05M)は、10.1型/1,024×600ドット液晶とハードウェアキーボードを搭載し、「スマートフォンのような機動性とPCの操作性を両立した」というモデル。重量は約870g。






 CPUは、高いグラフィック処理性能を持つ「NVIDIA Tegra 250」(1.0GHz)を採用。HDMI出力端子も備える。また、ステレオスピーカーや、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用端子も装備。バッテリの駆動時間は動画再生時で約7時間(スタンバイ時約180時間)。外形寸法は約262×189.8×12.0~21.0mm(幅×奥行き×高さ)。







 13.3型液晶搭載のモバイルノート「dynabook RX3」は、128GB SSD搭載で重さ約1.25kgの最上位モデル「RX3/T9M」など4製品を用意。いずれも筐体にはマグネシウム合金を採用する。「RX3/T9M」はCPUがIntel Core i5 520M(2.40GHz)、メモリ4GBで、バッテリ駆動時間は最長16時間(大容量バッテリ「91AA」使用時)を実現している。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 恵安は、ミニプロジェクタ「KMP-LE01」を6月24日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19,800円前後。



LEDミニプロジェクター恵安(KEIAN) KMP-LE01

LEDミニプロジェクター恵安(KEIAN) KMP-LE01

価格:13,480円(税込、送料別)





 パソコンやビデオカメラなどの映像を投写できる小型サイズのプロジェクタ。デバイスはLCOSで、解像度は640×480ドット。光源はLEDで、輝度は11ルーメン。投写サイズは8~50型。






 付属ケーブルを介して、パソコンとアナログRGB(D-Sub 15ピン)接続できるほか、RCAケーブルでコンポジット映像/アナログ音声(モノラル)接続も可能。また、別途変換ケーブルを用意することでiPodなどとも接続できる。本体に0.5Wのモノラルスピーカーを内蔵する。






 電源はACアダプタを使用。底面に三脚穴を備え、三脚も付属している。外形寸法は60×122×26mm(幅×奥行き×高さ)、重量は105g。キャリングバッグも同梱する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 タイムロードは、独ULTRASONEのヘッドフォン「PROシリーズ」の最上位である「PRO2900」(69,300円)に、バランス接続タイプの「PRO2900-Balanced」を追加。6月21日に発売する。価格は93,450円。





 また、タイムロードではULTRASONEのハイエンドヘッドフォン「edition」シリーズの新モデル「edition 10」のワールドプレミア発表会を8月1日に東京・青山で開催すると発表している。







「edition 10」は「edition」シリーズ初の開放型になるとのことで、発表会にはULTRASONEのCEO/COOも来日。同シリーズのユーザーが最も多い日本で初公開するという。





 なお、発表会はマスコミと一部の招待客向けとなっている。東京・中野の販売店フジヤエービックのブログでは、参加申し込み方法を説明している。





--------------------------------------------------------------------------------




■ PRO2900-Balanced




 通常の「PRO2900」はアンバランス接続だが、さらなる高音質再生を目指してバランス接続としたタイプ。ドライブする際は、バランス接続のヘッドフォンアンプなどが必要になる。






 「PRO2900」は、同じくPROシリーズの最上位として販売されている密閉型「PRO 900」(69,300円)と同じ、40mm径のチタンドライバを採用した、開放型モデル。高い解像度と開放型ならではの抜けの良い空間感が特徴。頭内定位を解消するS-Logic Plus や、電磁波の影響を抑えるULEなど、独自技術も投入している。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 マイクロソフトは、24日に発売予定のゲーム機Xbox 360の新型「Xbox 360 250GB」にあわせて、対応アクセサリ4種類を発売する。









また、24日付けで従来モデルの「Xbox 360エリート」を5,000円値下げし24,800円に、「Xbox 360アーケード」は従来の19,800円からオープンプライス化する。





 新型のXbox 360 250GBは、静穏化や小型化を図った新型筐体を採用し、ボディカラーは光沢仕上げのブラック。サイズもよりコンパクトかつ軽量になっている。






 機能面では従来モデルの基本機能を踏襲しつつ、新たに無線LANがIEEE 802.11nに対応。内蔵HDDも250GBに増加した。出力端子はHDMI、USB、光デジタル音声出力などを装備。また、新しいコントローラー「Kinect」(キネクト)を接続するための専用接続端子も装備している。






 アクセサリは、「Xbox 360データ転送ケーブル」、「Xbox 360 ワイヤレス コントローラー (リキッド ブラック)」、「Xbox 360 プレイ & チャージキット (リキッド ブラック)」、「Xbox 360 チャットパッド キット(リキッド ブラック)」の4製品を用意する。






 データ転送ケーブルは、初期型Xbox 360のHDDに保存したゲームのセーブデータやプロフィール、HD映像などのコンテンツを他のXbox 360に移動するためのケーブル。なお新型同士のデータ転送はできない。





 Xbox 360ワイヤレス コントローラー (リキッド ブラック) プレイ & チャージパックは、2.4GHz帯を使った無線コントローラと、35時間プレイ可能な専用リチャージャブルバッテリを組み合わせたもの。同バッテリパックの単体発売版がXbox 360 プレイ & チャージキットとなる。






 Xbox 360 チャットパッドキット(リキッド ブラック)は、Windows Live メッセンジャーやXbox LIVEを通じて利用できるFacebookやTwitterなどでのチャットや文字入力に利用可能。ボイスチャット用のヘッドセットも付属。ローマ字入力による日本語入力にも対応する。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

オーディオテクニカは、デジタル放送対応の簡単テレビリモコン2モデルを7月16日に発売する。価格は、卓上向けの大型モデル「ATV-577D」が2,940円、握りやすさを考慮したグリップ付きの「ATV-571D」が2,520円。








 本体カラーは、ATV-577Dはブラック(BK)とホワイト(WH)の2色を、ATV-571Dはブラック(BK)/シルバー(SV)/ホワイト(WH)の3色を用意する。






 いずれも、機能を絞ることで1つ1つのボタンを見やすくし、簡単に操作できるようにしたシンプルリモコン。搭載するボタンは両機種共通で、地上/BS/110度CSデジタルと地上アナログのダイレクト放送切り替えボタンも備えている。





 「ATV-577D」は、机の上に置いて操作する卓上スタイルを意識し、文字が見やすい大型ボタンを採用。背面には滑り止めのゴム足も備えている。一方、「ATV-571D」は側面にラバー素材のグリップを設けることで握りやすくしたことが特徴となっている。






 リモコンの上に物を置かれた場合など、ボタンが押され続けた場合でも電池消耗を防ぐ「ボタン押しっぱなしガード」を搭載。また、キータッチ音のON/OFF切り替えも可能。






 電源は単3電池2本。送信距離は約7mだが、これを約4mに抑えて電池寿命が通常(約1年)の2倍(約2年)になる省エネモードも用意する。そのほか、電池交換時に設定を保持するバックアップ機能も備える。





 外形寸法と重量(電池を除く)は、ATV-577Dが173×80×32mm(縦×横×厚さ)、約125gで、ATV-571Dが145×64×30mm(同)、約85g。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 劇場用アニメ「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」が9月30日にBlu-ray/DVDビデオ化されるる。BD版のみ初回限定版と通常版を用意し、DVDは通常版のみ。









価格はBD初回版が9,240円、通常版が7,140円、DVD通常版が5,985円。発売元はFate-UBW Project、販売元はジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント。






 ディスクには約105分の本編と特典映像を収録。特典映像はプロモーション映像集で、劇場版予告編、イベント上映用特報、テレビスポットを収録する。







 BD初回限定版には、特典としてキャラクター原案の武内崇による描き下ろしジャケットと、キャラクターデザイン&総作画監督の石原恵と、イラストレーター山中虎鉄による描き下ろしエクストラジャケットが付属。3バージョンのジャケットが楽しめる、特製パッケージ仕様になるという。






 さらに、劇場上映生フィルムカット、100ページを超える特製劇場版原画集、劇場版カラーイラスト原画も同梱する予定。




--------------------------------------------------------------------------------





 「Fate/stay night」は、2006年1月から放送されたテレビアニメ。同人ゲーム「月姫」を製作し、話題となったサークル「TYPE MOON」(有限会社ノーツ)が、商業デビュー作品として2004年に発売した同名美少女ゲームが原作。 手にした者の願いを叶えるという「聖杯」をめぐり、古代の英雄達が現代に集結する壮大なドラマと、剣や魔法を駆使した迫力あるバトルシーンが見所。





 テレビ版のストーリーは衛宮士郎とセイバーを軸にしていたが、劇場版ではヒロインの1人である遠坂凛をメインにした物語が展開する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ホームエンタテインメント(SPE)は、発売中のDVD「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」コレクターズ・エディションを、6月22日から、JR東日本の駅にあるコンビニエンスストア「NEWDAYS」や、駅の売店「KIOSK」でも販売を開始する。











販売価格は2,580円。取り扱うのは首都圏の337店舗。







 「THIS IS IT」のBD/DVDは1月27日に発売され、レコードショップや家電量販店などの通常の販売店に加え、郵便局など、新たな販売チャンネルも開拓している。また、ファンからの要望を受け、6月19日から新宿ピカデリーなど、全国の劇場でアンコール上映も実施されている。






 今回の試みも販売チャンネル開拓のひとつで、駅のコンビニや売店で販売することで、「通勤・通学で駅を利用するお客様、またアンコール上映中の本作を大画面で見た後、帰宅途中に購入できる場所を提供する」(SPE)という。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。