デジモノ、生活家電の安値を価格比較すると共に、製品機能を分析掲載しています。最新版、家電のニュースリリースも配信しています。発売日、発売価格情報も満載です。口コミ・ランキングは、各ジャンルの特集ページをチェック!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 マランツ コンシューマー マーケティングは、「ピュアベーシックシリーズ」の新製品として、ステレオプリメインアンプ「PM5004」と、CDプレーヤー「CD5004」を7月中旬より発売する。価格はいずれも35,000円。








 両機種とも、上位モデル「プレミアムシリーズ」の思想を継承した「M1」デザインを採用。また、パーツのグレードアップなど徹底したチューニングにより、音質を向上させたとしている。本体カラーはブラックとシルバーゴールドの2色を用意する。






■ PM5004




 定格出力40W×2ch(8Ω)、最大出力55W×2ch(4Ω)のプリメインアンプ。プリアンプとパワーアンプは、従来モデル同様に高速な電流帰還型増幅回路を採用。プレーヤーなどからの信号を忠実に増幅し、自然な音場空間を再現するという。





 プリアンプ、パワーアンプとトーンコントロールは独立構成。SN比やチャンネルセパレーション向上を図るため、インプットバッファ回路を搭載した。MMカートリッジ対応のフォノイコライザも備えており、レコードプレーヤーの接続も可能。SN比はフォノ接続時83dB、ライン入力時103dB。






 トーン回路をバイパスするソースダイレクト機能も装備。そのほか、小音量時に不足する低域/高域を補正する「ラウドネス機能」も備える。入力端子は、アナログ音声×5(RCA、レコーダ入力×2含む)とフォノ×1。アナログ音声出力(レコーダ出力)×2やヘッドフォン出力を備えている。リモートコントロール端子(RC-5)も装備。スピーカーターミナルは2系統備えており、バイワイヤ接続に対応する。







 消費電力は110W。外形寸法は440×370×105mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.7kg。PM5004のほかに同社CDプレーヤーなどの操作も可能なリモコン「RC003PM」が付属する。







■ CD5004




 アナログ回路に、フラッグシップモデル「SA-7S1」にも採用される「HDAM-SA2」を高速バッファアンプとして搭載したCDプレーヤー。左右対称に配置したオーディオ回路から、よりクリアなサウンドが得られ、チャンネルセパレーションにも優れるという。







 筐体の内部には左側に電源回路とコントロール系、右側にデジタル/アナログオーディオ回路を配置。伝送ロスを避けるため、シンプルかつできるだけ線路長が短くなるよう回路設計を行なったという。






 CDドライブはセンターローディング式。高精度な読み取りを実現するオーディオ専用メカモジュールを搭載する。トレイ前面には、伝統のデザイン・アイデンティティであるスターマークを配している。






 音楽CDに加え、MP3/WMAを記録したCD-R/RWディスクの再生にも対応。MP3は32~320kbps、WMAは64~160kbpsのファイルに対応する。±12d段階で調節可能なピッチコントロール機能も備える。再生周波数帯域は2Hz~20kHz、ダイナミックレンジは100dB、SN比は110dB。







 オーディオDACはシーラスロジックのCS4392を搭載、ヘッドフォン回路は従来の構成を継承しつつ、ハイスピード/ローノイズなオペアンプの出力に高速電流バッファを付加。高級ヘッドフォンの実力を引き出せるとしている。






 より純粋な音楽再生のために2種類の「Audio EXモード」も装備。ピッチコントロールやデジタル出力、ディスプレイを停止させることでノイズを減少させ、見通しの良い空間表現を可能とする。






 出力端子はアナログ音声(RCA)と、光デジタル、同軸デジタルとヘッドフォン(標準ジャック)を各1系統装備。アナログ出力端子には金メッキ処理を施している。マランツ製品連携用のリモートコントロール端子(RC-5)も備えている。






 消費電力は14W(待機時0.4W)。停止状態が30分間続くと自動でスタンバイ状態になる機能も装備(出荷時はOFF)。外形寸法は440×339.5×104.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.1kg。同社アンプの操作も可能なリモコン「RC002CD」が付属する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

スポンサーサイト
 マスプロ電工は、地上/BS/110度CSデジタルチューナ「DT70」を7月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は14,000円~15,000円程度の見込み。










 地上/BS/110度CSデジタルに対応した単体チューナ。出力はD4×1、コンポジット×1、アナログ音声(RCA)×1を備えている。字幕放送に対応し、24時間分の表示のみ可能な簡易EPGが利用できるが、データ放送や双方向サービスには非対応。





 電源を内蔵しながら、同社のハイスペックモデルである「DT35」と比べ、約30%の小型化を実現。消費電力は6.6W、待機時は0.5W以下で、DT35と比べて約44%の低消費電力化も実現している。





 表示機能として、4:3のテレビに地上デジタル放送を表示した際に、映像の周りが黒く縁取られた状態をなくし、フル画面表示を行なうズーム(画面拡大)機能が使用可能。





 付属のリモコンは、18のテレビーメーカーの製品も操作可能。テレビ操作部とチューナ操作部でボタンを色分けし、見やすいデザインになっている。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 プラネックスコミュニケーションズは、ワイヤレスHDMIキット「HDMI-WKIT」を7月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は73,500円前後。




【送料無料】ワイヤレスHDMIキット(HDMI-WKIT)

【送料無料】ワイヤレスHDMIキット(HDMI-WKIT)

価格:60,776円(税込、送料込)





 HDMI端子を備えた受信機と送信機で構成するワイヤレスキット。Blu-ray Discレコーダやゲーム機などHDMIを備えた機器のフルHD映像と音声をワイヤレスで伝送し、テレビなどに出力できる。60GHz帯の無線技術を使用し、通信距離は最大10m。通信速度は最大4Gbps。DTCPの著作権保護もサポートする。







 HDMIのバージョンは1.3。映像は1080pまで対応する。音声の対応フォーマットはリニアPCM/ドルビーデジタル/DTSで、サンプリング周波数はリニアPCMが最大192kHz(2ch時。8chでは96kHzまで)、ドルビーデジタル/DTSは48kHzまでサポートする。






 受信機/送信機の外形寸法と重量は共通で、42.5×190×95mm(幅×奥行き×高さ)、約335g。電源はACアダプタを使用し、消費電力は最大13.32W。HDMIケーブル2本や、赤外線リモコンが付属する。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 ソニースタイル・ジャパンは、直販サイトのソニースタイルにおいて、ウォークマンSシリーズ向けに、「トイ・ストーリー3」のキャラクター刻印サービスを6月25日より開始した。










ウォークマンS購入時に無料でサービスを受けられる。なお、同様のサービスとして、ミッキー&ミニーマウスのデザイン刻印が3月より開始されており、今回は第2弾となる。






 また、今回の刻印サービスとの組み合わせを想定したクリアケース「CC-DW-TS3」も同日より数量限定で発売する。価格は1,680円。クリアケース単体でも購入できる。








 刻印サービスの対象となるのは、ウォークマンSのNW-S740/S740K/S640/S640K(8~32GB、11,800円~16,800円)。デザインは、トイ・ストーリー3のキャラクターから「ウッディ&バズ・ライトイヤー」、「ロッツォ・ハグベア」、「エイリアン」の3種類から選択。Sシリーズ購入時に「ディズニーキャラクター デザイン刻印」を選ぶことでサービスが受けられる。







 また、直営店のソニーストア銀座・名古屋・大阪では同日より、Sシリーズ購入時にその場で刻印、受け取りが可能となる。ソニーストアに在庫がない場合は、店頭でソニースタイルのサイトから注文でき、後日配送される。







 同日より発売されるクリアケースは、ウォークマンS(上記対象機種と同じ)に装着できるもので、背面に、おもちゃ箱からトイ・ストーリーのキャラクターが飛び出したようなデザインを採用。刻印サービスと組み合わせると、本体の刻印とケースの絵柄が一体となるようにデザインされている。(Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

 AHSは、独MAGIX開発のWindows用ビデオ編集ソフト「Movie Pro」を8月6日より発売する。









価格は15,540円で、乗り換え版は10,290円、アカデミック版が9,800円。ダウンロード版は11,800円。対応OSはWindows XP/Vista/7で、Windows 7の64bit版にも対応する。







 マルチコアCPUに最適化したエンジンを搭載し、AVCHDのネイティブ編集にも対応。編集モードはシーンオーバー/ストーリーボード/タイムラインの3種類を選択可能となっている。







 ビデオモニターやメディアプール、トラックパネルなどを自由に配置可能な「フレキシブルインターフェイス」を採用。マルチディスプレイ利用時に、1つにビデオ映像を、もう1つのディスプレイにトラックパネルを表示するなどの柔軟な表示が行なえる。






 編集用トラックは最大99までの映像、音声、タイトルなどを利用可能。357種類のエフェクトや、330種類のトランジションなども備えている。出発地と到着との地名を入力して検索し、ルートアニメーションを作成できる「トラベルアニメーション」機能も搭載している。





 2つのファイルを同じ時間軸で再生し、表示を切り替えながら1本の映像を作成できる「2カメラ編集」機能も搭載。同じ曲を歌っている2人の人物などの映像編集をワンクリックで切替ながら行なえるという。クロマキー機能やクロマキー用アルファチャンネル作成機能も搭載。素材とスタイルを指定するだけで自動的にショートムービーを作成する「ムービーショーメーカー」も備えている。






 手振れ補正機能も搭載、ドルビーデジタル5.1ch音声にも対応する。Blu-ray DiscやDVDビデオのオーサリング/ライティング機能も搭載。iPhone/iPad/iPod用MPEG-4作成機能やYouTubeアップロード機能も備えている。 (Impressに帰属)

 詳しくはこちら>> 売れ筋ランキングはこちら>> 製品情報及び価格の詳細について>>

口コミ・レビュー情報が満載の口コミサイトです!みんなの口コミ検索【商品名で検索】>>

家電の大型専門店 デジモノレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。